節分あけて立春、
そして誕生日を過ぎた頃から
まだ2週間ほどですが



なにかの乗り物が
変わったような?感覚です。
例えるなら鈍行から新幹線?




ちなみに実際の乗り物は
愛車が3年の車検を迎えて
現在メンテナンス中。


1週間 代車に乗っていて
明日に完了します。



3年で走行距離55500キロ。
わたしは3年でどれだけ
走り続けてきたんだろう?笑


そう思いながら
わたしも愛車とともに
自分をメンテナンス中です。






ここ最近は
まとまって人と会う機会が続くと
そこでの気づきを
体に馴染ませるかのように
1人になる時間を持てるよう
運ばれています。





そんな中で

"自分が自分の人生に責任を持つ"

その大切さを感じています。







周りの要望に答えながら
生きてきた私たち世代の多くは

受け身で仕事をしてきたり
轢かれたレールの上を走ってきて
自分のことをあまり考えなくても
生きることに支障がなかった。





みえなかったものが
表面化され
なにが正解かなんてわからなくなり
基準がなくなりつつある
時代がきています。




自分はどうしたいかを
心に聞かずに
周りに合わせて動いてきた
その代償として
今、浮上している課題は




"自分は本当は
何がしたいかわからない"

"自分の気持ちがわからない"

"自分から動くのが怖い"




そんな壁が
目の前に立っておられる方が
多いかと思います。
  


実際ソウルセッションに来られる
方もその辺を確認して
新たな1歩に繋げるために
お見えになる感じです。





家族でも、仕事でも、社会でも
コミュニティでも言えることですが



自分の事に責任を持たないまま
生きていると どこにいても
何かあると人のせいにしたり


期待以外のことが返ってくると
被害者のように卑屈になります。
やらされているという意識は
創造ではなく破壊へ向かいがちです。




かつてのわたしもそうでした。



そんな中でも
 確かに守られ愛されてきた。
そして恩恵もたくさん受けてきた。



その感謝の気持ちを忘れずに 
自分の人生に責任を持ち
自分の喜びの道を
のびのびと軽やかに歩きたい。






自分が主役の人生になると
喜びも悲しみも
そのすべてがありがたく
素直に受け取ることが
できるようになりますね。




それが'自立"という
ものなんじゃないかな?
ツインの王道。



わたしもまだまだ旅の途中。



そんなことを思う
月曜日でした。




{97BECF46-D83F-4ECC-9FEB-56C135E0D06F}