1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-11-30 11:38:30

映画「ヴァージン・スーサイズ」 ★★★

テーマ:★映画 は行
ビデオメーカー
ヴァージン・スーサイズ


映画「ヴァージン・スーサイズ」
アメリカ(1999)


《公開時コピー》
ヘビトンボの季節に逝ってしまった5人姉妹。僕たちは残された思い出の破片をかき集める。


監督:ソフィア・コッポラ

出演:キルスティン・ダンスト、ハンナ・ホール、ジョッシュ・ハートネット、ヘイデン・クリステンセン


 美しくてかわいく、それでいてどこか謎めいたところのあるリズボン家の5人姉妹。ヘビトンボが、美しい郊外の街を覆いつくす6月、そんな5人姉妹の末妹セシリアが聖母マリアの写真を胸に抱きながら、剃刀で腕を切った。一命はとりとめたものの、彼女は数日後、自宅で開かれたパーティーの最中、窓から身を投げて命を落とす。繊細でかつ危うさを秘めた思春期の少女達の揺れ動く心情を、巨匠F・F・コッポラの娘にしてこれが監督デビュー作のソフィア・コッポラが瑞々しいタッチで描いたドラマ。





監督さんは写真家なので


画がとてもきれい


レコードで想いを伝える場面は


すごい好きで


青春ってこういうことだよなあって感じる



ひとつひとつの場面からにじみだす色彩の表現は


柔らかくやさしく心に染み込む




動く写真集をみているようで


その表現力に魅了される




5人の姉妹の切ない物語と


やさしい映像作りが


静かにまじわり




繊細な青春時代に


溶け込んでいく

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-11-28 14:47:57

映画「天空の城ラピュタ」 ★★★★

テーマ:★長編アニメ
スタジオジブリ
天空の城ラピュタ DVDコレクターズ・エディション

映画「天空の城ラピュタ」

日本(1986)長編アニメーション


《公開時コピー》
ある日、少女が空から降ってきた・・・


監督:宮崎駿

声の出演:田中真弓、横沢啓子


 スウィフトの「ガリバー旅行記」をモチーフに、宮崎駿がオリジナル原案で描いた冒険アクション。空に浮かぶ伝説の島“ラピュタ”や反重力作用を持つ“飛行石”といったファンタジックなプロット、そして躍動感溢れるストーリー&卓越した演出など、宮崎監督の手腕が冴える傑作娯楽活劇。
 スラッグ峡谷に住む見習い機械工のパズーはある日、空から降りてきた不思議な少女を助ける。その少女・シータは、浮力を持つ謎の鉱石“飛行石”を身につけていた。やがてパズーは、飛行石を狙う政府機関や海賊たちの陰謀に巻き込まれ、かつて地上を支配したという伝説の天空島「ラピュタ帝国」に誘われてゆく。





ファンタジーの最高峰


これだけ奥行きのあるの作品は他にはない


世界がとてつもなく広く、大きく、存在感がある



それでいて丁寧にまとめられ


見事なまでの構成力で仕上げている



映画的な要素でみて

素晴らしい出来あがりとかを超えて


ただ単純に「ラピュタ」にはまってしまう



宮崎駿さんは


僕らの夢も乗せて


最高の作品をつくり、を、希望


そして映画の楽しみ


教えてくれた☆

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-11-25 11:55:37

映画「スティング」 ★★★

テーマ:★映画 さ行
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
スティング

映画「スティング」

アメリカ(1973)


《公開時コピー》
いっちょ カモろうぜ!
ロバート・レッドフォード、ポール・ニューマン「明日に向って撃て!」の名コンビ、何を狙うか大物仕掛人--


監督:ジョージ・ロイ・ヒル

出演:ロバート・レッドフォード、ポール・ニューマン、ロバート・ショウ


 1936年。シカゴの下町で、詐欺師の3人組が通り掛かりの男をヒッカケて金をだまし取る。しかし彼らが手にしたその金は、いつもとは段違いの思わぬ金額だった。悪い予感は的中。その金は、ニューヨークの大物ロネガンの手下が、賭博の上がりをシカゴへ届ける為の金だったのだ。怒った組織は、仲間の一人であるルーサーを殺害。彼の復讐を誓ったフッカーは、助けを求めて、賭博師ゴンドルフを訪ねた。最初は嫌がっていたものの、ロネガンの名を聞いて目を光らせるゴンドルフ。2人は、ロネガン相手に一世一代の大バクチを企てるが……。





テンポがよくすごく観やすい



登場人物の多さやストーリーの複雑さ

伏線の巧妙な張り方

役者の演技音楽



なにをとってもうまくまとめられていて


且つ大胆に観客をも巻き込む




全てに魅せられたかと思うと


巧妙に仕掛けられたにやられる




スマートにさりげなく欺く技は

やれれたという悔しさよりも


こいつやるな!っとニヤっと笑って返せるくらい

華麗に決められる

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-24 11:40:57

映画「エレファント」 ★★★

テーマ:★映画 あ行
ジェネオン エンタテインメント
エレファント デラックス版

映画「エレファント」

アメリカ(2003)


《公開時コピー》
アイダホ州ポートランド。
アメフト、図書館、カフェテラス、写真部、ダイエット。
ごく普通の高校生たち。

いつもと同じ1日だと思ってた。


監督:ガス・ヴァン・サント

出演:ジョン・ロビンソン、アレックス・フロスト、エリック・デューレン


 1999年に起きた米コロラド州コロンバイン高校の銃乱射事件をモチーフに、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のガス・ヴァン・サント監督が、事件が勃発するまでの高校生たちの一日を淡々と描いた青春ドラマ。なお、本作は2003年カンヌ国際映画祭でパルム・ドールと監督賞のW受賞という史上初の快挙を果たした。
 オレゴン州ポートランド郊外のワット高校。ある初秋の朝、生徒たちそれぞれの、いつもの一日が始まる。ジョンは、酒に酔った父と車の運転を交代して学校に到着。だが、遅刻した彼は校長から居残りを言い渡される。写真好きのイーライはポートレート制作の真っ最中。女子に人気のアメフト部員ネイサンはガールフレンドと待ち合わせ、食堂では仲良しの女子3人組がダイエットや買い物などの話で持ちきり。そんな中、いじめられっ子で内向的なアレックスとエリックは、ネットで入手した銃器を手に学校へ向かっていた…。




ただ淡々とあるいつもと変わらない一日


昨日と同じ一日がまた今日も始まると思っていた




内面に迫った作品ではないし

そんな必要はない


起こった事実があるだけ



映画全体に空虚感が漂う



ゲームの真似だとか

銃があるからとか

映画があるからとか


そんなことろに理由はない




理由を探すから

動機を探すから


本当の心理がみえなくなるのだと思う


何もないのだと思う



ただいつもと同じ一日を変えたかったのかも知れない




そこに悪意はないし少年の素直な純粋無垢な想いが感じられ


心にぽっかりとおおきな穴をあけられた

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-11-22 14:02:38

映画「最後の恋のはじめ方」 ★★☆

テーマ:★映画 さ行
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション

映画「最後の恋のはじめ方」

アメリカ(2005)


《公開時コピー》
その想い、恋にしましょう。


監督:アンディ・テナント

出演:ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ、アンバー・ヴァレッタ


 ニューヨークを舞台に、恋愛の指南役が恋の手ほどきを伝授するロマンティック・コメディ。恋愛テクニックに自信を持ちながら、一筋縄ではいかない自分の恋の行方に苦しむデート・コンサルタントを描く。監督は「アンナと王様」「メラニーは行く!」のアンディ・テナント。主演は「アイ,ロボット」のウィル・スミス。
 独自の理論と的確なアドバイスで恋愛に不器用なニューヨークの男性たちを幸せへと導いてきたデート・コンサルタントのアレックス・ヒッチ。過去に辛い失恋を経験した彼は、世の男たちが自分と同じ失敗をしないようにと、この仕事を始めた。ある日ヒッチは、顧客であるコール財団のセレブ、アレグラに恋をしたという小太りの冴えない会計士アルバートから依頼を受ける。ヒッチの指導を受けて順調に事が運んでいくアルバート。一方、ヒッチもある夜、ゴシップ記事専門の女性記者サラと出会い、デートにこぎつけるのだが…。




いまの心境ににているからなのか


すごく心に響きました




デート・コンサルタントという仕事に誇りをもっている


こいつにはチャンスを与えたいと思う人にしか力は貸さない




微妙な心の感覚葛藤を生み出し


そして誤解を招く




相手役が記者という設定がまたいい


事実を知ってしまった彼女



大スクープをとるか愛をとるか





お互いの気持ちが誤解を招き


さらにお互いのまわりをも巻き込み


どんどんと絡み合っていく




自分が本当は恋愛について一番奥病だという真実


それを素直に受け入れ新しい自分をみつける




恋愛という形のないものを扱うビジネス


そこには絶対的なマニュアルなんてない




あたりまえのことだけれど


だからこそ人生は楽しい

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-11-21 12:38:51

映画「キャスト・アウェイ」 ★★★☆

テーマ:★映画 か行
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
キャスト・アウェイ

映画「キャスト・アウェイ」

アメリカ(2000)


《公開時コピー》
世界の果てで彼の旅が始まった…


監督:ロバート・ゼメキス

出演:トム・ハンクス、ヘレン・ハント


 「フォレスト・ガンプ/一期一会」のトム・ハンクスとロバート・ゼメキス監督が再びコンビを組んだ人間ドラマ。飛行機事故で無人島に取り残された男の生還への孤独な戦いの姿を描く。映画の大半をトム・ハンクス一人で演じ、体重も25kgの減量に挑むなどの熱演を見せる。チャックはフェデックスに勤めるシステム・エンジニア。ある日、彼の乗った飛行機が太平洋上で墜落。奇跡的に一命は取り留めたものの、彼が流れ着いた先は誰もいない無人島だった……。




とにかく本物を追求している



序盤の墜落シーンは圧巻!!


一瞬何がおこったのかわからない飛行機の中で

鳥肌のたつ恐怖が伝わってくる!




中盤の無人島も徹底的に本物を追求している

音楽がなく、音響だけで魅せる!!



そこにトム・ハンクスの本物の演技が交われば


ひとりの人間がひたむきに生きる姿に涙する




セリフもなく


ただただ映像で魅せる!!



画面いっぱいに


人の感じるすべての想いが


あふれだす



無人島から帰ってきた主人公のみた”現実”も本物を追求している


ただの恋愛ではない


ただの人間ドラマではない



現実と向き合う勇気を感じる



自分の””は自分自身で選べる


生きる”か”死ぬか


どうすべきか?

どうしたいのか?


すべての選択は自分にある




ありあまる時間があったとしても

生きているとは言えない



限りある時間の中で

自分の歩むべき””を



自分自身で選択することが


本当に生きるということ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-11-18 10:47:27

映画「ベルヴィル・ランデブー」 ★★☆

テーマ:★長編アニメ
ブエナ・ビスタ・ホームエンターテイメント
ベルヴィル・ランデブー

映画「ベルヴィル・ランデブー」

フランス/ベルギー/カナダ(2002年) 長編アニメーション


《キャッチコピー》
ベルヴィルへ、ようこそ!

最愛の孫・シャンピオンを救うため、おばあちゃんと愛犬・ブルーノの不思議な大冒険が始まる!



監督:シルヴァン・ショメ


 イギリスでアニメのキャリアをスタートさせたフランス人アニメーター、シルヴァン・ショメの長編デビュー作。誘拐された孫の救出に奔走する祖母の大冒険を、セリフを極力排し、露悪的にデフォルメされたキャラクターと毒気の利いたストーリーで描いたナンセンス・アニメ。アカデミー賞長編アニメ部門にノミネートされたほか、NYやLAの批評家協会賞を受賞するなど2003年の映画賞レースを席巻した。また、劇中で三姉妹が歌う主題歌をはじめジャジーな音楽も評判に。
 戦後間もないフランス。内気で孤独な孫のシャンピオンを元気づけようとおばあちゃんはいろいろな物を買い与えたが、シャンピオンはどれにも興味を示そうとしなかった。そんなある日、おばあちゃんはシャンピオンが自転車に強い興味を抱いていることを知る。やがて、シャンピオンは一流の自転車選手になるため、おばあちゃんと二人三脚で厳しいトレーニングに励むようになる。そしてついにシャンピオンは自転車レースの頂点“ツール・ド・フランス”に出場するまでに成長した。ところがレースの途中、シャンピオンは何者かによって誘拐されてしまう…。孫の行方を追うおばあちゃんは、愛犬のブルーノを連れ、海を越えてはるばる摩天楼そびえる大都会“ベルヴィル”までやって来る。





キャラクターがグロかわいく魅入ってしまうが


内容がないために途中からだれてしまう




ただ技術はほんとに素晴らしいと感じる


音楽から

キャラクター設定

セリフのない観せ方


なにをとっても一流の技がある

描写力が抜群に秀でている!!



ベルヴィルの世界に入り込み

共に空間を味わい

楽しめる作品に仕上がっているのは間違いない☆

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-11-12 15:42:27

映画「海猿 ウミザル」 ★

テーマ:★邦画
ポニーキャニオン
海猿 スタンダード・エディション


映画「海猿 ウミザル」
日本(2004)


《公開時コピー》
カッコつけてちゃ、
命は救えない。


監督:羽住栄一郎

出演:伊藤英明、加藤あい


 人命救助のエキスパート“潜水士”を目指す若き海上保安官たちの奮闘と友情、恋愛を爽やかに描いた青春ドラマ。TV「ブラックジャックによろしく」の著者・佐藤秀峰が週刊ヤングサンデーで連載していた人気コミック『海猿』を実写映画化。主演は「陰陽師 ~おんみょうじ~」シリーズの伊藤英明。史上初となる海上保安庁の全面協力により、リアルで迫力ある海洋シーンの撮影に成功。
 すべての海上保安官の中で、わずか1%しかいない人命救助のエキスパート“潜水士”。壮絶で過酷な訓練が課される上、常に死と隣り合わせである職務ながら、今回もまた選りすぐりの若者たち14名が研修を受ける資格を得た。その一人、仙崎大輔も海難救助の精鋭を目指すべく研修に臨んでいる。マスターライセンスを持つ彼は、主任教官・源からの指示で、劣等生だが純粋な動機で潜水士の道を選んだ工藤とバディを組み、互いに切磋琢磨して数々のハードな訓練をパスしていった。そんなある日、大輔は環菜という女性と出会い、急速に惹かれ合っていく…。





ほんとにこれが海上保安庁全面協力???


NASA全面協力天と地ほどの差があるよ・・・





海上保安官の中のたった1%の人命救助のエキスパート???


そんな訓練にも感じなかったし、迫力のかけらも感じない




そこを目指してる人が普通の救助で命おとす??


ただ泣かせたいだけと感じる




上に逆らった行動が訓練ってのはまだわかるとして

そんなにあっさり納得してどうすんの??


なにもに響かないよ





全てにおいて


行動に意味を感じないし


映画の中のストーリーが制作側によって導かれてる




なにもかもが作りもの


映画の中の世界が何も感じない

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-11 11:09:59

映画「夜の蝶」ラウル・セルヴェ作品集 ★★★★

テーマ:★短編アニメ
ジェネオン エンタテインメント
「夜の蝶」ラウル・セルヴェ作品集

映画「夜の蝶」ラウル・セルヴェ作品集

ベルギー(2000)


 サブカルチャー界のクリエイターから熱い支持を受けるベルギーのアニメーション作家、ラウル・セルヴェによる劇場作品。2000年にユーロスペースで封切りされ、翌年までのロングランを記録。以降は全国で劇場公開された。幻想的な世界を描くことで知られる画家、ポール・デルヴォーの絵画から抜け出した美しい女性たちが優雅に踊りだす「夜の蝶」、社会風刺のメッセージが込められた「クロモフォビア」他、「語るべきか、あるいは語らざるべきか」など全5作。





5作品とも全くタッチが違う


それでいてラウル・セルヴェ自身の独特の雰囲気を壊さない


世紀の大傑作です☆



とくに

「クロモフォビア」「夜の蝶」は大傑作!




「クロモフォビア」


かわいらしいキャラクターを使ってるから

社会風刺のメッセージがいやみにならない


キャラクターとメッセージのギャップ

ぐいぐい引っ張られ魅了される


その世界に

確かなものはなく


全てが何かを伝えようとしている




「夜の蝶」


ただ美しい映像美でみせる!


たった7、8分の作品で

女性が踊るのみ


その一時に空間


なぜかする



なんともいえない感情が胸を打ち


なにかが溢れ零れ落ちる





この作品集は


アニメという枠ではおさまらない


なにかとてつもないエネルギーを秘めている☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-10 11:53:46

映画「ゴーストワールド」 ★★★★

テーマ:★映画 か行
ジェネオン エンタテインメント
ゴーストワールド

映画「ゴーストワールド」

アメリカ(2001)


《公開時コピー》
ダメに生きる


監督:テリー・ツワイゴフ

出演:ソーラ・バーチ、スカーレット・ヨハンソン、スティーブ・ブシェミ、ブラッド・レンフロ


 全米の若者の間でカリスマ的人気を誇るダニエル・クロウズの新感覚コミックを映画化したおしゃれでキッチュでとびきり切ない低体温系青春ムービー。イーニド(T・バーチ)とレベッカ(S・ヨハンソン)は高校を卒業した今も進路も決めないまま好きなことだけしてフラフラする毎日。ある日、二人は新聞の出会い系の広告に載っていた中年男をダイナーに呼び出し、待ちぼうけを食っている惨めな姿を見て暇を潰す。しかし、イーニドのほうはその中年男シーモアのことがなぜか気になる。やがて、シーモアの趣味である古いブルースのレコードをきっかけに二人の奇妙な交流が始まるのだが……。若い女の子に年甲斐もなく恋してしまうダメ中年男をインディー界のカリスマ、スティーヴ・ブシェミが演じ、音楽オタクの悲哀を見せ泣かせる。




キャッチコピーが最高にハートをくすぐる!!




ただ周りに流されるのも嫌だけど


自分はいったい何がしたいのかわからない




自分のセンスは最高であると信じ


周りはバカだと感じる




でも結局は


したいことが見つからずにやつあたりしてるだけ




その感覚って絶対に誰もが経験してること




いったい自分はなんなのか??


何がしたいのか??


どうなりたいのか??


ほんとにこれでいいのか??




ダメに生きたっていいやん


迷うことでまた新しい自分が発見できるから




むちゃくちゃでも


もがいてもがいて


くるしんで


それでダメでもいいやん




まず今の自分にできることから始めれば


どんなに小さくても


ほんの少しでも


一歩進んだことで


何かが変わり始める




ハイセンスなビジュアルと


ポップなカラーにミュージック


青春を生きる少女たちの繊細な心




結局最後までダサいままだけれど


環境を変えようとする


そこからきっと何かが始まる

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Powered By イーココロ!

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。