image

 

小さい頃から箱に入れて持っているシールたち。

小さい頃から、シールは使わずに、眺めたり交換したりと

本来とは違う使い方をしていました。コレクションかな。

 

時々見ては、懐かしいなーって思っています。

 

が、劣化してきたり、しみが出てきたり、

懐かしい以外の感情が出てくることもしばしば。

 

そこで、

思い入れのないもの、

嫌な思い出があるもの、

汚れてるもの、劣化してるもの、

 

など、総合して

もういいかなーと思えるものを抜いてみました。

 

かさは減っていないし、また見直しに時間がかかるのですが、

これをきっかけにどんどん手放せるようになります。

 

ちょっと捨てるだけで心が軽くなり、

捨てられたと自信がついたり、

捨てても大丈夫だった、

捨てたらすっきりした、

と思えたり、実感したりして、

自分が変わります。

 

捨てたことを忘れちゃう事の方が多いかもしれませんが。

 

ランキングの下位のものだけとか、

ひとつだけ、とかで良いと思います。

 

使ってないから捨てよーって思えない人にはおすすめのやり方です。

 

私も冬までにこのようなちょい捨てをして

ちょい成長したいです。

 

 

1000個捨てチャレンジ


190~199 シール 10個

 (もう少しあったと思うけど)

 

これまでに捨てたものの数 199個

(6月 70個、7月 45個、 8月 59個)

 

 残り 801個!

 

夏休みのバイト断捨離は9個