こんにちは、保育・育児アドバイザー 

& 防災士 の松原です。

 

今日は3月11日。
東日本大震災から7年目になります。

今日の日にちなんで、
昨年の保育実践コミュニケーションの受講者から頂いた質問

「園の避難訓練で見直せるところはどこでしょうか?」

~を一緒に考えてみたいと思います。

 

 

 * * * * * 

 

じつは、私自身 北海道から上京をする際に
「関東は地震が来たら割れるんだよ!それでも行くの!?」
~といわれながらも出てきた経緯があり、かつ、相当なビビリです。

 

横浜市都筑区の保育園で施設長をやらせていただいていた時には、
5年以内に70%以上の割合で来る』といわれていた
首都直下型の災害が起こった時の
ハイドリームとロードリームをそれぞれ考えました。

 

●ハイドリーム(最高の状態)
 =揺れはするけれども、そんなに支障なく
  備えてあるもので日常生活に戻れるレベル

 

●ロードリーム(最悪の状態)
 =これは、我ながら根暗だなぁ~とうんざりするくらい
 何パターンも考えました。

 

<続きはこちらをご覧ください>