宮崎市・Asami~神様との約束

宮崎市・Asami~神様との約束

宮崎市にて、ご神託をお伝えしています。
ブログでは神様や人生についてを気ままに綴っています。

ご相談料金:30分5000円(お一人様)
※女性限定

お問い合わはこちら***
Mail*asami3388★au.com
uruasa0417★gmail.com
【★は@に変換下さいませ】


テーマ:
自分を大切にするというのは
誰かの話を聴いてあげること


自分を大切にするというのは
家族のために夕飯を作ること


自分を大切にするというのは
大切な人に贈り物をすること


自分を大切にするというのは
せっせと働くこと




自分を大切にするというのは
部屋を掃除すること



自分を大切にするというのは
誰かを心配したり、想いを馳せること




それが、自分を大切にするということ。








自分を大切にするということについての
世間の解釈は

・人を無視した我がままを突きしたり
・好き勝手に振る舞ったり
・一切の我慢をせずに生きたり

ついついそんな風な
伝わり方をしてしまわれるけれど
本当は、そういう意味ではない。





"自分を大切にする"というのは
"自分がやらなければならない事をする"
ということ。




これについてを誤解してしまうと
エセポジティブチックで終わり
実際には、何の効果もなければ変化もない。
むしろ、逆効果だったりする。




自分のやりたい放題にやると
誰かを困らせたり、悲しませる。


誰かが困る・人を喜ばせないことは
魂の願いではない





要は、表面的な欲求の発散や表現は
何も自分に影響しないということ。




自分に影響すること、というのは
自分の芯がじわっと喜ぶこと。
自分の奥底にある魂が喜ぶこと。




それを実行することが
自分を大切にするということです。









魂は、人間の思考が認識しているより
ずっと優しくて、広範囲を見渡している。



場をわきまえずに自由な発言をしたり
自分が苦手な事から頑なに逃げたり
そんな事を「自己愛」だと誤解して
"大切にできた!"と達成感を感じたり
自慢気に話す人も少なくありませんが
それは、"我慢からの一歩前進"であって
大切にする真意には、まだまだ遠い所にある。



先日、14歳の娘さんに
個人講座をさせていただいたことがあった時
「成長のために我慢することも駄目ですか?」
そう質問されたのですが
答えは勿論、NO。


自分を大切に思うが故の我慢なら
魂は、【我慢】と認識しない。
愛と感情と欲求とを区別できて
誤作動をしない。


深い理解力と愛で
私達を受け止めてくれる。

 






前回の記事に書いたように
自分とは、全体の中の一員。

もっと怪しく言えば
自分は全体であり
世界を縮小したもの。



この野に咲く花にも、
その仕組みが反映されて
小さな花達が、ひとつの花を作っている。

そうなっている。




自分を大切にするということは
誰かを大切にするということ。

【自分】というのは
一人称単位ではなくて
ものすごく、大きな大きな意識の集合体。


大きな意識の集合体を生きる私達は
純粋な愛に基づいたことにしか反応しない
とてもとても、高精度の生き物です。




自分を馬鹿にしないで。


一見、あなたと分離して見える
あの人のことも、馬鹿にしないで。



あなたは、【自分】という意識である前に
ものすごく大きな意識の集合で
作られていると、知って下さい。



─────・─────・─────

かくいう私は、
書いているだけで
まだまだそんなことまで
できていない人間です。


でも、湧いてきたり
降りてきたことは
誰かが求めているから
私で止めることができないので
書いたり、講座にしてみたりして
聴いてもらっています。



本当に、皆さんのお陰です。



実は昨日の午後、突然の高熱に見舞われ
久しぶりに寝込む事態に。


本当は今日、長女の音楽発表と
次女の学年最後の参観日という
肝心な日だったのですが
到底行けるまでの体調には戻らず
親子共々、色んな意味で忘れられない日に
なりました。

ご安心下さい。
結局インフルではなく、喉の風邪でした(^^;



そんな今日、
こんな状態とは知らないTさんから
Tさんが開発された"小豆のカイロ"を
玄関にかけてくださっていて
情緒不安定か!というくらい
涙が止まらないかった朝でした。

どんなタイミングですか…(;_;)



お手紙が入っていたのには
ついさっき、気づきました。
ありがとうございます。

ブレーキランプ、5回点滅です♡



まだ少し若いのか、
だいぶ元気になりました。

また木曜日から稼働します!
(木曜午前、まだ少し空いています💡)

Asami

テーマ:
皆さん、おはようございます。
Asamiです。




先週も私をご利用下さった皆さん
ありがとうございました。


ブログを愛読してくださっている方達からの
ラブメッセージにも
元気をもらう日々です。


コメント欄は色んな理由から
無くしていますが
それでも、色んな形で私に反応して下さり
本当に有り難く思っています。




昨日は、朝早くに学校の役員活動を済ませ
珍しく家族全員で遊びに出て
5日分くらいの精神力を消耗した一日でした。



写真は、アペゼさんからお持ち帰りした
"クレマチス・カートマニージョー"
という植物の苗。
生命力のある健やかな姿に惹かれ
また、植物の家族が増えました。


その勢いで、他の植物のお手入れや
ブルーベリーの枝を剪定したりしながら
家族活動の疲労を癒したのでした。



いつも植物に触れると
たくさんのアイデアと刺激をもらう私ですが
やっぱり昨日も。





枝を剪定しながら思うことは


一人は
全体の中の一員だという事。





全体としてを見た時
不要な枝は、"全体のために"剪定され
必要な枝は、"全体のために"残される。


つぼみが付いていても
小さな花を咲かしていても 
"全体のために"生かすものと、
一旦、表から引いてもらうものと、
分かれる。



これは、人間の都合で剪定しているとか
そんな話ではなく
自然の中にある樹や草花も
雨風や気温により
自然に、そうなるようになっている。




置き換えると


私達人間の世界に起こる出来事も
自然なことであり
全体の中の一員であるために
"無差別"に、表に出る役の人がいたり
"無差別"に、落ちてもらう役の人がいたり
そう、なっている。






だから、
「自分だけどうして…」
そんな被害妄想をやめた方が良い。



全体の一員として
色んな人がいなくてはならなくて
色んな役柄を無意識に演じれている。



自分の意識や意図とは分離した
大きな、大きな、ところで
私達は操れ(あやつられ)
図られている。



目を閉じて、
運転手を信頼して助席に乗るように
起こる出来事を信じて。



目を閉じても、耳をふさいでも、
本当はちゃんと生きていける。



そんな事を、ぼーっと想いながら
植物いじりをした昨日でした。


終わった花にも
役割が、ちゃんとあって

肥料になったり
枯れた姿にも癒される私みたいな人がいたり
そう、なってる。


植物や自然は偉大な師の様です。

それにしても、
これから咲くクレマチスの花が
楽しみでたまりません**



色んな方からいただく
美味しいものや、お花たち。
こちらは有効に、
循環させていただいていますハート

プチギフトやお返しを選ぶのが、
私のひそかな楽しみです。

お心遣い、本当にありがとうございます。

─────・─────・─────
今週はまだ余裕があり、
直近ではこちらの通りです。

★今日の12:15~

★明日19日の10:30~12:30までの間

空きがあります。


21日の午前中と、23日の10:45以降も
大丈夫です💡
よろしければ、ご利用ください。


Asami
asami3388★au.com
uruasa0417★gmail.com
080・6455・3388
★は@に変換ください。



テーマ:
人生には、無駄だと思えることも必要。







無駄なく


そつなく


有効に







それらを意識することは
大切でもあるけれど

そのことに必死になっていると
魅力のない人間になる。







枯れてしまうけど、花を飾ったり


使わないような雑貨でも、買ってみたり


最後まで読まなくても、
惹かれたタイトルの本を買ったり


食べきれなくても、
食べたい物をカゴに入れたり


時には
帰ってこないひとを待ってみたり


そんなことが
人生を豊かにしてくれる。






人間の存在も、花とまた同じ。
どうせ枯れるのに
跡形もなく消えるのに
繰り返し、そして何億人も、生まれてくる。





もしかしたら他のどんなものより
人間が最も、無駄なのかもしれない。




でもこうしてここに生まれ
死に向かって生きていく姿が
儚くて、尊くて、健気で、美しいのだと思う。









心がじゅわっと、暖かくなったり
ほっと安心できたり
味覚を楽しんだり
快楽に溺れたり

そのどれもが形を持たず
無駄なのかもしれない。


しかし、そんなことでも
心や魂が興奮すれば
内側からおのずと潤った人間になる。








世の中の魅力的な人達は
自分の弱さや小ささを認め
無駄なことを面白がっているからこそ
そこに魅力がある。

それが、魅力。




無駄を減らし
弱さを隠し
恥じながら生きていると
生々しさが欠けた、つまらない生き物になる。









溢れかえる情報の中で
不安にかられたり
焦りを覚えたり
迷いが生まれたりするけれど

大切なのは
自分に素直になること。







人の目を気にして
格好つけて生きている人も多くいるけれど

人の目とは、実は自分の目。
これも恥ずかしい勘違い。


自分が自分を意識しすぎているだけで
人は案外、興味もなかったりする。。


そしてそれが
私達の存在以上に
無駄なことかもしれない。







さぁさぁ、そんな事なので
全部とっぱらったら
何が欲しいか。
何が食べたいか。
どこに行きたいか。


もう、いい加減、素直になってみて下さい。
 
 



無邪気になったあなたは
きっと、魅力的なひとになります。



Asami

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス