こんにちは。
ツインレイメッセンジャーのにしき&よしこです。

人を愛して親密な関係を築くためには、「自分が傷つくかも」ということを受け入れないと始まらないと思います。

いつものあなたは、自分の周りに壁を張り巡らせて、誰かが入ってこないようにしているかもしれません。

許可していないのに、ずかずか入ってこられたら嫌ですもんね。

でも、本当に「この人だ」と思ったときはその壁を壊して、自分のハートを相手に見せる必要がありますよね。

自分の一番大事な部分。
一番もろい部分。


それを相手に見せるのが、親密ってことですよね。

自分のもろい部分を見せ合うのは、ある意味、怖いことだと思います。

自分のなかに愛がなく、周りからもらう必要があると思っていると、怖すぎて自分のもろい部分であるハートを相手に見せたくなくなって、

「ま、ほどほどにしておこう」

といった気持ちが働くかもしれません。

だからなかなか親密になれないのです。

(家族で親密が禁止されていると、なかなか他人と親密になれません。ツイン男性のにしきはそうでした)

別れが起こったとしても、「本気じゃなかったから」と自分に言い訳できます。
一瞬、自分が傷ついていないように思えるかもしれません。

でも、感情はしっかり感じてあげないと身体に残ってしまうのです。
中途半端な感情は、身体に残って、復活します。
そして、「もう一度やり直したい」と復縁願望になることがあります。


復縁願望が高まっているのも、恐がって感情を感じなかったり、ほどほどにしているからじゃないですかね。

復縁願望は感情をしっかり感じてあげていないせいです。
感情はしっかり感じて、悲しいなら泣くし、理不尽なことをされたら怒れば、そんなに感情が長引くわけではありません。

感情はその場で感じてあげたら、わりとすぐ終わってしまうのです。

感情が長引くのは、傷つくのを恐がったりして、感情をちゃんと感じてあげないときです。

何かあっても、怖いから相手の本当の気持ちを尋ねられないなんてことになりがちです。

傷つくのを恐がっていると、感情が残って前に進めません。

ハグするときだって、両腕を組んでいたらハグできないじゃないですか。
ハグするには、両腕を開いて、ぎゅっと抱きしめる必要があります。

傷つくのが怖いからって、ほどほどにしないでください。

本気で行きましょう。

あなたの弱いところをお相手に見せて、本当の気持ちをお相手に伝えましょう。

あなたが弱いところを見せたら、お相手も弱いところを見せてくれたのなら、2人はパートナーになれます。

そうでないとき、2人はパートナーになれないでしょう。

お相手の反応で、2人の行く末がわかるよね。

傷ついてもいいから、本気で、本音で、あなたの弱い部分を、傷つきやすい部分を見せてください。

傷つくことでハートが強くなるってこともある

今、悩んでいる人は、恐がらず、本気で行ってください。
弱いところを見せてください。

そうすれば、人生の扉が開くよ。


こんなときでも、あなたの魂は傷つかない。
とっても硬いダイヤモンドなんだ、魂は。

 

 

無料メール講座「ツインレイの約束」
全5通のメールでツインレイへとあなたをナビゲートします。

 

「私だけかと思っていたたら、同じ思いの人がたくさんいるんだ」と心強くなります。


「ツインレイ統合メディテーション」(音声)もプレゼントもしています。

 

ぜひ登録してくださいね。

無料メール講座「ツインレイの約束」はコチラから

↓  ↓