突然ですが、作ってみました。塩麹(しおこうじ)。


先日参加した新年会で、塩麹がいい!というのをお聞きしたのです。

なんでも、麹菌がタンパク質を分解するので、食材のうまみが増すのだとか。

そして、デトックスやアンチエイジングにもよいらしい。


市販のものもあるけれど、

麹菌は生きている(乾燥していない)状態ではとても繊細なので、

流通させるためには少し菌を殺して、麹の風味を味わうことを優先している、とのこと。

やはり麹菌がきちんと生きているもののほうが、

食材うまみを増す効果は高いそう。


とても興味があったのですが、

 温度管理が難しいんだろうな~

 場所もとるんだろうな~

 それならうちでは難しいかな~

と、思っていたのですが。


なんと、その翌日、

NHKニュースの生活情報コーナーで紹介されたのです目


なんでも、家庭で比較的簡単に作れる、万能調味料、と。

それなら、がぜん、試すべし。


早速、スーパーで乾燥麹を購入。

うちの近所で売っているもののパッケージはこれ。

Happy Lovely Twinkling Days!!

だいたい、酒かすなどをおいているコーナーにありました。

(近所の2つのスーパーで確認。)


パッケージの裏に書いてあったレシピで作ってみました。

初めてだったので、大体レシピの半分の量で。


・こうじ   100g(袋の半分)

・お湯    200cc

・塩     70g (おおさじ1杯で15g →5杯弱)


手順は、

(i) お湯に塩をいれて溶かし、60℃まで冷ます。

 (60℃。。。温度計がないので、

お風呂よりちょっと熱いけど触れる程度でしょ~、

という感じで適当に判断してしまいました。)


(ii) こうじをほぐしながら(i)に混ぜて、2~3時間保温。

  (保温は、炊飯器の保温機能を使って湯煎する、とあったのでそうしました)


(iii) その後、室温で毎日1回かき混ぜながら、1週間熟成させる。



乾燥こうじ100グラムに対して、水200ccなので、

最初はぼそぼそな感じです。

乾燥こうじはお米に付着させた状態のものなので、

見た目、お米といだだけ?のような。


まあ、麹菌がお米の成分を分解してくれるんでしょう。。

見ものです。どきどき。



3日目。ちょっとおかゆっぽくなってきた。

Happy Lovely Twinkling Days!!



熟成1週間。とろとろ。完全におかゆっぽい。
Happy Lovely Twinkling Days!!


ここで、空いているビンに移して冷蔵庫へ。

一度熟成させたものは、冷蔵庫で長期保存できるそうです。



さっそく豚肉を漬け込んで、やさい炒めにしてみました。

あっさりとして、でもお肉の甘み?が引き出されているようで、なかなか好評。


Happy Lovely Twinkling Days!!

塩麹はお魚料理との相性がいいようです。

クックパッドなどで、レシピもいろいろ出ているので、

日々のお料理に大活躍しそう。

先日、アメリカの特許弁護士の方と

電話会議をする機会がありました。


直接お会いしたこともある方だったので、

ひととおり仕事の話を終えた後、

日ごろ気になっていた欧米でのビジネスマナーについて、

ちょっと質問してみました。


日ごろからの疑問とは、、、


メールなどのやりとりで

「どのタイミングでファーストネームを使うべきか」


面と向かって話す場合は、

"Please call me xxxx" などと言われるので、

とてもわかりやすいのですが、


メールの場合は、

突然 "Dear (ファーストネーム)"なんて送られてきたりして、

そのメールに、Dear Mr. xxx で返信すべきか、

  (ちょっと他人行儀?)

それとも、 Dear John などとすべきか。

  (でも、もしかして失礼?)


事務所の同僚は、常に"Dear Mr. xxx" にする、

という方がほとんど、ということもあり、

かなり迷っておりました。


で、餅は餅屋にきけ、ということで、

アメリカの方に聞いてみた、というわけです。


その方曰く、

面識がない方に初めてメールを送る場合は、

Dear Mr. xxx ではじめる。

その際、自分の署名もフルネームであることが多い。


その返信メールで

メールの冒頭でDear Mary など、

自分のファーストネームがリファーされていたら、

Dear Johnなど、相手のファーストネームで返信してOK。


あるいは

メールの末尾の署名として

相手のファーストネームのみが記載されていたら、

それは、ファーストネームやりとりしたいという意思表示なので、

やはり、Dear Johnなど、相手のファーストネームで返信してOK。


年齢の上下はあまり関係がなく、

相手側のメールに現れた意思表示を汲み取れば、

失礼にあたることはない、とのこと。


また、その方は、この慣習はアメリカだけではなくて、

ヨーロッパ圏でも同じだそう。

実は、数ヶ月前にイギリスの弁理士さんに同じ質問をして、

同様の説明をしてもらったので、そのとおりと思います。



相手との関係や状況にもよりますが、

うまく活用すれば、

欧米の方々とより親密な関係が築けるかもしれません。

GW前くらいから、ヨガのクラスに通っています音譜

しかも、思い切って出勤前、午前7時台のクラスで。



始めたいと思ったきっかけは、

仕事でご一緒した方の体験を聞きして。

その方は、毎朝、

そして、週末には数時間かけてなさるそうなのですが、

ヨガをする時間を持つことで、

日々のパフォーマンスが全く違う、のだそうです。

なんと。それはやってみなければ、と思いつつ、一年。


体、硬いしな~叫び、とか、

習い事がふえてしまうな~ガーン、とか

いろいろな抵抗があって頓挫していたのですが、

この春「丸の内朝大学」のポスターでヨガクラスの写真が目に留まり、

ようやく行動に移すことに。


が、その「朝大学」、

日程が合わず参加できないイベントなどがあり、断念。

そんなときに、友人が

「スタジオ・ヨギー」で新入会キャンペーンやってるよ、と教えてくれて。

引き寄せた??もしかしてアップ



スタジオに行ってみると、

アロマオイルのよい香りが漂っていて、

時間がゆったり流れているような、リラックスした雰囲気。


実際にレッスンを受けてみると、

ヨガというのは、心穏やかに生きるための手段なのだな~

ということがわかり、それまで抱いていた、

体をほぐしたり鍛えたりするイメージは見事に打ち砕かれました。



意識を自分の中心に。

自分がどう感じているのかを見つめる。


これは、周囲に振り回されずに、

でも自分を客観的にみる疑似体験、ということかと。


呼吸とともに体を緩める、そしてそれを感じる。


これは、緊張状態にあっても

リラックス状態に自分の力でもっていく練習、ということかと。



運動+メンタルトレーニング+リラクゼーション

1粒で3度おいしい。

長いお付き合いになりそうです。