はたして、

案の定、

俺は役立たずもいいところであった。


物販のお手伝いをするわけでもなく、

木村君のアシスタントをするわけでもなく、

客いじりの前説をするわけでもなく、

ツイ友の皆さんと、初めてお会いし、

リアルなお友達にしていただき、

ただただ談笑しているだけであった。


それでは、申し訳ないと俺なりに思い、

木村君に何の断りもなく、

「えー、木村君の作品集やカレンダーを

購入していただいた方には、

木村君がサインしまーす!」

なんつーことを勝手にシャウトしたりしていた。

お陰で、木村君はたくさんの皆さんにサインをした。


それでも、もっと役に立ちたいとおもった俺は、

写真つきで、

『木村タカヒロ君、ライブペインティングなう。

インプロビゼーションとは、「思い付き」ではなく、

「技術の放出」である。』

なんつー、さも訳知りのよーなツイートをしてみたりした。


俺の役立たずぶりとは、

一切関係なく、

盛況ですばらしいライブペインティングであった。


そして、作品は木村君の努力と

俺以外の人々の熱い熱い声援によって完成した。

いや、俺もできる限りの応援をしてたんだぜ。



ゴトーアキオとTURTLEHAZE (タートルヘイズ)


スゲー出来映えであった。

ああ、明日も観たい。

明後日も観たい。

10日間連続で観たい。


すばらしい!

マイ オールド フレンド!


最後に、

サプライズがあった、

木村君のご尊父であり、

伝説のアニメーター、

木村圭市郎氏http://kksp.jp/

を木村君が撮影し、

編集したショートフィルムが流されたのだ。

タイトルは「リスペクト」。


俺は、あまりの衝撃に、

胸が熱くなり、泣きそうになった。


俺は前夜、

楽しみで楽しみで、

勝手に気持ちが高ぶり、

こんなツイートをしていた。

木村タカヒロ君の作品集「e-motion」のDVDを観ていると、切なくなる。何故か?「愚者の貪欲で狂おしい生への渇望」が描かれているからだ。こんな作品を描ける作家は他に木村圭市郎しかいない。「虎になるのだ!」伊達直人も見苦しいまでに貪欲だった。PASS IT ON!受け継がれた。

ブルーズだぜ。

本当のブルーズだぜ。

木村家ブルーズだぜ。


俺の興奮はマックスになった。


そして、また帰り、

疲れ果てた主役が運転し、

俺は、横で、

マイケルを聴きながら、

浮かれていた。


そして、現在、

知恵熱をだしている。

AD

今朝起きたら、

もうヘロヘロであった。

階段の昇降もままならず、

トイレにいくのも一苦労。

眼はかすんで見えないし、

耳は耳鳴りして聞こえない。

グダグダなう。である。


昨日、小田原に行った。

何しに行ったのか?

俺の古くからのマブダチ

マイ・オールド・フレンド

木村タカヒロ君が、

海の見える素敵なアトリエで、

「ライブペインティング」をやったからである。

木村君のサイト

http://www.faceful.org/



昨日の朝、

主役である木村君に

車にのっけてもらい、

助手席でバカ話をしながら、

小田原に行ったのである。


俺は大物プロデューサーなのか?

否。

小物感満載の無名の物書きである。


それなのに、

主役に運転させ、

俺は助手席でふんぞり返っていたのである。

失礼極まりないヤローだと、自分でも思うよ。


主催者の一人で、

辻堂でtruck-market

http://blog.truck-market.org/

という
カリスマ雑貨店を営む、

古くからの俺の妹的存在、

シスター オブ マイ オールド フレンド

木村君の妹さん(美人)から、

「ゴトーちゃんはスタッフ扱いだから」

という厚遇を仰せつかっていたのである。


しかし、100円ボールペンより重いものを

持ったことのない俺としては、

まったく役立たずであることは、

誰からみても明らかであった。




AD