人は天賦の才を


決して私物化してはならない


 


by稲森和夫