「コーチングの関わりを心がけよう」
「相手が答えを持っている」

そうは思っても、ついつい自分の勝手な評価や判断、先入観で相手を見てしまうことってありませんか?
もしかしたら、今は変わっているかもしれない。
事情が違うかもしれない。
自分の色眼鏡かもしれないのに…。

また、本当に大切なことに向き合うほどに

「どうせ無理だよ」
「やるだけ無駄」
「身の丈に合っていない」
「誰も必要としていない」
「自分だけ、違うことを考えているんじゃない?」

と、自分の中の声〈サボタージュ〉にがんじがらめにされてしまうことはありませんか?

・内容
・参加者の感想  など
▼詳細はこちらから