第1回:パスカルの手紙 | 一言一会 (IchigonIchie)

一言一会 (IchigonIchie)

これまで、じつにさまざまな言葉を聞き、読み、そして発してきました。

このまま、忘れられてしまうというのは、もったいないような 気がし、
思いつくまま、書きとめていきたいと思います。 2012.10.3




   今日は時間がなかった為に、このように

  長い手紙になってしまったことをお許しください



これは、「人間は考える葦である」で名高いパスカル が、友人に宛てた手紙の末尾です。


若いころは、この一行が理解できませんでした。
普通は、時間がない為に長い手紙が書けない筈、何でその逆をわざわざあやまるのだろうかと不思議に思ったのです。


意味がわかるようになったのはだいぶ後になってからです。
急いで書いた文章というのは無駄が多く、だらだらと長いばかり、いわば脂肪ぶくれのメタボです。・・・無駄をはぶき、細部を整え、出来るかぎり読みやすくする。つまり、贅肉を取って、きりりとした身体に変えてやる。これに、時間がかかるというわけです。


最近、脂肪だらけの、ブヨブヨとした文章の多いのに辟易としながら、パスカルの言葉を思い出しました。


                


一言一会 (ichigonichie)-pパスカル