ランニングマシン | ほりっちの徒然日記

ほりっちの徒然日記

日々の徒然を綴ります。

どうもほりっちです!

以前にもマラソンを趣味の一つというか健康のため
というのが主な理由なのですが、ランニングはライフワーク
の一つになっています。



あったかい時期は基本的に外を走るのですけどね、
今のような寒い時期は、ジムに行ってマシン使って
走っています。

↑のランニングマシンがズバリの機械です。

ふと、ランニングマシンの効果というかメリデメについて
備忘録として記事アップしようと思いまして。

以下、ネットで調べた内容と自分自身が感じることとを
ミックスして箇条書き。

<メリット>
・天候に左右されない☆
・アスファルトと違い、膝や腰への負担が少ない☆
・速度調節ができる☆
・信号待ちなどの停止要因がない☆
・車や自転車など障害物との衝突リスクがない
・心拍数や消費カロリーが表示され確認できる
・人目を気にしなくてよい

<デメリット>
・外と比べて負荷が軽い
(風の抵抗がなく、地面が自動で動くから)
・フォームが崩れやすい

☆がついている項目は自分自身でも感じ思っていること。
それ以外は誰かの意見です。が、デメリットは結構盲点でした。

列記してみるとメリットの方が多いし、むしろデメリット
に関しては、それらを考慮してトレーニングに臨めばよいはなし。

効果的なダイエットや体力アップを目指すという観点で、
新たに勉強になったこと。↓

・2%程度の傾斜をつける
→風の抵抗がない上に地面が動くので、外でいう下り坂を走るのに
近い状態のようです。

・ストライド走法ではなくピッチ走法を心掛ける
→地面が自動で動くので歩幅を大きくすると楽できるみたいです。

・腕振りはしっかりと意識して
→腕をしっかりふることで全身運動となり効果的な脂肪燃焼には
全身運動が大切だそうです。

・目標心拍数を決め、その範囲で走る
→220-年齢=最高心拍数。ダイエットや健康促進のためには
それの60~70%以内で走る。マラソンは70~80%。
※これを超えると無酸素運動になり持久力がつかない
(心肺機能は上がるが)