小御門神社(成田市) | ハニーちゃんがゆく!

ハニーちゃんがゆく!

サッカー見たり、旅したり。

令和元年6月19日参拝
成田でゴルフコンペだったの‥。
ラウンド後の坂東観音というお楽しみのためだけに参加しました‥w 

at ゴルフ倶楽部 成田ハイツリー

時計ゴルフを終えて‥通りがかった神社へ寄り道する事になりました ヘ(゚▽゚ヘ)


社標に刻まれた社格は別格官幣社
国家に功績を挙げた忠臣をお祀りする神社に与えられた社格です。
創建は明治15年(1882)と比較的新しいお宮です。


小御門神社の社叢は千葉県の天然記念物に指定されています。


薄暗い参道がいい雰囲気 (*´Д`人)
な〜んて思ったのはここまでで、
大きなシマシマスジカの襲撃を受けて何か所も血を吸われた!
虫除け対策が必須です!!


関東ではこうして祓戸神がいらっしゃる神社はあまり見ないので嬉しい (^ω^)
御祭神は祓戸大神。です。


大きな幣を手に持って頭の上から体をサッサッサと自祓い。
|ω・) 車祓所じゃないよね?


もう夏越大祓の茅の輪が出ていました。
自祓い+手水+茅の輪くぐりでわたし生まれ変わったように清浄になりました〜☆


先ほど書いた国家に功績を残した忠臣とは御祭神の贈太政大臣藤原師賢公(花山院師賢)です。


公家の名門 花山院家に生まれた御祭神は第95代花園天皇と第96代後醍醐天皇にお仕えしており、
元弘の変(1331)では南都に逃れた後醍醐天皇に成りすまして延暦寺の僧兵を集め挙兵しますが六波羅探題に捕らえられ、
配流先の下総で病死なさいました。


のちに隠岐島から脱した後醍醐天皇は倒幕の悲願を成し遂げると、
御祭神の生前の功績を称え太政大臣の位と文貞公(ぶんていこう)の諡を下賜されたのでした。


お詣りして帰ろうとした時、
|ω・) !北側の立札に気づいたのです。


御祭神 霊廟!


顔に目がけて飛んでくる蚊をよけながら霊廟を目指します。
よけてはいるけど刺されています。


校倉造の建物が気になったけど立ち止まる余裕はありませんでした。


ほ‥本殿の真横  Ꙭ
いつもなら覗くとこだけど無理。



〝文貞公御廟道〟。
神社創建前に建てられた道しるべのようです。
どこからか移設されてきたのでしょうか。


ちょうど本殿の裏に御霊廟がありました!


郷人の間で公家塚と呼ばれていた古墳を明治11年(1878)3月に文貞公の墓と定め、
神社創建に先立ち墓碑が建立されました。
第122代明治天皇の詔で小御門神社は別格官幣社に列格したのでした。


小御門神社の御朱印です。
お墨書きに文貞公!

この御朱印を持っていつかまた吉野に行きたいな

建武中興十五社は結構お詣りしていて、
なんとこちらで10社目でした!



蚊に食われて大変だったわけですが、
手水をお借りして肌の露出してるとこを洗ってムヒを塗りたくってから痒みの症状はみられませんでした ε-(´∀`; )  


◆小御門神社
千葉県成田市名古屋898