ちょい旅スピ気分 龍福寺編 | 繊細さは武器☆ネガティブは宝☆3分で1個心のブロック解除と赤もちでママを笑顔に!スマイルリーダーさがみほ

繊細さは武器☆ネガティブは宝☆3分で1個心のブロック解除と赤もちでママを笑顔に!スマイルリーダーさがみほ

日本マインドブロックバスター®︎協会インストラクター、子育てカウンセラー協会認定マスターインストラクターさが みほです。繊細さんのあなたもネガティブさんのあなたもすばらしい存在!あなたらしさを取り戻し心から笑顔になりたい方は私に会いに来てくださいね。

3分で1個心のブロック解除 
マインドブロックバスターと

知らぬは悲劇 知れば喜劇
赤ちゃんともち で
《子どもとの時間をもっとhappyに》
◯12月3日火曜日
せっちゃん、ゆみおちゃんと3人イベント
reborn vol.1

◯12月10日火曜日
3.X'mas 癒しtime
❤︎子育てママ応援企画❤︎

◯12月17日火曜日
虹色の贈り物

ガーベラガーベラガーベラガーベラガーベラガーベラガーベラガーベラガーベラガーベラガーベラガーベラガーベラ

皆様こんばんは。
今回は、ちょこっとスピ風味な
さがみほの日常ブログです。
えっと、長いよ爆笑
興味ない方はスルーで(笑)
また覗いていただけたら嬉しいです。



先日、母の命日でした。
お墓は遠く離れているので
行くことはできなかったんですが、

なんとなく、母と話したい時があると
空とか海に近い場所にドライブしては、
見えないお母さんとお話するって感じで
よく秋吉台に行くんですよ、私。

で、先日午前中ぽこっと時間が空いたので
久しぶりに行こうと思って
お友達に秋吉台に行ってくるねー、なんて
メッセージのやりとりしていたら、
そのやりとりの中でふと出てきた
ある場所の写真。

そのお友達が言うには、
なにやらこの写真を見ると
体が反応するらしい。

そしたらふと気づく。

あれ?私 昨日
この場所への行き方を調べたぞ?
なんでだっけ?

そう、何故か私
行く予定もないのに
この場所調べてたんですよ!!!
どの辺なんだ〜?とふと思って。
すごくない?

びっくりびっくりびっくり

そこでもう、
今日の行き先、秋吉台ではないな、と思い
「なんか、ここ!って思ったから
今からここ行く!」
2人のお友達に宣言しすぐさま出発。


行ってきたのでございます〜。


わりと近くにあったこの場所は
山口市にある、龍福寺というお寺です。

朝早かったのでほとんど人がいなくて
とても静かでした。


ちょうど紅葉が見頃で
私は写真を撮っていたのだけど
なぜか寒くないのに鳥肌が立つ。
そして、くぅ〜っと目頭が熱くなり
なんだか泣きそうになる。



その様子を友達にレポートしながら
なにか感じた?と聞かれて


私には、ここが波動が高いとか
なにかが見えるとかは
残念ながらわからないのですが

ただひたすら鳥肌は立つので
素直に その場で
ただただ 感じてみました。


そしたら
紅葉が人の手の形に見えてきて…

ここからがなにやら
メッセージっぽい。

↓↓↓
手を重ねること。

いろんな大きさ、
いろんな色、
大人も子どもも
人種の垣根さえもなく

押したり引いたりすることなく
あらがうことなくただそこに積もる

バラバラなようだけれど
見ていてごらん。
たくさん重なっていくと
こんなにも綺麗な色を作り出せるんだよ。



そこで、お空の母に向かって
お話ししようと顔をあげて
さらに紅葉を見ていたら
葉っぱが雨で濡れていて
キラキラと光って見えて
それがさらにぐるぐるーって回って

回る 廻る、循環   

というワード、


そして、大きくどーんと
チャージ というワードが
降りてきた!

これが、降りてきた、というのだろうか??


助けようとか 救おうとか
誰かのこと、そんなふうに思っていない?

あなたは ただ 
手を重ねて
ぬくもりや
あたたかさを伝えて
誰かのやる気を
チャージせよ!!!


なぜか、私はそこで号泣。

手を重ねる。
まさにブロック解除じゃん。

私は私でいいんだと
紅葉が教えてくれたように
感じたのでした。


その後、お空の母に
今日は空が近いところに
行かなくてごめんね、と
伝えたところ


なに言ってるの、わざわざ来なくても
いつでもそばにいるんだから(笑)

みたいに言ってくれた気がしました。





この場所ね、
来てみて思い出したんですが
私 昔、ここに来たことがある。

なにか意味があるのかな?


いろんなメッセージや気づきをいただき
そして、気になる謎も残しつつ(笑)
私のちょい旅スピ気分は
終わりとなりました。


そして、
1番この場所の写真に反応していた
この方のレポへと続くのでした〜。
なにか、見えたらしいよ!
↓↓↓



そして、最後にこの場を訪れて
締めてくれるのは…  むふふチュー