こんにちは、
保育コミュニケーション協会 松原です。

子ども同士の中で、
・なんとなくぎこちない空気感
・仲良くなるきっかけがない
・お互いに先入観を持っており、かかわろうとしない
・苦手意識を持ってしまっている
~など、大人がなんとかしてあげたくとも

どうにもできない場面というのもあるのではないでしょうか。

私自身も幼児や学童にかかわる機会があり、その中で 子ども同士の関係性が硬直している様子があったり
変にこじれて意地悪に発展してしまったり、
いじめの構図のようになる気配をはらんでいる場合もありました。

一人一人の個性や背景も分かるけれども、
ある意味「異文化交流」ともいえるこの事態を、どう打開していけるのでしょう?

そのきっかけとして、大人が提供できる機会に、「トリビアクイズ」がおもしろいかもしれません。

▼詳細はこちらから!