仙台の締めくくりに

テーマ:

なーにもなーにもないところに

ポツンと
大きな建物…

小学校だと。

こんな何もない
ところに…⁇

何故に…⁇


語り部さんから
説明うけ、唖然としました。

そうここには、
大きな町があったのです

あの津波がくるまでは

仙台名取  閖上地区は
地震から津波がくるまで
1時間程あったそうです

この1時間で明暗が…

1時間あったから
逃げれた方
1時間経ったから
もう大丈夫と判断した方
1時間の間に
家族を迎えにいった方

この1時間
どんな思いだったかと…

残った小学校の生徒さんたちは
新しく来た校長先生の災害管理マニュアルの見直しで
ほとんどが助かったようです!


語り部タクシーの運転手さん
熱く訴えてくれました!

大阪からお越しなら
南海トラフ地震   くれぐれも
逃げる場所を
頭に入れてくださいと

仙台で残った方はこんなに
頑張ってますよと、

仙台空港まで送ってくださる途中に色々な場所を回って
語って
伝えてくださいました!


この旅行で印象に残ったところにスタッフも
被災地だと…

何も出来ないかもしれないけど、
現地にこれて、
現地の方から話しを聞き、感じとれる
それだけでも、大きな事だと思いました


今回の始めてのスタッフ全員との旅行✈️

濃い濃い中身になりました!

また、こんな経験を
スタッフみんなと共有出来るように、
毎日毎回のお客様と濃い中身のある接客を
していきたいと思います