ちらほらといただく、こちらの質問。

表面的には「声掛け」や「指導の仕方」の問題に見えるため
「どう伝えよう?」

となりがちですが---

指摘されても、本質的な部分で気づきがないと


*その人の目の前でだけ‟いい顔”を意識する
 ~しわ寄せが子どもに出ることも。
*反発が生まれ、関係性が悪くなり、保育がやりづらくなる


・・・といったことがあるのではないでしょうか。

こで、「困った先生」という視点から「困っている先生」
という視点に転換し、
コーチングのかかわりに変えてみると
ヒントが見えてきます。

 

 

<長くなるので、続きはこちらから!>