コーチングセッション実践スキル | 子どもの未来の可能性を広げる支援者ブログ

子どもの未来の可能性を広げる支援者ブログ

子どもの未来に希望を。コーチングコンサルタント

 

【コーチングセッション実践スキル】

 

 

コーチングの目指すところ

 

 クライアント(相談者)が、

勇気を出して、

望む未来に向けて、 

自発的に行動を起こすこと
 
クライアントが本心から望む未来を手に入れ、 

その人らしい人生を歩むことを目的とします。
 


コーチの役割としては、

 クライアントの心に勇気の灯をともし、

勇気の一歩を応援する。

 

 

 クライアントが自ら輝く人生(自分らしい)を

 歩むサポートを行います。
 
 
コーチングセッションの流れ(一対一での基本の流れ) を

説明します

 

 

⓪落ち着いて話せる場所を設定します。

 (会議室、セミナールーム、ホテルのカフェ) 

セッション時間は、一時間を目安として、 

クライアントさんと打ち合わせします
 
 
①ラポール(信頼関係を築く) 

コーチはクライアント(相談者)の話を

しっかり聴きます。

(傾聴・うなずき) (信頼関係を築き、話しやすい関係を作る)
 
 
②課題設定 

この時間(約1時間)で

 解決したい課題(ゴール)・目標を設定します。
 
※話題がぶれないための軸になります。 

 しかし、現実とズレがある場合や、

別の課題の方が 緊急性が高い場合などは、変更可能します
 
 
③インタラクティブな対話 

というのは?例えば?きっかけは?

なぜそれを解決したいのか?

どのような行動ができそうか?

 どのようになることが、理想なのか?等の

質問等を行い、 本心を探っていきます。

 
 
④視点切り替えと場面特定 

過去のプラスやマイナスの体験を

振り返ることや、

 未来のプラスの状況を楽しく描いてみる


 心の傷に向き合うことや、

 やりたくてもできなかった時の

 感情にアクセスすることも必要に応じて行う。
 
 
⑤ポジションチェンジ 

ある人との人間関係に悩んでいる場合等に

相手の人になりきり どのように感じるか?(現場検証)
 
 
⑥俯瞰 

自分や人を物に置き換え

一歩引いたところから自分を見て

どんなことが感じるか?

 

悩みに視点がとらわれている時は、

小さな範囲しか 見れない状態になっています。

視野を意図的に広げます。

 言葉や行動は表面に現れてるほんの一角です。

 本心はどこにあるのだろう、本当は何を伝えたいのか?

感じながら、セッションを進めます。
 
 
⑦初めの一歩を見つける

 課題解決に向け「これをしたい」という、

 初めの一歩が決まると、セッションは終了となります。

 ※ゴールに向けて、大きな一歩ではなく、
 
 
今すぐに確実にできる、小さな一歩を決めます。 

小さくできることを、積み重ねることで、変化を起こします

 (スモールステップ)

 
一度にすべてを解決することを求めるのではなく 、

コーチングにより、自分らしい人生に向けての、 

小さな一歩を踏み出すことが大切です

 

 クライアントの、

変わりたい!変われそうな気がする!

 一歩踏み出したい!という気持ちの変化を

大切にします。
 
そのためには、コーチが答えを与えるのではなく、 

クライアント自らが、本心に気づくことが大切です。
 
 
⑧仮説検証 

行動してみて、どのような変化があったか、 

次回のセッションで検証します。
 


※次回のセッションも、同じ流れで行います。

 課題設定もその時の現状に合わせて、再設定を行います。 

先ほどの課題は解決され、 一歩前に進み、

次の課題ができることもあります。

 

コーチの肯定的な関り方によって

クライアントの勇気の一歩を支援しましょう
 

コーチングを深める→コーチングの本質についての記事はこちら


 

アウトドアサポーターズ ツインクルは、

「子どもの未来の可能性を

広げる」ことを、

目標に活動しています。

 

そのために、

子どもと関わる教師・対人支援者が、

まずは輝く人生を

歩むことを応援しています

 

教育関係の方へ読んでほしい記事はこちら

 

あなたの価値観は?

対話を用いて、あなたが本当に大事にしたいもの、

「なんのために?」それをするのか、

あなたの大事にしたい軸を明確にし、あなたの望む支援者へ、

一歩を踏み出しませんか

 

コーチング無料体験・詳しく知りたい方はこちらへ