フラ ☆ フットムーブメント

テーマ:

アロハ☆ 気分はいかが?

 

 

フラを習い始めた頃は フラやハワイの事は 何もわかっていませんでした   徐々に わかって来て 私自身の生活も少しずつ変化してきました

 

 

 

そのひとつに、

私は頭痛持ちなのに、いつからか、

そろそろ、雨にならないかなぁ と 思うようになっていました

 

 

 

今週、大原先生のお稽古に向かう時に急な雨

 

わー お稽古の前に濡れてラッキー !

 

 

大原先生にどれだけ雨の曲を教えていただいただろうと思いながらの稽古場への道

私は800曲を超えて大原先生に習ってきましたが

その中で、ハワイの人の振り付けにはハンドモーションだけでなくフットムーブメントにも意味があることを学んできました

 

 

それで今日は 雨の話です 

 

{9E706E3B-B5AF-4AC3-97FA-29C0420AF9A0}

Tuahine  マノアで出会える雨の名前


 

思考が停止しそうになったり、いい事ばかりでない時に 雨が降って 空気が変わり、そして上がったときの ひんやりした一瞬が 私をリセットしてくれるようになりました   雨が私から必要でないものを流してくれるような気がするようになってきたのです

 

 

フラソングで、降る雨が芝生を濡らし、 のちにキラキラと、と静かで美しいシーンを踊る事があります

その場面は、フラダンサーにとっては、聖地、マノアの情景で、そこで見られる美しい雨を Tuahineというんです  画像の山の上の方に 白くみえるのがトゥアヒネ です

 

 

マノアの芝生を濡らす雨なら、ハンドモーションは決まっています  上から下に指をパラパラと… 雨のモーションです  

フットムーブメントは広く続く芝生に降るのなら、カホロホロ(ダブルカホロ)でしょう 広さと距離を振り付けに加味できるからです

 

レレウェへだと、カウアイ島のハナレイなどに打ちつけるような強い雨

カホロは さーっと降る雨、小雨

カオウだと 霧や霧雨

 

 

雨については、あまりにもポピュラーすぎますね

フラを習っている人は先生から教わっている通りです

 

 

フラは 手振りで表す踊り、と日本では広まっていますが、実は 表現の真意は フットムーブメントと呼ばれる 足のステップも大きく関係している、 という事を知って踊ると尚、ハワイを語れると信じます

 

 

雨の日のお稽古では、大原先生がご自身にあったある出来事を通してお話しくださいました

習い事の年数が長い人に限って自分が一番知っているという人がいるが決してそうではない、それくらいの包容力で周囲を見たときに新しく自分が学ぶべきことがまた見えてくるものだ、とお話しくださいました

時代と環境の変化に対応しなさい、というお話でした

ますます進まなくてはです☆

 

 

 

フラっていいなー♡

 

 

 

ハワイのエッセンスを🌺

--------------------------------

藤下まさこ

ウアキニマカレフア 

コメント(6)