こんにちは、松原です。

「こどもが好きで、保育者になった」という方の中にも、実際に就職してみて人間関係の難しさに頭を悩ませている人も少なくないのではないでしょうか。

じつはーーー私自身、保育の現場に入って一番最初に悩んだのは先輩とのコミュニケーションの難しさでした。
今になって思うと、育成側の「育ってほしい」という思いと、子どもを見る視点や雑務など的外れな動きばかりしてしまう新人(私)との間で「もどかしさ」がいら立ちのように感じられて自分の居心地の悪さを感じたのだということが分かります。

今回はそんな先輩とのコミュニケーションの視点についてコラムを書きました。
続き・詳細はコチラから(2 stars)