こんにちは、

 

保育・育児アドバイザーの松原美里です。

 

桜ウメハナリレーションズHPはこちら

保育コミュニケーション研修・講座はウメハナリレーションズ

 

UmehanaRelationsでは、
ファシリテーター型の講師を支援することで
受講者が主役となり、保育現場から笑顔が広がる
本質的なアプローチを身に着けることを支援しています。

~こちらの前提に共感いただける方と一緒に
保育現場にコミュニケ―ションを通じて笑顔を届けていきたいと
考え、認定ファシリテーター講師の養成を進めております。

今回は第五講についてご紹介いたします。

 

内容を伝え終わった、

受講者と一緒に気づいたり分かち合うなどして

いいプロセスを作り出すことができた。



~と、ここでやり遂げた気分になって終わっていくと・・・。
受講生は翌日から日常に戻ります。

日常は ″いつもどおり” 。

人は、本能的に 新しい学びよりも
「いつもの」「安全な」営みを優先しようとする傾向があります。



そうすると、せっかく学んだことが、

「現実的には難しいよね」

「なんかやったような気がするけど---おや?」

というように、意識から薄れて行きがちです。



大切なのは、”明日につなげるための意識のセットアップ”。

一緒に考え、身に着けていきましょう。



<第五講 クロージング>

・現場に帰ってからが、本当のスタート

・現場で求められる形への落とし込み

・日常で生きる仕組みづくり

・無意識に「できる」状態へ

・フォローアップ etc…



▼第五講の詳細は、こちらをお聞きください。

 

 

■提携ファシリテーター講師 養成講座

 ★思いを持ち、保育・こども・社会に貢献したいと考えている人

★人の変化・成長に喜びを感じ、共に成長していく仲間となれる人

★参加者の今に寄り添い、可能性を発揮して輝く姿に喜びを感じる人

★講師としてお声がかかることが増え、
 きちんと学び、依頼者・受講者に貢献したいと感じている人

★今後の成長のためにファシリテーション技術を役立てたいと感じている方

  <詳細はこちらからご覧ください>

 

ウメハナリレーションズ 今後の開催ラインナップ
 2018保育リーダーのための成長し続けるチームを創る育成勉強会】
5.25・7.13・ 9.21・11.16・ 1.18 静岡県藤枝市
【理念と現場の架け橋をつなぐコミュニケーション】
主任・園長対象 12. 16 in 水道橋


 

ガーベラ人気記事ガーベラ
●保育士として子どもに寄り添うための 感情・在り方・意識とは?    

●なぜ、保護者との信頼関係が必要なのか?
 
 

●子どもから嫌われる保育士から脱出するには?   

●保育園での職員のアイディアを生かす会議の進め方
●後輩指導・育成に役立つ4つのポイント ご報告
●保育士のためのコーチングレッスン~今年のふりかえりを通じて~  
●難しい保護者への対応の仕方 ご報告  
●子どもへの指導の仕方・伝え方 ご報告
●保育現場の育成課題と現状~後輩育成・指導がうまくいく4つのポイント  

●園内のコミュニケーションをよくするポイント ご報告