中型インコモデル大募集★(拡散希望!!) | まりも日和

まりも日和

動物ライターであり、心理学講師でもある、
すずき莉萌の日々の戯言。
子育てやどうぶつ、シゴトのことetc・・・。
さまざまな四方山話、お付き合い頂ければ幸いです☆


テーマ:

今、大型インコ・オウムの本に追われています。

 

写真が多くてとても立派な良い本になりそうです。

 

春には出版できるといいな~、と。

 
 
ご興味のある方は、楽しみにお待ちください。

 

 

さて、次は

 

「はじめてのテントにワクワクするきぃの助」

 

(ここから):::::::::::::::::::

 
「★モデルインコ(中型限定)大募集★」
 

中型インコさんの画像を募集中です。

お友達をお誘いあわせの上、ふるってご参加ください。

掲載率はとても高いです。

なるべく大きめの画像で、ボケていないもの、背景がすっきりしているもの、それでいて生活感や鳥さんの個性が感じられるものが好きです。

(カメラマンには撮れない写真ってありますよね~)

画像を採用させていただいた方のうち、見本誌をご希望の方には一冊、送呈させていただきます。

 

件名:モデルインコ

応募必要枚数:5枚以上(見本誌を希望される場合)

応募先:(u)460@hotmail.com

(小文字のuのかっこを外してください)

鳥さんのお名前:

鳥さんの種類、年齢、性別(わかれば):

飼い主さんがハンドルネームでの掲載ご希望の方はハンドルネーム:

飼い主さんの住所(郵便番号も):

氏名:

(見本誌を希望される場合)

 

画像締め切り:2月20日頃(応相談)

(※画像が集まり次第、早めに締め切ることもあります)

 

ブログやSNSをやっている方は、ぜひ拡散してくださいね。

コピペして貼って頂くの、大歓迎です。

(許可は不要です。なかなかこちらものぞけない状況なので)

かわいい画像を楽しみにしています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 すずき莉萌

 

 

(ここまで)::::::::::::::::::::::::::::

 

 

 

ここからは最近の㊙私の日常など。。

 

今、某都内の公立小学校と中学校で特命を受けて、日夜奔走しております。

 

 

もうちょっとだけ詳しく書くと・・・・。

 

 

特命というからには、ふつうのスクールカウンセラーではありません。

 

教育困難な児童生徒限定です㊙

 
想像を絶する子どもたちの現状を改善すべく、立ち回っております。
 
 
一例をあげると・・・・。
 
つい先日は、私が担当している中一の生徒が男性の教育指導の先生を蹴り倒し、首を絞めるという壮絶な現場に居合わせてしまいました。
 
必死に私も生徒の足を止めようと引っ張りましたが、男の子の力は強い・・・。
 
 
先生の首についたひっかき傷と赤黒い痣が目に焼き付いて離れません。
 
 
 
もうひとつ、
 
担当している小学校でも、最近すごいことがありました。
 
児童による放火です。
 
人気のない某教室から煙が上がって、おかしいと気づいた近隣の学校の生徒が通報。
 
「児童のみなさん、避難訓練を開始します」と、突然の校内放送。
 
「ん?」
 
「訓練なんて聴いてないよね、、」
 
と先生方と不穏な空気を感じながら、そそくさと児童を避難場所に誘導したところ・・・・。
 
ほんとに消防車が続々とやってきたという( ゚Д゚)
 
(訓練、と表現したのは、パニックになるだろうからという学校側の配慮だったそうで)
 
 
※ちなみに犯人はまだ見つかってません。
 
めぼしはついているようですが。
 
他にも書ききれない、壮絶な毎日です。
 
白髪がいっきに増えました。
 
おまけにストレスで暴飲暴食が日常化。
(できればお酒に逃げたいところですが、抜け出せなくなりそうなので)
 
わたしも若くないので、この仕事にいつまで耐えることができるかアレなんですが・・・。
 
必要とされる以上は最善を尽くしたいと思ってがんばっています。
 
 
私なんかがこういう風に書いちゃうと、
 
公立は怖い、やっぱりだめだと思われてしまうかもしれません。
 
決してそんなことはないですから!!!
 
校長先生、副校長先生をはじめ、先生方の生徒指導に傾ける情熱は、ほんとうに頭が下がります。
 
学校現場に入るまでは、ここまで細かく児童生徒を把握しているとは、思ってもみなかったです。
 
そのくらい、どの学校もすべての生徒に目を配り、手厚い支援を行おうとしています。
 
 
学校自体は荒れてますが、決して私立や国立に引けをとるものではないと感じています。
 
うちの子は国立に行ってますが、私の担当する学校のほうが明らかに学習面、生活面において面倒見が良いですからね。
 
(※特に困ったこと(不登校、自傷、他害、学力不振等)が起きた場合)
 
ただ、先生方の愛情や情熱だけではどうにもならない子どもたちがいるのも事実。
 
例えば、子どもが故意に窓ガラスを割っても、謝りに来るどころか、連絡すらつかない保護者の子とか。
 
(こういう親は給食費も払わないし弁償もしないんだそうで)
 
 
保護者と面談できればそれが一番なのですが、万事が万事、この調子で難しいところです。
 
 
私のような、学校や親からしてみれば「部外者」みたいな存在が風通しをよくするためにも、必要とされているってことなので、わんちゃんや鳥さんに癒されつつ、もう少しがんばってみたいと思います。
 
 
 
 
 
ではまたね^^
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

marimoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。