真っ向勝負のスローカーブ

テーマ:
真っ向勝負のスローカーブ (新潮新書)/星野 伸之
¥714
Amazon.co.jp


球のスピードは遅いけど、緩急やコントロールでとにかく考えて投球をしている選手だったので、好きでした。

実際どういう考えを持って投げていたのかとか書かれていて、現役時代の印象のままでした。

ちなみにこの選手こそメジャーで見てみたい選手でした。

160キロとか投げる選手のリリーフでスローカーブとか見てみたかったです。

AD

世界中のお菓子あります

テーマ:
世界中のお菓子あります (新潮新書)/田島 慎一
¥693
Amazon.co.jp


ソニープラザの創立からの話を書いた本です。

さまざまな輸入菓子の話が書かれていたりして、食べたくなります。


ソニープラザには行った事ないと思うけど、輸入食品店見ると入ってみたくなるし、よく輸入菓子買ってます。

やっぱりちょっと割高だけど、変わったお菓子とかあって惹かれるんだよね。

はずれも多いけど(笑)

AD

福沢諭吉 国を支えて国を頼らず

テーマ:
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(上) (講談社文庫)/北 康利
¥520
Amazon.co.jp


福沢諭吉って1万円と学問のすすめ以外はあんまり知らなかったので、読みました。

すばらしい人だ。


表舞台に立たず、人望も厚いし、意外に熱くてこんな人だったんだぁって思いました。


前に読んだ白洲次郎の本が良かったから、同じ作者のこの本を読んだのですが、この本も良かったです。

AD

人物鑑定法

テーマ:
人物鑑定法 ―あの人も、丸見えになる (リュウ・ブックスアステ新書)/井上 和幸
¥840
Amazon.co.jp


タイトルで買ってしまった。。。。


前に読んだパワープレイは良く見られるかっていういわば上辺っぽいことでしたが、こちらは自分自身がどう良くなるのかっていう向上心が感じられる行動などが書かれた本でした。

上を向くといか、より良くなろうとする内容だし、納得って感じたのでタメになりました。

これはできないけど、これくらいはできるかなって自分に合うのだけを選んでもいいと思います。

カラー版作曲家の生涯 バッハ

テーマ:
バッハ (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)/樋口 隆一
¥580
Amazon.co.jp


今回はバッハを読みました。

バッハの人生の入門としてはよかった。

けれど、けっこう飛んだりしてる感じで、正直流れがわかりにくかったです。

もしかしたらうつらうつら読んでたからそれが原因かもしれないけど・・・

とはいえ、チャイコフスキィよりは全然良かったです。