日干それぞれの神様と祀られている神社について | 「好き」を仕事に。占い師おおはらはるみのブログ

「好き」を仕事に。占い師おおはらはるみのブログ

四柱推命鑑定師であり講師のブログ


テーマ:

こちらの記事も合わせて読むと理解しやすいです☆

四柱推命~日干(にっかん)について~

◆命式を調べるにはこちら ⇒ 命式を調べる

 

 

自分の日干、覚えましたか??

今日は

・それぞれの神様について

・祀られている神社

をご紹介します。

 

 

ちなみに・・・それぞれの十干の神様は”見立ての法”を使っております。

見立ての法を使ってよりパワーやエネルギーを強く・多く受け取れるようにしている、おおはらはるみ独自のやり方です。

 

 

 

甲(きのえ) 【+木】 大木・樹木

木の神様・・・ククノチノカミ

(もののけ姫にも登場する木霊こだま)

ククノチノカミ(久久能智神)

アメノミナカヌシ(日本で一番最初に成った神様)が国を作るようイザナミとイザナギに命じ、その2人のまぐわいによって生まれたたくさんの神様の1人。

兵庫(公智神社)

兵庫(久久比神社)

石川(天日陰比咩神社)

岐阜(木魂神社/大津神社)

奈良(飛鳥山口神社/飛鳥坐神社)

北海道(樽前山神社)

 

 

乙(きのと) 【-木】 花・ツタ

花の神様・・・コノハナノサクヤヒメノミコト

(アマテラスオオミカミの孫ニニギの奥さん)

コノハナノサクヤヒメノミコト(木花之佐久夜毘売命)

絶世の美女。降臨してきたアマテラスの孫ニニギが一目惚れをした女性。結婚の際、姉のイワナガヒメもついてきたが可愛くなかったため実家に帰らせたことから命に限りが出来た。(寿命)

三重(子安神社/伊勢神宮内宮)

静岡(富士山本宮浅間大社)

全国の浅間大社

 

 

 

丙(ひのえ) 【+火】 太陽

太陽の神様・・・アマテラスオオミカミ

アマテラスオオミカミ(天照大御神)

イザナギが黄泉の国から帰った後の水浴びで左の目を洗った時に成った神様。その後、父イザナギより天(高天原)の統治を任される。

三重(内宮、伊雑宮、滝原宮/伊勢神宮)

奈良(檜原神社)

宮崎(天岩戸神社)

東京(東京大神宮)

 

 

 

丁(ひのと) 【-火】 月・灯火

月の神様・・・ツクヨミノミコト

(アマテラスオオミカミの弟)

ツクヨミノミコト(月読命)

イザナギが黄泉の国から帰った後の水浴びで右の目を洗った時に成った神様。その後、父イザナギより夜の世界の統治を任される。

三重(月読宮/伊勢神宮)

京都(月読神社/松尾大社)

長崎(月読神社)

兵庫(御形神社)

徳島(西照神社)

東京(稲荷鬼王神社)

山形(月山神社)

 

 

 

戊(つちのえ) 【+土】 山

山の神様・・・オオヤマツミノカミ

(コノハナノサクヤヒメノミコトの父)

オオヤマツミノカミ(大山津見神)

イザナギとイザナミのまぐわいによって生まれたたくさんの神の1人。コノハナノサクヤヒメノミコトの父。コノハナノサクヤヒメノミコトとイワナガヒメを嫁に送ったが、イワナガヒメを返されたため神の御子の寿命を儚いものとした。

愛媛(大山祗神社)

静岡(三嶋大社)

三重(大山祗神社/伊勢神宮内宮)

全国の大山祗神社

 

 

己(つちのと) 【-土】 畑・田んぼ

稲の神様・・・ウカノミタマノカミ

(アマテラスの弟スサノオの息子)

ウカノミタマノカミ(宇迦之御魂神)

アマテラスオオミカミの弟スサノオの娘。母はオオヤマヅミノカミの娘。

ウカを食物を表すことから食べ物に宿る神様とされている。日本最大規模の祭神「お稲荷様」。

京都(伏見稲荷大社)

滋賀(小津神社)

三重(小俣神社/伊勢神宮)

東京(烏森神社)

全国の稲荷神社

 

 

 

庚(かのえ) 【+金】 鉄・刀

刀鍛冶の神様・・・アメノミカゲノカミ

(アマテラスの孫)

アメノミカゲノカミ(天之御影神)

アマテラスオオミカミと弟のスサノオが誓約(うけい:吉凶を判断する占いのひとつ)によって成った神様の1人、アマツヒコネノミコトの子。

滋賀(御上神社)

和歌山(国懸神宮)

 

 

 

辛(かのと) 【-金】 宝石

玉造りの神様・・・タマノオヤノミコト

(三種の神器のひとつ勾玉を作った神様)

タマノオヤノミコト(玉祖命)

アマテラスオオミカミが岩屋戸に隠れてしまった時にそこから出すための神器の1つ勾玉(まがたま)を作った神。また、ニニギが地上へ降臨する際に一緒に天降りした五伴緒の1人。

島根(玉作湯神社)

大阪、山口(玉祖神社)

滋賀(石作玉作神社)

 

 

 

壬(みずのえ) 【+水】 海・大河

海の神様・・・ワタツミノカミ
(竜宮城の大王)

ワタツミノカミ(綿津見神)

イザナギとイザナミのまぐわいによって生まれたたくさんの神の1人。竜宮城の大王。初代神武天皇の祖父。

福岡(志賀海神社)

鹿児島(鹿児島神社)

三重(竜宮社/二見興玉神社)

全国の海神社と綿津見神社

 

 

 

癸(みずのと) 【-水】 雨

雨を呼ぶ滝の神様と水の神様

・・・クラオカミノカミ・クラミツハノカミ

(アマテラスの父イザナギが生んだ神)

クラオカミノカミ(闇淤加美神)

クラミツハノカミ(闇御津羽神)

イザナミは神生みの際、火の神様を生んだことにより重症の火傷を追い、亡くなってしまいました。悲しんだイザナギがその赤子であった火の神様の首を斬った時の血から成ったいくつかの神のうちの2人。

雨を呼ぶ滝の神と水の神。

京都(貴船神社)

奈良(丹生川上神社下社)

神奈川(深見神社)

群馬(榛名神社)

静岡(賀久留神社)

福岡(劔神社)

大阪(堤根神社、都留美島神社)

 

 

日干の神様にはご挨拶と日ごろの感謝を。

日・月・年に持っていない性質があれば

その性質の神社へ行ってエネルギーを分けてもらいましょう♥

 

例えば、私の場合

庚(金)の神社へご挨拶と日頃の感謝を伝えに行き、

木・火の神様のところへ行ってエネルギーを分けてもらう。

という感じです☆

 

 

 

おおはら はるみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス