こんにちは、

保育コミュニケーション協会 松原美里です。

 

保育の年数が重なっていくと、

後輩と一緒に組むことが増え、育成という課題が出てきます。


とはいえ、「見て盗め」は通じない、

思うように動いてくれないもどかしさから
「自分でやったほうが早い!」と

仕事を背負い込んでしまうことはありませんか?

 

また、年上の後輩への指導のやりづらさ・

主任さんから、自身のついてきた中堅さんへの指導・

非常勤の先生との足並みをそろえていくために・・・

~などなど、悩みも多いのではないでしょうか。


悩ましい育成ではありますが、捉え方を変えることで
・伝えるために当たり前を見直す

 ~新たなやり方が見つかる、手放せるものが分かる

・「自分がやらなくちゃ!」から

 「みんなで進めていくチーム」への転換

・期待を手放し、広い視野で物事をとらえ、見守る器の大きさ

~など、自分自身の成長にもつながります。

 

後輩を育てることを前向きな機会ととらえ、

自分の成長につなげるヒントを見つけていきましょう。

 

 

<こんな方へお勧めの講座です>
・育成に対して、もどかしさを感じている人
・待つことのむずかしさを感じている人
・後輩とともに育ちあいたいと感じている人
・年上の後輩への指導に向き合っている

 

<参加することで得られるもの>
・育成の4つの視点が身に付く
・ワークを通して育成のポイントが体感できる
・後輩に伝わる伝え方のポイントが理解できる
・明日から後輩への接し方が少し楽になる

 

<プログラム>
1.育成の4つのアプローチ
2.当たり前の前提を言語化する~伝え方の工夫
3.気付きを引き出すかかわり方
4.成長を一緒に喜び合う関係性へ

 

講師 松原美里

●講座 詳細

【日時】2019年 8月31日 
     第一部13:00~15:00  第二部16:00~18:00

【場所】Spacee
    東京都千代田区神田神保町2丁目7−15
     芳賀書店本店ビル5階 
     神保町駅徒歩3分

【料金】一般:4000円/1講座 
    保育コミュニケーション協会会員:3500円/1講座
    2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円
    
※2講座お申込みのお客様には講師との質問・
  座談タイムが付きます(お菓子付き)

 

<お申込みはこちらから>