想定外の質問

テーマ:

宇部市かわむら歯科、院長の河村和典です。

 

この前のセンザキッチンには、案内所があり、コンシェルジュの女性が座っていました。

早朝なので、ほとんどお客さんがいないので、暇を持て余している雰囲気です。

 

私は山登りの時は、無事に下山出来ないこともあるかもしれないので、携帯電話を携帯しています。

しかし、この日は家に忘れてしまいました。

 

そこで、コンシェルジュの方に質問しました。

「公衆電話はどこにありますか?」

 

これが想定外の質問だったようです。

返事は

「・・・・・、分かりません‼︎」

 

公衆電話が少なくなっている現在、公衆電話設置の場所は、知る人ぞ知る場所になっています。

案内所の方が知りません。

 

つまり、公衆電話という単語が死語になっているのではと感じました。

 

新しい施設ほど、公衆電話はありません。

以前はコンビニに併設されていましたが、ほとんど見なくなってきました。

鉄道の駅に併設されているのもなくなってきています。

 

公衆電話は、あと何年間くらい残るのでしょうか。

 

外出する時に携帯電話を忘れると、世の中から隔離された世界になってしまいます。