激辛の素 | 青森市、家族や友人と気軽に中国料理を楽しめるお店広州
新型コロナウイルスに関する情報について

青森市、家族や友人と気軽に中国料理を楽しめるお店広州

青森市にある中華飯店 「広州」の店長のブログです。お店の事やお知らせ、簡単に作れるレシピ、医食同源の事などから、日常の奮闘?遊び?趣味?など色々な事を書いて行きます!!よろしくお願いいたします!!

こんにちは〜😊


今日は辛さについて!


中国料理って辛いというイメージの方も多いと思います


四川料理では辛い料理も多いですよね

辛さを表現するにあたり、広州では4種類の辛さを用いています


一つが「四川豆板醤」


これは言わずもがな、中国を代表する調味料の一つ

そら豆を塩漬けにして発酵させた上に胡麻油や唐辛子味噌などを添加して熟成させた調味料です


もう一つが「辣油(ラーユ)」

こちらは広州で自家製で作っています

胡麻油に唐辛子粉で辛さを移した調味料です

自家製で作る時に唐辛子を数種類混ぜたり八角を入れたりすることで奥深い風味のラー油にしています


もう一つ「花椒辣醤(ファージャオラージャン)」

こちらは山椒の香りを移した特別な豆板醤です。麻婆豆腐に使っています!!


最後に一つ

「激辛の素」

これは私が考えた自家製調味料


主に坦々麺や四川麻婆に使っています


坦々麺の激辛や四川麻婆などの辛口を作るときにラー油で辛さを調節すると油っぽくなってしまい、私はあまり好きじゃないのです


そして、豆板醤で調整するとしょっぱくなるのです


ストレートな辛さが欲しい

調節や辛さを入れる目安が欲しいと思いかんがえました








輪切りの唐辛子やハバネロパウダーを使い

自家製辣油にさらに辛さを乗せ一味唐辛子に辛さを乗せていく感じ


ストレートにガツンとくる辛さを表現しています



麻婆にしろ坦々麺にしろ、

一つ一つの商品に愛着があり

これからも大切に作っていき

お客様に喜んでいただけたら嬉しいなって思います


コロナで飲食を始めとする様々な業種が苦しんでますが

いい料理を作る

お客様に喜んでもらう

という基本を大切にこれからも頑張っていきたいと思います😊