こんにちは、松原です。

 

【頂いた質問にお答えしますコーナー】

今回は、まとめる立場の人のお悩みに、立ち止まって考えてみましょう。

 

保育園は、様々な人が一緒に子どもに向き合う場。

 

良かれと思って保育をしていても、
ちょっとした感じ方の違いから

「あの人のかかわりかたがおかしい」

~という声が上がってきたり・・・。

 

「あの人がこういっている。
 声を掛けたけど、聞き入れようとしない」

「こんな声が聞こえている」

~なんて声も日常茶飯事なのではないでしょうか。

 

声の大きい人の話ばかり聞いているわけにもいかず、
だからといって、一人一人のお話を聞いていくと
何が本当のことなのか混乱してきて、収拾がつかない。

 

みんな、良かれと思ってお話をして下さっているのですが…

板挟みの中で心が疲れてしまう

主任さん・リーダーさん・園長先生も少なくありません。

 

 

 

 

果たして前に進むための手立てはあるのでしょうか?

 

今回は、関係性の中にある課題を見つけるアプローチについて

ご紹介しております。

 

<くわしくは、こちらをご覧ください>