頭は相変わらず


グルグル思考が止まらない状態。。。




だからって思考がまとまって


自分の中に列記とした答えが出たかと言えば


そうでも無いのだけど。。。




自分の中に劣等感があって


ダメな自分を呪うように生きてたとして


それが大きければ大きいほど


実は強い人間になれるって知ってた?




人並みにいろんな事が出来なくて


ダメだと思ってる人間ほど


実は強い人になれる




ダメな自分を認めるんだよ


自分はダメなんだ、これが本当の自分なんだ!って




人間なんて所詮泥臭い生き物なんだよ


それなのにそこを隠して美化して取り繕おうとするから


自分が苦しくなるの



そこを認めて


本当の自分をさらけ出していいんだよ



わたしが若旦那君にしてきたように


ダメな自分をさらけ出して生きるの




それでもそばに居てくれる人、自分を支えてくれる人が本物なんだよ



そんな人が誰も居なかったとしたら


自分が自分の絶対の信者になるの




自分の心意外誰も信じなくていいよ



安っぽくて嘘くさい信頼なんていらないの







綺麗なものだけを見て汚いものにふたをして生きてたとして


その事に何も感じない人は


そのまま生きていっていいんじゃない?




この記事では論外の方たちなのでね。




キレイゴトだけじゃ生きられない事は


ちゃんと自分と向き合ってる人は知ってるはず




怒りとか悲しみのパワーって


凄いんだよ



でもその怒りを周りに向けず


自分に向けて欲しい



自分がダメを受け入れて自分が変わるの


もう自分を取り繕う事をやめていいよ





わたしね何故強烈な孤独を感じて生きて来たのか


少しわかった




わたしは繊細で傷付きやすかったんだ




だから独りで良かった




だって自分に嘘がつけないもの


適当が出来なくて


他者に適当に合わせる事も出来なかった




人間の本質は


わたしには合わない感性だからね




そこから


まだまだ掘り下げている途中に、わたしはまだいるんだ。。。







*チョコミント*