恋する中学受験 ~大学受験を見据えた中学受験~

主に首都圏有名国立・私立中学校の入試に関するお役立ち情報やオリジナル教材を公開しています!

★☆★ひとり親(母子、父子)家庭の支援について★☆★


塾に行かせる金銭的余裕がなく、お子様に勉強の意欲のある方無料でご相談に応じますので、お気軽にご連絡ください。



☆公立中高一貫校 適性検査の受検を考えている親御さんはコチラ をご覧ください!



■首都圏 国立・私立中学校 受験対策!テーマ別で市販の解説集よりよくわかる過去問題解説集


超お買い得セット商品コチラ


時計算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ
植木算
のサンプルは
コチラ  ご購入はコチラ
年齢算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ
覆面算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ
過不足算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ
集合の問題のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ
売買損益算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ
平均算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ

旅人算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ
鶴亀算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ

日暦算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ

場合の数のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ

相当算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ

倍数算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ

食塩水問題のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ

仕事算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ

ニュートン算のサンプルはコチラ  ご購入はコチラ

他にも多数販売中。詳しくはコチラ をご覧ください!


ご連絡は gaku3102002アットマークyahoo.co.jp まで。

高校生向けHP「恋する数学 」、「恋する化学 中高一貫校対策ブログ「恋する適性検査 も運営しております。


☆高校生向けに本を出版しております。

くらべてつなげてまとめる数学 (数学Ⅰ,A,Ⅱ,Bをネットワークでつなぐ)/佐藤 学



¥1,260
Amazon.co.jp




テーマ:

東京都の私立中学である大妻中野中学校では、2017年度入試から新思考力入試が導入されました。

 

そのユニークな問題と思考力入試について興味深い記事を見つけたので紹介します。

 

--------------------------------------------------------

 

下記、NEWS ポストセブンより引用

 

中学入試にもグローバル化の影響 思考力試す超難問も


中学受験といえば、公立の小学校で学んだ教科書の知識だけではとても突破できないような難問が多いことでも知られるが、ここ数年、思考力や表現力を問うユニークな設問も増えている。安田教育研究所代表の安田理氏が、この2月に出題されたばかりの入試問題をいち早く入手。その中から特徴的な記述問題を紹介する。
.

  これまで、中学受験生の多数派は進学塾に小3の3学期から通って国語・算数・理科・社会の4科目を勉強してきた。だが、リーマンショック以降、進学塾に入塾する時期が遅くなったり、そもそも通わなかったりという受験層が増えてきている。
.

 また、以前だったら受験生活に入った段階で、お稽古事、スポーツクラブを辞めていたものが、小6でも続けさせるという家庭が増えている。こうした進学塾に通っていない、通っていても以前と比べるとソフトな受験生活になっている受験生が多くなった。
.

 そこに、大学入試改革の影響もあり、「学力観」が変わってきた。従来日本では、学力というと、学んで身についたものという学力観が一般的だったが、欧米ではコンピテンシー(行動特性、リテラシー)を学力とみなしている。
.

 大学入試改革の論議を通じて旧来型の知識・技能中心の学力ではこれからのグローバル社会に対応できなくなるという危機感が広がってきて、学力観そのものがグローバルスタンダードなものに変化しつつあることが、中学入試問題の変化にもつながっている。
.

 では実際にどのような問題が出題されたのか。3つほど問題例を挙げてみよう。
.

 最初は大妻中野中学校(東京・女子校)の「新思考力入試」総合IIの問題である。「新思考力入試」はこのほか、総合I(理科・社会の合科型問題)、総合III(算数の力を見る問題)がある。総合IIはこれ1問で、50分で記述する。
.

【問題】
  アメリカのニュース雑誌『TIME』では、毎年“person of the year”を選出しています。これは、「その一年を代表する人物」という意味で、下の資料のように、その年最も世界に影響を与えたとされる人物を挙げています。


2004年 ジョージ・W・ブッシュ(第43代アメリカ合衆国大統領)
2005年 ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者) 他
  :
2016年 ドナルド・トランプ(第45代アメリカ合衆国大統領)
.

 さて、2006年、この“person of the year”に選ばれたのは、大国の権力者や経済界のリーダーなどの一個人ではなく、“You(あなた)”でした。なお、この2006年は、インターネットにおける新しいサービスであるYouTubeやtwitter、その他多くのSNSが誕生・普及し始めた年です。これをきっかけに、インターネットさえあれば世界中の誰もが情報を発信できるようになりました。
.

 以上をふまえて、『TIME』誌が“You”を選出した理由や意味、これに関わる他の例、そしてあなたの考えを400字から600字でまとめなさい。
.

◆大学入学共通テストの5倍の字数
.

 マイクロソフト、twitter、YouTube、SNSには注が施されているが、ほとんどの受験生は『TIME』自体も知らないのではないだろうか。誌名や用語を知らなくても問われていることはなんとなくわかる、そういう性格の問題で、いわば知識の有無を問うているのではない、ということである。
.

 が、小学生が筋道だった文章にまとめるとなると至難の業だと思う。字数も、高校生が受ける大学入学共通テスト(センター試験に代わり2021年1月より実施される新テスト)で論議されている80~120字のなんと5倍!
.

 これを読んでいる方はこうした問題はどのように採点しているのか、知りたくなるのではないだろうか。
.

 こうした思考力型の問題では他校の場合もそうだが、「ルーブリック評価」という評価法が用いられる。例えばこの問題では、「知識・理解」「思考・判断」「批判・創造」の3つの縦軸について、S→A→B→Cの4段階の横軸があり、受験生の記述がどのマスに当てはまるか判断するわけである。

 

 

例えば「知識・理解」でS評価は「権力者から匿名の誰かに発信者が推移した例をYouTube以外にも知っている」、A評価は「TIME 誌がYou(あなた)を選んだ理由を一般化して説明できている」、B評価は「TIME 誌がYou(あなた)を選んだ意味を理解している」、C評価は「You(あなた)が不特定多数を示すということを理解できていない」といった基準を事前に決めておくのである。
.

 また、学校側は、「インターネットによる情報発信」という観点を主題として読むことを想定しているが、これ以外に「平等性」「リーダーシップ」「技術の進歩」などを主題として論述している場合でもルーブリックの軸に置き換えて採点するとしている。
.

 このように事前にきちんと評価軸を定めているのである。こうしたタイプの入試を行う学校では、普段の中間テスト、期末テストも「ルーブリック評価」で行っており、先生が慣れていることがほとんどである。
.

 次に、光塩女子学院中等科(東京・女子校)の「総合」の問題では、『日本の橋─その物語・意匠・技術』(五十畑 弘著)の序文である「はじめに」を読ませて、いろいろな角度から出題している。
.

「土手の模型」の実験などを基に理科的な設問が6問、新井白石の『東雅』や最近の新聞記事、『東京 β』(速水健郎著)、明治時代の『米欧回覧実記』などの文章を基に自分の考え、意見を述べさせる設問が8問ある。
.

 引用文献からして、小学生対象とはとても思えない高度なレベルである。光子さんを主人公として様々な設問を展開していく問題だが、その最後の設問が下記である。
.

【問9】
  下線部9「橋は、ほかの建造物とともに、文化、歴史を読み解く格好の対象である」とありますが、光子さんは建造物としての役割、文化や歴史を読み解くための材料に加え、現代社会においては、他にも橋の役割や存在の意味があると考えました。そして光子さんは、リード文にあった「壁ではなく橋を築くべき」だというローマ教皇フランシスコの発言を思い出し、自分にもできることがあるのではないかと思いました。あなたなら「壁ではなく橋を築く」ということを実現するために、どのようなことを実践しますか。具体例を挙げて思う存分書いてください。

 

◆「家庭の文化度」が影響!?
.

「壁ではなく橋を築くべきだ」というローマ教皇フランシスコの言葉で設問を締めくくっているところはいかにもカトリック校らしいが、まさに「ご家庭の文化度」が問われているような気がする。しかも“思う存分書いてください”……。すごい!
.

 最後に紹介するのは、かえつ有明中学校(東京・共学校)の「思考力入試」の思考力Iの問題だ。
.

 さまざまな動物の「知能」に対する評定値の平均と順位が示された資料が示された。〈人間の知能を100としたとき、さまざまな動物の知能がいくつになるかを、大学生120名に回答してもらったときの平均値を表したもの〉だという。そこで以下の設問だ。
.

【問題】
  あなたなら、「オウム」を資料のどの動物とどの動物の間に位置づけるか答えなさい。また、その理由を30字以内で答えなさい(正しい答えがあるわけではありません。理由づけの力を見るものです)。
.

◆正解よりも「思考力」
.

 この学校は「思考力入試」を3回行っていて、この分野に力を入れている学校の1つである。掲載したものは3回のうちの最初の入試回のもの(いちばん易しい)。なじみのない方は「思考力入試」というと男子の受験生のほうが多いという印象をお持ちと思うが、この学校は3回とも女子のほうが多い。
.

 この問題は設問にもある通り、正解があるわけではない。どこに位置付けてもいいから、その理由の説得性があればいいのである。初めて出会った問題に対して柔軟に思考できるか、を見ている。まさにこれから巣立っていく変化の激しい社会に対応できる力が求められているのである。
.

 まだ中学入試の大多数の問題は、学習してきたことがどの程度身についているかを見るものであるが、今回紹介したようなタイプの問題は徐々に増えつつある。また、2科・4科ではない「思考力入試」「総合入試」の受験者も少しずつ増えてきている。
.

 中学入試は大学入試より一足早く動き出している。こうした変化は、大学入試改革がもたらしたものでもあるが、その奥には経済・社会のグローバル化があるのだから、子どもたちの将来のためにも有効なものであるはずだ。

 

『引用終わり』


----------------------------------------------------------


本ブログでも、正解がないユニークな問題をたくさん紹介してきましたが、このような問題が増えていくことには大賛成です!

 

 

 

 

 

■□■□お知らせ■□■□

 

中学受験では頻出の特殊算について、どの市販・塾の問題集より詳しく解説した

★特殊算・頻出文章題がテーマ別で市販・塾の解説集よりよくわかる過去問題解説集

のサンプルは下記になります。

 

時計算のサンプルはコチラ

植木算のサンプルはコチラ

年齢算のサンプルはコチラ

覆面算のサンプルはコチラ

過不足算のサンプルはコチラ

集合(重なり)の問題のサンプルはコチラ

売買損益算のサンプルはコチラ

鶴亀(つるかめ)算のサンプルはコチラ

日暦算のサンプルはコチラ 

場合の数のサンプルはコチラ 

和差算のサンプルはコチラ

相当算のサンプルはコチラ

倍数算のサンプルはコチラ

差集め算のサンプルはコチラ

分配算のサンプルはコチラ

食塩水問題のサンプルはコチラ

平均算のサンプルはコチラ

旅人算のサンプルはコチラ

通過算のサンプルはコチラ

流水算のサンプルはコチラ

仕事算のサンプルはコチラ

ニュートン算のサンプルはコチラ

ひもが動ける範囲問題のサンプルはコチラ

 

 

 

ぽちっとお願い致します。

その一押しが励みになりますm(_ _ )m

 

 

中学校受験ランキング

 

 

人気ブログランキング

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

塾に通ったほうがいいのか、中学受験をするメリットなどについて、とても参考になる記事を見つけたので紹介します。

 

---------------------------------------------------------

 

「ねとらぼ」より一部引用。


週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の“中学受験”をテーマにした漫画『二月の勝者-絶対合格の教室-』。

 

2月9日にコミックス第1巻が発売されたのを記念して、担当編集とその妹さんにインタビューしました。

 

 担当編集の1人、千代田修平さんは東大卒。妹さんも現役東大生ということで取材の場に同席してもらい、中学受験をめぐるあれこれを聞いてみました。

 

○漫画『二月の勝者』とは?
  中学受験界のスーパー講師・黒木蔵人(くろきくろうど)。「生徒を第一志望校に絶対合格させる」という彼は“受験の神様”のような存在でありつつも、ときに怖いほど過激な発言をする“悪魔”。物語は新米講師・佐倉麻衣(さくらまい)の就職先に、黒木が新校長として赴任するところからスタートする。

 

 

―兄妹で東大合格とのことですが高学歴一家だったりするんですか?

 

 千代田兄(以下、兄):そうですね。父が東北大で、父方の祖父・従兄弟2人が東大、叔父が京大、母方の祖父と従兄弟が京大――という感じです。正月に毎年集まるのですが、下の世代には(学歴の)プレッシャーがかかっているかもしれません。

 

―すごい。2人は中学受験は経験していますか?

 

 兄:僕はしていないです。中高は公立学校だったので、受験は高校と大学でやりました。

 

 千代田妹(以下、妹):私は中学受験で桜蔭という一貫校に進みました。

 

 

―ド名門ですね。中学受験をした理由は。

 

 妹 :当初は意識していなくて、小学5年生のとき友人に連れられて塾に入ったら、そのあとは流れでやることに。クラスでそれなりの人数が通塾して受験していましたね。

 

 

―子どもだと「周りは遊んでるのになんで自分だけ勉強するの?」と思いそうです。

 

 妹:同じクラスの人たちがたくさん通ってたので疑問には思いませんでした。兄によると「両親がそういう学校を目指して引っ越した」らしいです。

 

 兄:僕らが住んでいた地域は教育熱心な人たちが集まる場所だったんです。中学時代通っていた塾が異様な進学実績をたたき出していて、何かすごいなと。後日、本で「学区年収」を見たら、全国でも上位でした。そこには僕が中学へあがるタイミングで突然引っ越して、当時は謎でしたがあれは母親の戦略だったのでしょう。要は進学率が高い学区に狙って住むことで、「周りの子もみんなそうだから勉強するのが当たり前」となる。

 

 

―すごい。漫画に「君達が合格できたのは、父親の『経済力』。そして、母親の『狂気』。」と語るシーンがありますよね。両親は教育熱心でした?

 兄:そういう認識はなかったんですが、今考えるとからめ手でくる感じですね。直で「勉強しろ」とは言わないけど能動的に勉強したいと思わせるよう環境を整えていたのかもしれません。母は「孟母三遷の教え」(※)を度々唱えていて、実際、妹が東大合格したら前の家を売って、都内に引っ越しました。

 

※孟子の母親が、墓場の近く→市場の近く→学校の近くへ引越すことで孟子の教育環境を改めたという故事。子どもの教育には環境が大事だという教え

 

 

―あらためて一般的に「中学受験をする理由」はなんだと思いますか?

 

 兄:昔は「いい大学に入るため」だと考えていたので、妹が一浪したときは一瞬「意味ないじゃん」と思いました。

 

でも、今は受験をくぐり抜けた学校には面白かったり、何かに一生懸命とりくむ子が多いと思っていて、その人たちとの関わりが大事なんだろうなと。「いい大学に入るため」はもちろん大きな理由だけど、それだけじゃない。例え受験で希望の大学に入れなくても、それまで培ってきた関係は財産になる。

 

開成出身の友人によると、あの学校は同窓のつながりが強くて、社会人になってからも活用されているそうです。悪く言えば学閥なんですけど、そういう強固な関係性は面白い。

 

 妹:今のとこ桜蔭時代のコネによってなにかを達成したことはないですけどね。

 

 

―「中学受験で人生決まる説」についてはどう考えていますか。

 

 妹:中学受験では決まらないと思います。ただ、通う学校によって出会う人は異なるので、そういう意味では何かあるかもしれません。

 兄:自分の場合、振り返ってみると通っていた公立中学が特殊でした。友人から「学校が荒れていた」と聞くと、それは大変だったんだろうなと。受験するかはともかく“いい学校”に行くのは重要かもしれません。

 

―中高一貫校の場合、高校受験で入るルートもありますよね。

 

 妹:開成などは高校入学があるのですが、桜蔭はなかったです。

 兄:高校からの入学枠は近年減っているようです。公立でも中高一貫校が増えていて、いわゆる“いい学校”に入ろうと思ったら中学からという状況が、この20年で進んでいます。

 兄:漫画でも描かれていますが、大学入試改革がこのままいったら公立高校の3年間じゃ対応できなくなるかもしれません。文科省が「地方創生」の観点から補助金を減らしている影響で、首都圏の難関私大の合格者数が相当削減されています。そのため、高校生から受験を始めると遅いのではないかという機運が高まっているようです。

 

 

―本気を出すタイミングが早まっていると。ちなみに中学入試の問題はどれくらい難しいのですか?

 

 妹:小学校の勉強だけでは絶対に解けないと思います。専用の準備を最低でも1年半から2年はやらないと難しい。桜蔭だと6年生から勉強を始めた子はほぼ聞いたことがありません。

 

 

―ずばり、塾に通ったほうがいい?

 

 妹:通ったほうがいいと思います。 周りが勉強している環境にいられるのが大きい。小学生が自力で勉強するとなると親が頑張らないと難しい。桜蔭には学年に何人か塾に通わなかった子がいたのですが、伝説になるレベルですね。

 

―“最強の塾”はどこなんでしょう?

 妹:中学受験に限ると、桜蔭の場合はSAPIXが圧倒的。入学時に既にSAPIX出身者のグループができていました。二番手は日能研で、それ以降はバラバラですね。

 兄:関東だとSAPIXが強くて、関西は浜学園などが有名です。

 

 

―漫画だと成績順に席が並んでいますが、実際どうなんです?

 兄:日能研などは右上が一番、左下が最下位みたいですね。

 妹:私が通っていた塾はそういう順番ではなかったです。とはいえ自由席ではなく指定席で、先生が決めていました。出来が悪い方が前になっていたような。あとは視力とか。

 

 

―ちょっとほっとしました。中学受験の攻略方法は何かありますか。

 妹:環境ですかね。自分にあった塾、先生を見つけること。私の場合は圧倒的に先生の影響が大きいです。先生の良しあしを外から見抜くのは難しいのですが、一般的に上位のクラスにいい先生がいるので、頑張って一番上のクラスに行くことが大事だと思います。

 

 

―いい先生は何がいいんでしょう。

 

 妹:私が影響を受けた先生についていえば、その先生を嫌いな生徒は1人もいませんでした。けっこう厳しかったのに、みんなが慕う人間性、あとは単純に授業が面白かったですね。毎週カリキュラムが配られて、「A:絶対やること」「B:できる範囲でやること」「C:できればやること」と三段階から生徒が選んで、苦手科目はAだけ、得意科目はCまでみたいに自主的に勉強していました。

 兄:妹の受験終了後に参考書を積み上げて記念写真を撮ったのですが、身長を超えていてハンパないなと思いました。

 

 

―東大に入る上で中学受験は重要ですか?

 

 妹:東大は地方出身の子が相当数います。その人たちは基本的に中学受験をしていないので、そう考えるとあまり重要じゃないような。

 

 

―最後に、中学受験をやってよかったですか?

 

 妹:桜蔭で出会った友人がすてきなのでやってよかったです。入学したときにショックだったのは、みんなの学力もさることながら、優しさのレベルが高かったこと。精神的に大人な子が多くて、自分もその域に行かなきゃ……と思いました。

 

『引用終わり』

---------------------------------------------------------

 

「中学受験をするメリット」について、

受験をくぐり抜けた学校には面白かったり、何かに一生懸命とりくむ子が多く、その人との出会いが大きいと言っていますが、これについては私も同感です。

 

囲碁や将棋が強かったり、虫や天体などについて大学教授並みに詳しかったり、好奇心が強く個性的で、なにかに一生懸命努力している子との出会いは刺激を受けるでしょう。

 

 

塾に通ったほうがいい理由については、 周りが勉強している環境にいられるのが大きく、小学生が自力で勉強するとなると親が頑張らないと難しいと言っています。

 

これも確かにそうだと思います。

 

このブログでも紹介していますが、塾に通わずに合格した子は、親が熱心に教えています。

 

ただ、塾に通わせていても、その塾の先生の力量や指導方針が大きく影響します。

 

また、家でも子供が勉強する時間、環境を十分に整えてあげることが重要だと思います。

栄養のある愛情のこもった食事、子供が勉強する時間に、親もなにか本を読むとか、勉強する時間をつくる。母親は家事で十分です。

 

『親の背を見て子は育つ』といいますが、子供に勉強させたかったら、親も自分が勉強する姿を見せればいいのです。

 

 

 

 

■□■□お知らせ■□■□

 

中学受験では頻出の特殊算について、どの市販・塾の問題集より詳しく解説した

★特殊算・頻出文章題がテーマ別で市販・塾の解説集よりよくわかる過去問題解説集

のサンプルは下記になります。

 

時計算のサンプルはコチラ

植木算のサンプルはコチラ

年齢算のサンプルはコチラ

覆面算のサンプルはコチラ

過不足算のサンプルはコチラ

集合(重なり)の問題のサンプルはコチラ

売買損益算のサンプルはコチラ

鶴亀(つるかめ)算のサンプルはコチラ

日暦算のサンプルはコチラ 

場合の数のサンプルはコチラ 

和差算のサンプルはコチラ

相当算のサンプルはコチラ

倍数算のサンプルはコチラ

差集め算のサンプルはコチラ

分配算のサンプルはコチラ

食塩水問題のサンプルはコチラ

平均算のサンプルはコチラ

旅人算のサンプルはコチラ

通過算のサンプルはコチラ

流水算のサンプルはコチラ

仕事算のサンプルはコチラ

ニュートン算のサンプルはコチラ

ひもが動ける範囲問題のサンプルはコチラ

 

 

 

ぽちっとお願い致します。

その一押しが励みになりますm(_ _ )m

 

 

中学校受験ランキング

 

 

人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:

ここ数年で難関私大附属中の倍率が上昇しています。

 

その理由について、NEW ポストセブンの記事を見つけたので、一部引用します。

 

----------------------------------------------------------

 

2020年に予定されている大学入試改革によって、日本の受験界に激震が走っている。文科省は次世代の日本人に求められる力を「自ら課題を見出し問題を解決する力」とし、高校・大学の教育課程を全面的に見直す。その一環として、現行のマークシート主体のセンター試験が廃止され、新たに「大学入試共通テスト」が導入される。これまでにはなかった記述式のテストが国数で導入され、英語に関しては「聞く」「読む」に加え「話す」「書く」の4技能評価となり、試験の外部委託も予定されている。
.

 2年後に迫ったこの改革にあたって今、“中学受験”に注目が集まっている。中高一貫校、なかでも難関私大の附属中学校の受験倍率はここ数年、全体的に大きく上昇している。NHKおはよう日本でも取り上げられた中学受験塾を舞台にした漫画作品『二月の勝者-絶対合格の教室-』(小学館ビッグコミックスピリッツ連載)の作者で漫画家の高瀬志帆氏にその理由を聞いた。

──中学受験がひと際、熱を帯びてきているように見えます。
 

高瀬:「大学受験」と聞くと遠い未来に感じるかも知れませんが、現小6生はこの新テスト導入後の世代。決して遠い未来の話ではないのです。既に新テストの記述式問題のモデル問題が公開されており、公立高校でプレテストを実施したところ、ある生徒は「今の学校の授業だけではこの問題は解けない」と。
 

 高校の3年間だけで、果たしてこの新テストに対策がしきれるのか、という不安に対して、すでに多くの私立中学は、中高一貫の6年間でこの新テストに準備することを表明しています。変革への不安と、一貫教育への期待から、注目が高まっているのではないでしょうか。
.

──中高一貫校は増加の一途です。
.

高瀬:ただ、高校募集をやめた学校が増加しています。いわゆる“御三家”も、高校から入れるのは男女6校中開成の1校のみです。私立だけでなく、公立の中高一貫校も増加しており、首都圏に22校あります。親が高校から通っていた母校が、今は中高一貫になっていて高校受験できない、というケースは意外と多いんじゃないでしょうか。親の世代が受験した時代と較べて、選択肢は減っていると思います。

 


──難関私大の附属中学校の倍率が大きく上昇しています。平均すると4倍から7倍の狭き門と言われています。
.

高瀬:2015年、文科省は定員を上回る私大への補助金カットの方針を打ち出しました。首都圏に学生が集中している状況を打開するためのものです。2016年から段階的に定員超過数が厳格化されてきており、特に難関私立大学の合格者数はすでに大幅に削減されています。
.

 早稲田・明治・青学に至っては一昨年(2016年)と前年(2017年)で各2000人超の削減。難関私大全体で1万人超の削減となっています。この合格者数減を受け、大学受験を避け、附属中から入る動きが加速し、その結果難関私学附属校は軒並み倍率が上昇しています。実際に、厳格化が開始された2016年と較べて今年2018年の倍率は、慶應義塾中等部は6.5倍から7.3倍に上昇。明治大学付属中野八王子中学に至っては2.3倍から4.3倍に急上昇しています。難関私大附属中学全体で、平均して1ポイントから1.5ポイント上昇しているのです。
.

──『二月の勝者』の舞台は中学受験塾ですね。
.

高瀬:中学受験は、義務教育だけで合格するのはかなり困難です。ほとんどの子どもは4年生から、遅くとも6年生の春から中学受験塾に通います。本書で中学受験塾を舞台にしたのは、中学受験を親子のドラマとしてだけ描くのではなく、それを主に支える塾業界、その職業にスポットを当てたかったからです。
.

 親が子どもの将来を真剣に考えた結果として中学受験を選んだ事情。そして子どもにとっても自分ごとになってからの真剣な気持ちや努力。それを支える塾。世間一般のイメージとは違い、大人のエゴだけではない、“二月の勝者”となるためのそれぞれの真剣な闘いがそこにあります。
.

──最近の中学受験塾の実態とは?
.

高瀬:本書は、大手受験塾を辞め、中堅受験塾の校長として赴任した黒木蔵人が、「親はスポンサー」「金脈」と受験のタブーを次々と露わにしていきます。一方で、<受験当日に公式を忘れた他校の生徒><偏差値40の子供><塾を辞めたい生徒>などを結果的に救い、「全員第一志望合格」を公約します。

 


 エンターテインメントとして所々に過激な表現はありますが、子どもを“二月の勝者”とするために塾では何が行われているのか。例えば、作品の冒頭で受験当日の早朝に、塾講師たちが志望校の門前に集合し、雪をかぶって塾生を応援するシーンがあります。一見やり過ぎで馬鹿馬鹿しく見えるかも知れませんが、実際に塾生達に話を聞くと、応援が嬉しかったり、緊張がほぐれて平常心を取り戻せたりと、明確な効果が出ているんですね。
.

 必ずしもいわゆるガリ勉タイプだけが受験向きという訳でもありません。サッカーなどチームスポーツを続けてきた子どもは、競争意識や、目的に向かってやるべきことを組み立てる経験値が高く、これは中学受験に生かせることがあります。ピアノをずっとやっていた子どもは、長時間椅子に座って集中する習慣が身についています。こういった子どもの個性は、受験勉強の進め方や、モチベーションのスイッチが入るタイミングに大きく影響します。受験を切っ掛けにあらためて子どもと向き合うことになる親はとても多いです。
.

 また、中学受験塾の授業というと、異常な緊張感の中で黙々と、画一的な詰め込み勉強をしている印象があるかもしれませんが、トップクラスの講師の授業ほど、授業中に笑いが起きたり、活発に生徒が発言していたりします。義務教育と違って塾講師は評価によって待遇が変わります。彼らは小学生を集中して学ばせることに関して、プロなのです。『二月の勝者』には長期にわたって塾や講師、保護者等に取材してわかったこういった実態が沢山詰まっています。
.

──今後、中学受験は更に加熱していくのでしょうか。
.

高瀬:本書の裏テーマは「教育格差」です。大学受験改革を筆頭に、今、子どもたちは変革の波の真っ只中にいます。一方で、中学受験というチャンスを持った子ども、そうではない子ども、かなり格差があります。果たして、子どもを取り巻く環境はこれでいいのか? 世の中はこれでいいのか? 今の子どもたちの未来は? 今の子どもを取り巻く環境や事情、それを更に取り巻く大人たちの事情をリアルに描くことで、読んだ後に少し立ち止まって考えるきっかけになれば嬉しいです。

 

「NEW ポストセブン」

----------------------------------------------------------

 

引用終わり

 

難関私大の定数削減から大学受験を避け、附属中から入る動きが加速しているということですね。

 

難関私大附属中の入試問題は、小学校の授業ではほとんど習わない「特殊算」が頻出です。

 

このブログでも何度も紹介していますが、特殊算を早いうちからマスターすることが合格への近道です。

 

 

■□■□お知らせ■□■□

 

中学受験では頻出の特殊算について、どの市販・塾の問題集より詳しく解説した

★特殊算・頻出文章題がテーマ別で市販・塾の解説集よりよくわかる過去問題解説集

のサンプルは下記になります。

 

時計算のサンプルはコチラ

植木算のサンプルはコチラ

年齢算のサンプルはコチラ

覆面算のサンプルはコチラ

過不足算のサンプルはコチラ

集合(重なり)の問題のサンプルはコチラ

売買損益算のサンプルはコチラ

鶴亀(つるかめ)算のサンプルはコチラ

日暦算のサンプルはコチラ 

場合の数のサンプルはコチラ 

和差算のサンプルはコチラ

相当算のサンプルはコチラ

倍数算のサンプルはコチラ

差集め算のサンプルはコチラ

分配算のサンプルはコチラ

食塩水問題のサンプルはコチラ

平均算のサンプルはコチラ

旅人算のサンプルはコチラ

通過算のサンプルはコチラ

流水算のサンプルはコチラ

仕事算のサンプルはコチラ

ニュートン算のサンプルはコチラ

ひもが動ける範囲問題のサンプルはコチラ

 

 

 

ぽちっとお願い致します。

その一押しが励みになりますm(_ _ )m

 

 

中学校受験ランキング

 

 

人気ブログランキング

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。