なんとなく、書けずにいたので、やっと整理ができたので書けます!!!



虹色の涙 鋼色の月。
東京、大阪、横浜公演。
全公演無事に終演することができました!!

ご来場いただいた全ての皆様へ。
心からの最大の愛を込めて。
ありがとうございました!!!!



10月からはじまった稽古。年をまたぎ、この数ヶ月、ゆうは、すごく変化できたと思います。



わたしの中のヒラセとゆう役は、どんなことがあっても笑顔を絶やさない。
悲しくても、辛くても、泣いても。
最後は必ず、笑っていることで、患者さんや島のみんな、そして先生と接する。
それが、幸せへの道だって知ってるから。



ゆうは、直接的には物語に関係していなくて、物語の中で起きた争いを俯瞰でみることが多い役でした。



輪の中にいるようで、輪の外からみる争いや愛は、とても悲しく、とても愛おしく、いろんなことを考えさせられました。



この役を生きれて幸せでした!



ヒラセのように。
どんなときも笑顔でいられる自分で、この先もいたい。
泣くくらいなら、笑ってやる!ってね((∩^Д^∩))
ゆう、泣き虫だからさ!笑



今回も、素晴らしい作品に携わらせてくださった、久保田さんをはじめとする、ボクラ団義のみなさん。
キャストの仲間たち。
スタッフのみなさん。

そして!
みにきてくださった、みなさん!!!



本当にありがとうございました((∩^Д^∩))
みんなみんな、みーーーんな。だいすきー!!!



プレゼントや、差し入れも、ありがとう!!



最近、さらにお芝居を勉強したくて、本を読んでるよ!
その話は、またこんど♡
photo:01


photo:02


photo:03


photo:04


photo:05


photo:06


photo:07


photo:08