こんにちは、

 

保育・育児アドバイザーの松原美里です。

 

桜ウメハナリレーションズHPはこちら

保育コミュニケーション研修・講座はウメハナリレーションズ

 

9月9日の育成講座にちなんで、

今回は こんなテーマについて考えてみましょう。  

 

 *  *  *  * *

 

 後輩さんの指導をしているともどかしい気持ちになり、

つい 「自分でやった方が早い」と感じる場面も 

ちらほらあるのではないでしょうか。 

 

たとえば・・・

 

1.子どもを見ていてもらったほうがいい

 

2.「あれ、やっておいたから」・・・そして脱力

 

3.教えたのに、いつまでたっても自分で動かない

 

 ~これらは、私が実際に体験した気持ちであり、

 部下や、各地の育成にもどかしさを感じる保育者と 

お話をしている中でも出てくる、共通の感覚です。 

 

ですが・・・ 「自分でやった方が早い」からといって、 

このままご自身で後輩さんの分のお仕事を 

背負い続けていくのでしょうか? 

 

大切なのは、  

 

=  =  = = =

 

 思い通りにならない〝もどかしさ”を引き受ける覚悟をして 

「自分でやる」という意識から 「育てる」という意識に切り換え、

腹を据えること。  

 

そして、少しずつできることを増やしていけるように  

仕組みを創っていくこと。 

 

=  =  = = = 

 

~ではないでしょうか。 

 

<詳細は、こちらをご覧ください>

 

 

■提携ファシリテーター講師 養成講座

 ★思いを持ち、保育・こども・社会に貢献したいと考えている人

★人の変化・成長に喜びを感じ、共に成長していく仲間となれる人

★参加者の今に寄り添い、可能性を発揮して輝く姿に喜びを感じる人

★講師としてお声がかかることが増え、
 きちんと学び、依頼者・受講者に貢献したいと感じている人

★今後の成長のためにファシリテーション技術を役立てたいと感じている方

  <詳細はこちらからご覧ください>

 

ウメハナリレーションズ 今後の開催ラインナップ
 2018保育リーダーのための成長し続けるチームを創る育成勉強会】
5.25・7.13・ 9.21・11.16・ 1.18 静岡県藤枝市

【育成のもどかしさを自らの成長につなげるコミュニケーション】
中堅対象 2018. 9. 9 in 水道橋

【理念と現場の架け橋をつなぐコミュニケーション】
主任・園長対象 12. 16 in 水道橋


 

ガーベラ人気記事ガーベラ
●保育士として子どもに寄り添うための 感情・在り方・意識とは?    

●なぜ、保護者との信頼関係が必要なのか?
 
 

●子どもから嫌われる保育士から脱出するには?   

●保育園での職員のアイディアを生かす会議の進め方
●後輩指導・育成に役立つ4つのポイント ご報告
●保育士のためのコーチングレッスン~今年のふりかえりを通じて~  
●難しい保護者への対応の仕方 ご報告  
●子どもへの指導の仕方・伝え方 ご報告
●保育現場の育成課題と現状~後輩育成・指導がうまくいく4つのポイント  

●園内のコミュニケーションをよくするポイント ご報告