アフターコロナ時代に社長が知っておくべき業種 | ネット集客が苦手な社長のためのWEBで売れる仕組み作り講座
新型コロナウイルスに関する情報について

ネット集客が苦手な社長のためのWEBで売れる仕組み作り講座

売れる商品はある、アナログでのセールスは得意。でもインターネットを使った集客やセールスは苦手…という社長のためのWEB集客で売れる仕組みを作るヒントをお届けします…

今回はアフターコロナ時代に伸びる業種業態について書いていきます。これを知れば、あなたの業界で頑張っていくべきか、少しやり方を変えるべきかわかります。

街中からヒトが少なくなり、リモート化がどんどん進むなかで仕事がなくなった…という業界もあります。特に厳しいのが、店舗系です。

旅行代理店のH.I.Sの澤田社長は「店舗の時代は終わった…」と語っていました。売上は昨年対比99%減。もうお店に人は来ないと判断し、店舗の3分の1を閉鎖することを決定。コロナが終息したら、お店に来店するお客さんも増えるだろう…という感がは厳しいと考えたからでしょう。

また、ギャルブランドのセシルマクビーが全43店舗閉店、うどんすきで有名だった美々卯も全店へ閉店、アパレル大手のオンワードも700店閉店…と大手もバタバタとつぶれています。

逆に売上を伸ばしている業界があります。それはネット通販やネット動画配信サービスなどのオンラインビジネスです。リモートで営業をするシステムを販売する会社が売上をバク上げしているなんて話も聞きます。どんどんオンライン、インターネットを使ったビジネスに移っていることは確実です。

いきなり戻るわけじゃないと思います。長ければ、1、2年以上戻らない可能性もあります。であるなら、戻らない前提、また、オンラインが伸びる前提で、オンラインビジネスをはじめるのは、最高のタイミングかもしれませんね。

■アフターコロナ時代に伸びる4つ業種

1つはセールスライターです。

セールスライター????

あなたはどんな仕事か想像できますか?続きはこちら・・・