いとこ旅〜Cousin travel〜

いとこ旅〜Cousin travel〜

いとことの旅を終えてしばらくは一人旅

今後はモンゴルから中央アジアや行ったことないところを一生かけて旅して行きます

パニック障害10年目。ようやく外出出来るぐらい。でも世界旅行に行けるんだよ。薬も持ってけるんだよ

NEW !
テーマ:
もし、『一生、同じ種類の麺類を食べ続けなければいけない体になったとしたら』何を選択致しますか?

物凄い突拍子も無い質問ですが"もし仮に"の話ですので難しい事は考えないで下さい♫

①ラーメン
②そば
③うどん
④スパゲッティ

一般的に日本で食べるのは以上の選択肢ですかね?

もしかすると『フォー』って方もいるかも知れませんがそれでも勿論構いませんよ。

私は"そば"or"うどん"の一騎打ちで迷いましたが『蕎麦』という結論に至りました。

ラーメンやスパゲッティは歳をとった時に胃にもたれそうと思いまして。

この質問を日本国民にアンケート取ったら何が1番になるんでしょうね。

私の予想はラーメンが1位でスパゲッティが最下位です。

本日も蕎麦も饂飩もラーメンもスパゲッティも関係ない『トルコ』からお送り致します

おはようございます!流離です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
DAY85
イスタンブール市内
(トルコ)


取り敢えずイスタンブールで過ごす最終日となりましたが、また戻って来る様な気も少しだけ致します。

イスタンブールは見所が多いので、じっくり見て回れば3日間では足りないかなと思います

5日間は欲しいですね


再びグランドバザールにやって参りました

仕事の予算だけ両替して、私のお小遣いを両替し忘れておりました。

€も$も残りが少ないですので日本円から両替したいのです。

トルコは割と各地で日本円の両替が可能では有りますが、ここより良い所を知らないので、イスタンブールを出る前にと思った次第です

⬆︎16番ゲートから入り、傾いたキオスクの手前を右折

こちらが『日本円を両替するならココ!』と言われている"nadir"でございます。

本日はブッチギリでこちらがレートが良かったです。

3万円を両替してほぼ等価交換でした

※まぁ、現在トルコリラはレートが物凄い変動するので、いくらレート良いところを探しても翌日にはどかーんと下がっている事が多いのですがね

それでも少しでも手元に多くのリラが残る方が良いので面倒ですが良いところを探すのです。
時間はあるのでね笑


ごった返す人を見つめながら外でケバブを頂きました。

『チャイナ?』と聞かれたので『ジャパン』と答えると日本語を教えてくれ!と頼まれまして30分程楽しく教えて来ました。


トルコと言えばこちら。

『アイラン』というヨーグルトドリンクでございます。

何処のお店にも置いてますし、置いてない所を探す方が難しいのではないかなと思います

ほんのりと塩を感じる飲むヨーグルトでして日本人の方は苦手だと言う人が結構おります

私も最初は美味しいとは思いませんでしたが、飲んでると慣れましたし、今は美味しいと思っております。

cookpadなどにレシピが載っているはずですので興味のある方は作ってみて下さい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボスポラス海峡クルーズ


イスタンブールに来たら"取り敢えず"クルーズツアーに参加する事をオススメ致します


クルーズ船は様々な種類がございまして今回私が購入したのは『トゥルヨル社』の1時間30分のショートクルーズ船です。


料金も年々上がり現在は20リラです。


2016年にもこちらの船に乗った記事がありますが、当時は10リラでした。


結局は今も2016年も日本円に直したら同じで380円ぐらいでございます。



また『デントゥル社』という所がロングクルーズ船も出しています。

※デントゥル社は片道1時15分のアナドル・カヴァウという所で3時間停泊した後、また1時間30分かけて戻ってくる合計5時間30分です

⬆︎かなりの人数が乗れますが・・・

こちらの船で出発するのですが、私なりの注意点を書いておきます。


毎正時に船が出発するのですが、船は40分ぐらい前には到着して乗り込める状態です


注意点①
余りにもギリギリに行くと上記の写真の様に四方を座られてしまうので、存分に景色を楽しむ事が出来ません。

やっぱり折角のクルーズ船なので良い所で見たいですよね



注意点②
早く乗ったら乗ったで船酔いするので、酔い止め薬を飲んでいきましょう。

船って停まっている時の方が酔うので、酔いやすい方は酔い止め薬を飲んでいきましょう

酔い止めを飲んだ後に早めに特等席(2階後方or2階サイド)を奪取するのがボスポラス海峡クルーズ攻略のコツです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



隣の船に手を振ったり。

ボスポラス大橋の下をくぐったり。

遺跡を横目にみたり。


後半は少し飽きてしまう納得の1時間30分のクルーズでございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夜行バスの旅

⬆︎いつも人でごった返してる

宿に戻る途中にガラタ塔というイスタンブールを一望出来る塔に寄ってみましたが、並んでる人が多くて諦めました。

こちらからの景色も素晴らしいので御紹介したかったのですが、やらなければ行けないことが山積みですので、またの機会に。




イスタンブールの巨大なバスターミナルにやって参りました。

トルコでバスターミナルの事は『オトガル』と言います。

本日選んだ会社は『キャーミルコチ』という根強いファンを持つ大手老舗バス会社です。


次の街『セルチュク』までは9時間程掛かる予定ですので理想は23時頃のバスだったのですが、見つからなかったので22時発の便を選びました


夜行バスの場合早く着くことが多々ありますのでなるべく遅めの便に乗りたかっただけです

⬆︎夜行バスの基本ですが車のナンバープレートは写真に撮っておきましょうね
トイレ休憩で置いてかれないようにね♫


こちらのバスで参ります。


22時発の便が6本程ありましたので『どれだろ?』と迷っているとすぐさまトルコの皆様が救いの手を差し伸べてくれます。


乗るバスが判明した後も"チケットを持ったまま水を買いに行くと"再び次から次へと助けてくれます



こういうのは本当に有難いです。


キャーミルコチの車内も綺麗でハイクオリティでございます。

何故これだけ設備が整っているのにトイレを付けないかだけが疑問です。

1番後ろの窓側でリクライニングが無いですが、ゆっくり寝てセルチュクを目指そうと思います

おやすみなさい♫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日も読んでくれてありがとうございます

イスタンブールは私個人の話ですが『めちゃめちゃ面白い都市』です。

ずっと動き回っていたので、紹介出来なかった場所が多数あるのが残念です。


全部書くと読むのに負担になりますし、ブログ作成時間も5時間ぐらいかかってしまいます


毎日ワクワクして過ごせたイスタンブール滞在でした。


さて、明日は一気に移動して田舎町『セルチュク』からお届け致します。


ではまた!

See you!












Ameba人気のブログ