地方VS都市のネット集客がわかれば、地方で一人勝ちできます。 | ネット集客が苦手な社長のためのWEBで売れる仕組み作り講座

ネット集客が苦手な社長のためのWEBで売れる仕組み作り講座

売れる商品はある、アナログでのセールスは得意。でもインターネットを使った集客やセールスは苦手…という社長のためのWEB集客で売れる仕組みを作るヒントをお届けします…

●地方VS都市のネット集客がわかれば、地方で一人勝ちできます。なぜなら、、、

 

都市(東京、大阪、神奈川)ではWEB集客全般(ブログ、Youtube、Facebook広告、インスタ)がかなり使えます。

 

人も集まっていた、お店が多いです。

 

そして、電車を乗っている人を見るとわかりますが、みんなスマホで何を検索したりしています。

 

ライバルが多いとそれだけネットでアピールしておかないと集客につながりません。

 

とはいえ、大阪、神奈川など大都市といわれる所でも中心部は人が多く電車ですが、離れるとかなり車社会です。


弱に地方ではWEB集客+アナログ集客が有効になるケースが多いです。地方はライバルが少ないです。一度ついたお客さんは長く通ってくれます。


都市、地方どちらでも新規のお客さんを集めて、既存のお客さんに定期的に来店してもらう、定期的にサービスを受けてもらうことが必要になります。

都市においてはお客さんの数が多いので、新規のお客さんを集めていくだけで、成り立ってしまうこともあるかもしれません。しかし、地方においてはどうでしょうか?

・地方集客において大事な3つのポイント

①新規のお客さんより既存客

お客さんの数が少ないだけに、既存のお客さんとの付き合いを大事にする必要があります。また、お客さんもお店が少ないだけにしっかりとフォローすれば、常連になってくれます。


②量よりも質を重視

そして、都市部のように新規集客を取りまくって、大きく売上をあげる!ということは地方では難しいので、既存客、つまり、あなたのお店についてくれたお客さんをずっと長く通ってくれるような施策をおこなう必要があります。都市部においても大事なことですが、とくに地方においては大事なことです。

③ネットとアナログの両方を使う

飲食店ならお店の特徴がわかりやすいホームページ、治療院などであればお客さんの悩みを解決できるよといった内容と問い合わせ先のわるホームページ。あとはMEO、かんたんにいうとグーグルマップにお店を登録することです。これについてはまた、詳しくお話します。

アナログは、看板、フリーペーパー、ポスティング、折込チラシ、新聞広告(地方紙)です。

都市部において、毎日ゴミ箱に捨てないといけないほど、ポスティングチラシが入ります。なので、どれだけ良いチラシを作ったとしても、そのほか大勢と同じように目に止まることなく捨てられる可能性があります。

しかし、地方においてはそれほど多くないので、逆にチャンスです。お客さんの目に止まるような魅力的なチラシをつくると効果を問い合わせが増えます。紙媒体から問い合わせがあることもあれば、紙に書かれているHPの情報から問い合わせとんあるケースもあります。

紙での情報量には限りがあるので、紙⇒HPへ誘導というのは、効果的ですよね。フリーペーパーなどでは広告の枠には限りがあるので、「詳細はHPで」と記載して、HPを来てもらい、問合せしてもらうようにすると良いです。

なので、HPもしっかりとお客さんが来店するような流れを作っておく必要があるということですね。

そして、ポイントの1,2について既存のお客さんを何度もお店に来てもらうということ。そのための仕組みを作っておかないといけないですね。新規客を集める費用は、既存客を集める費用の5倍なんて言われたりします。一度来て、別のとこにいくお客さんもいますからね。なので、高い費用をかけて来店したお客さんには何度も来てもらうほうが費用対効果がばつぐんにいいんです。

そのために何度も来てくれる仕組みを作る必要があります。

何度も連絡とれるように、「お客様の連絡先」を集めておく

お客さんお連絡先とは。住所、メールアドレス、電話番号、LINE。

お客様の連絡先があることで、小予算で売上をあげることができるようになります。新規客を集めなくても(継続する必要はあり)売上をあげることができるようになる。

これは、都市、地方に限らずです。

たとえば、僕の事例ですが、3か月以上来院していないお客さんに向けてハガキを3通送りました。おそらく数は200人程度。60人くらいの来院がありました。集計したのは、期間として1か月半くらいです。来てくれたお客さんにまた、来てもらうようフォローすれば良いだけです。新規のお客さん集める2月で60人となるとかなりの費用がかかるのではなでしょうか。これがお客さんの連絡先を集めておく重要な点です。

なので、「お客様の連絡先」を集める仕組みが必要になってくるのです。

お客様の連絡先何を残してもらえばよいのか?

お店の場合⇒LINE、電話番号、住所
士業など⇒ メルマガ、LINE、住所
BtoB⇒メルマガ、住所