こんにちは、保育コミュニケーション協会 松原です。

 

4月13日開催の公認心理師 安達桃子先生による

気になる子へのかかわりかた」講座

レジュメが届きました!

 

 

安達先生は、私が都筑区で保育園の施設長をしている時代に

グレーゾーンの気になる子へ

どうかかわったらいいのか?

子どもにとって本当に良いかかわりとは、どういうことなのか?

それをしることで子どもも現場もお互いに幸せになる

きっかけがほしい、という思いで参加した

「気になる子」研修の講師でした。

 

研究や臨床で子どもから大人までかかわってきた体験で

十分説得力があるのですが、

ご自身の体験(お子さん)まで赤裸々に語ってくださったことで

会場の保育者一同、涙目になるという一幕も・・・。

 

素晴らしい!!

~と感激をしてお声掛けし、仲良くさせていただいております。

 

安達先生の魅力は、「わかりやすさ」です。

 

プログラム自体、私が

「現場にいたらこういうことを知りたい」といった目線で

リクエストをして組んでいただいているので

保育者の痒い所に手が届く研修となっています。

 

 

今回のレジュメでは、

当初予定していた流れ(下に掲載)の他にも

 

・自尊感情を高める保育=二次障害を防ぐ保育

・子どもをほめる3つのメッセージ

・話す言葉は短く、具体的に

・予告・見通し

・構造化

・代弁・実況

・ピグマリオン効果

・パニックについて

 ~予防・起きたときの対応

 

・・・などについても触れて下さっており、

第1部の声掛け講座をより専門的な視点から

広げていくことができる流れになっております。

 

これは…行くしかないビックリマーク

 

一人でも多くの保育者に役立ててほしいと願っております。

以下より、ぜひお申し込みください。

 

 

保育コミュニケーション協会
4月13日のコミュニケーション講座は
第一部「子どもと心が通う声掛け」担当:松原美里
第二部「気になる子への対応ポイント」担当:安達桃子先生
~となります。
*みなさんのまわりの必要とされている方に届きますように、お知らせいただけますと幸いです。


★第一部★ 

子どもと心が通う声かけ・寄り添いコミュニケーション講座
〈こんな方へお勧めの講座です〉
・子どもが好きで保育者になった方
・もっといい声掛けの仕方があるのでは?と感じている方
・声掛けの引き出しを増やしたい方
〈プログラム〉
1.子どもとの信頼関係を築くには
2.個性を知り、世界観を分かち合う
3.焦りや不安を横に置き、場面を捉える
4.どうなったらいいかを考える
5.今できる一歩を一緒に考える
6.事例検討タイム


★第二部★「気になる子への対応ポイント」
〈こんな方へお勧めの講座です〉
・保育の中で気になる子の存在を感じている方
・気になる子へのかかわり方を模索している方
・難しい子のかかわりに困ってしまっている方
〈プログラム〉
1.「気になる子」とは?
2.それぞれへの対応のポイント
3.「気になる子」の未来の可能性
4.可能性を伸ばすためのかかわり方
5.集団の中での“個”に、どうかかわっていくか
6.ともに育ちあうための環境づくり
7.感想・相談・質疑応答タイム


●講座詳細
【日時】2019年 4月13日 第一部13:00~15:00  第二部16:00~18:00
【場所】千代田区神田岩本町1-1 岩本町ビル7階 74号室 岩本町駅直結
【料金】1講座 一般:4000円 保育コミュニケーション協会会員:3500円
2講座同時受講 一般:8000円 会員:7000円

 

※2講座お申込みのお客様には講師との質問・座談タイムが付きます(お菓子付き)

▼詳細はこちらをご覧ください
https://hoiku-communication.com/schedule/kouza-3/
保育の現場に笑顔が増えますよう、願っております。