こんにちは、松原です。


12月16日(日)17:00~19:00は

理念と現場の架け橋をつなぐコミュニケーション」
 

参加される方にとって、
本当の意味で有意義な時間になるためには、
どんな気づきや変化があったらいいのか・・・。

当初の構成を何度も見直し、

“そもそも論”に頭を悩ませているうちに、

ハッと気が付けば
開催まであと10日となりまいました。

必要な人に役立てていただくためにも、
ここからちょっと発信のピッチを上げていきます!

今回は、「この会を開催することになった、いきさつ」
~について触れてみたいと思います。


これまで、さまざまな園の就職支援にかかわる方と
お話をしている中で、
こんなやりとりがちらほらありました。


担:採用説明会などで
   創始者・経営者・園の理念に共感し、
   入職した方が・・・
   現場に入って、辞めてしまうケースが増えています。

松:何が起こっていますか?

担:入り口では、採用担当の方は、
  素晴らしい 理念を掲げ、
  希望を見せてくれるのですが・・・

  実際に中に入ってみると、
  働いているのは昔ながらの保育の価値観を持った保育者で
  理念は“絵に描いた餅”になり、
  現実的には 
  理想の保育が実践されていない園が少なくないようです。

松:理念が“絵に描いた餅”になってしまっている・・・。



ドキッ。
これは、入職者にとっては勇気を出して飛び込んだ園の
現実にガッカリし、傷ついて辞めてしまうという残念な体験。

実際には良い園もたくさんあるのですが、
たまたま出会った園に幻滅したことで
その後の保育の道をあきらめてしまう方も少なくありません。

そんなの、もったいない!

一方で、雇っている側にも葛藤はあります。
辞めていってしまう保育者に、もどかしい思いを感じているはず。

この辺りを解消できたら・・・

そんな思いから、今回は
「理念と現実のギャップを埋める」をテーマに
保育士コミュニケーション講座を開催します。

みなさんの周りでお役に立てそうな
園長先生・主任さん・リーダーさんがいたら、お知らせください。

 

■日にち:2018年12月16日(日)
■時 間:17:00~19:00
■場 所:牛込柳町 フロンティアキッズ加賀町 4F子育て支援室
■料 金:5,000円

■詳細はこちら、お申し込みはこちらから