家を建てます、また

テーマ:
3年前に新築した自宅ですが、この度増築することになりました。母との同居でございます。
無駄に広い土地を草原にしてるので、裏庭に小さな離れを建設することになりました。マジだよー
なんかね、3人目作ろっかって話になってね
親がそばにおらんと無理やてな話にもなってね
半ばヤケクソではありますが、そんな話になりそうです

そういえば、4年ほどまえに鬱を患った夫ですが投薬量も減り、月1の通院で安定した症状となってきてます
たまに宇宙人になってるけど、私も慣れたものでこなれ感でこなしてます

人間て慣れるものですね


今、人生史上最大にデフなのでとりあえず痩せたい
AD
前回の記事がここたま関連だったので、ここたまの話からしますけど、アイツらのこのこ帰ってきよった!私の涙を返せ!!
やはりアメリカ進出は無理があったか…
映画を長女と見に行ったんですが、のぞみとビビットの乱入があまりに雑で流石だなって思いました。最高に可愛いかったです。

怒濤の四月五月を経て、凪いでる六月。
あれから色々ありまして、実家を売却すると決めた母は小さなアパートに引っ越しました。これぞ断捨離!と言うべき驚異的な捨てを魅せてくれた母。真っ先に車を処分し徒歩専属になったぞ。そして田舎の無駄に大きな二世帯住宅から1Kのアパートにおさまるだけの荷物にしたの本当にすごい。尊敬する。そんな母のありとあらゆる物を処分する手伝いをしてました。売れるものを売り倒す。結構な額になったので家族旅行にでも行こうかと画策中。
実家も売りに出した途端に買い手がついて契約も滞りなく終わってしまった。これで私に逃げ帰る場所はなくなった。寂しいような根なし草になったような気分ですが、母は相変わらず嵐のようで、私は元気です。

やわらかスピリッツというサイトで連載されている「プリンセスメゾン」という漫画が好きで、いつか独り身になったら小さなマンションをかって好きなように暮らすという夢を持ってみたり。

子供たちの成長は早く、長女は5歳になり次女は後3ヶ月で2歳。平成も後2年。マジか。
AD

ここたまロス

テーマ:
ここたまが急展開過ぎて戦慄いた
そんな、まさか…!
えーん!
ビビッドー!
のぞみとこころは同じ中学に行って高校は別なところを受験する的なものを想像していただけにショックは計り知れない
いやしかし、高校になったらアメリカから帰ってくるのぞみと再開!という展開も美味しい
とか考えて心を落ち着かせてます

今日で長女は年少クラスおしまい
先生と話し込んで涙ぐんでしまった
こども園なので春休みという概念がないのが本当に素敵
月曜からは年中さん!
あー!楽しみと不安入り交じる!
そして私は保護者会の役員になったぜ!
ヤベーぜ!
AD

私の色は何色ですか

テーマ:

今、今世紀最大にデブ

(長女と次女妊娠出産時のぞく)

 

リアル長女の妊娠後期レベルでデブだよ

健康を害するレベルだよ

8時間ダイエットとかで2キロちょっと落ちたけど

運動しなきゃ痩せないよね

でも運動するという方向に気持ちが向かない

あーあー

特に食べてるわけじゃないのに

いや、きっと食べてるんだろうな

痩せてる人は痩せたわけじゃなくて太ってないだけで

デブが普通と思うライン以下の普通な食生活なんだろう

辛い

 

テレビボードに結婚式の写真が飾ってあるんだけど

結婚式の私はたぶん人生で一番きれいだったと思う

あの瞬間の幸せよ

 

いや、今が別に幸せじゃないとかそんなんじゃないんだけど

ひと並みの生活を送り家族がいて家がある

十分すぎるほど十分

 

でもデブ

悲しい

思い出のミシン

テーマ:

いらないけど捨てるものではないような

多分、ある人にとっては価値がありそうなものをオークションやフリマにガツガツ出してる

主に実家にあるやつ

 

祖母が使ってた古い足踏みミシン

今も現役で普通に使える

これって結構すごくない?

ザ・アンティークという雰囲気で好きな人は大好き!な代物

祖母はミシン屋と裁縫屋と裁縫の先生をしていたらしい

幼い頃、ありとあらゆるものを足踏みミシンで作ってくれた

そんな年季の入ったミシンも売りに出す

どこかの誰かに使ってもらえたらいい

 

母は祖母に反発するように裁縫が嫌いだったらしい

私は祖母に針と糸を教わった

じゃあ娘たちはどうするんだろうか?

私に孫かできたら教えてあげればいいか

そうか