こんにちは、松原です。

 

【いただいた質問にお答えしますシリーズ】
~最近、ちらほらといろいろな方からお話を聞くテーマについて、
こんな切り口からご紹介をしたいと思います。

 

=====

 

良かれと思って注意すると、ふてくされてしまう・・・。
逆切れされてしまう・・・。

そういったことがあると、
後輩さんへの指導も
やりづらくなってくるのではないでしょうか。

 

 

だからといって、何も言わないと
その方はこれ以上成長しないどころか
欠点が目立ち、お互いに保育がやりにくくなることもあります。

見て見ぬふりはできない。

その一方で、言ってあげなくちゃ!と思えば思うほどに力んでしまい、
怒っているような口調になってしまい、
相手の誤解を生んでしまうこともあります。


少し厳しめの指導が必要な時、
オススメなのはフィードバックです。

 

▼フィードバックとは・・・続きはこちらをご覧ください