ちょっと身近な医食同源(体の疲れとれないとき) | 青森市、家族や友人と気軽に中国料理を楽しめるお店広州

青森市、家族や友人と気軽に中国料理を楽しめるお店広州

青森市にある中華飯店 「広州」の店長のブログです。お店の事やお知らせ、簡単に作れるレシピ、医食同源の事などから、日常の奮闘?遊び?趣味?など色々な事を書いて行きます!!よろしくお願いいたします!!

おはようございます!

 

今日はちょっと身近な医食同源

食事から身体を元気になってもらいたいな

と考えたこの企画。最近ずっと頓挫していましたが久しぶりにアップしてみます(^_-)-☆

 

自分自身の勉強の覚書みたいな感じでもあります

 

今日は「身体の疲れ」

日常的な疲れは栄養バランスの良い食事と睡眠で解消されます

しかし、疲れがひどい時、エネルギーの摂取量が減るため、ビタミンやミネラルが減少していきます

そのような生活を続けていると筋肉中に疲れの素となる乳酸が蓄積されて、

心身の機能が低下してやがては大脳の働きも弱め、仕事の能率も落ちてきてしまいます

 

まずは体をゆっくり休めることも大切なんですが、

食事アドバイスとしては

 

◎ビタミンB1+硫化アリルで疲労物質を分解

ビタミンB1,B2などのビタミンは糖質、たんぱく質、脂質のエネルギー代謝を促して疲労物質を分解する効果があります

さらに効果的なのが硫化アリルとの組み合わせでエネルギー代謝を高めるビタミンB1の効果をパワーアップさせてくれます

具体的には、ネギ、ニラ、ニンニク、玉ねぎ、ラッキョ、などに含まれる独特の風味の成分で強い殺菌作用もあります

ですから豚肉、レバー、大豆などビタミンB1を大量に含む食材にはネギやニンニクと一緒に撮るといいんですね

ビタミンB1は水溶性なので煮るときは煮汁も一緒に頂ける料理がおすすめです!

 

お勧め料理

◇レバニラ

◇豚ロース肉のガーリックソテー

◇豚しゃぶ、新玉ねぎのせ

◇ニラと納豆の卵焼き

 

などでしょうか(^_-)-☆

 

===========

 

こんな感じで、がちがちの医食同源ってわけではなく

気軽な感じで分かりやすくたまに小出で掲載していきたいと思います♪

皆の食生活の参考になれればうれしいです!