TURIYA(トゥリヤ・吉野大地)のブログ -3ページ目

TURIYA(トゥリヤ・吉野大地)のブログ

TURIYA(トゥリヤ)はミュージック、ヒーリング、インド占星術を通して、体、心、スピリットの調和をサポートいたします。

その人の本質につながって、
即興演奏を奏で、CDに収めてお届けする
アカシックヴォイスの感想をいただきました。

私も色んなヒントをもらえる感想でした。
掲載させていただきます。

ーーーーーーー

意味のある言葉や音の重なりで音楽を
聞くことに慣れてしまっていたので、
最初に聞いた時には、違和感がありました。

頭で聴こうとしてしまっていたようです。

タイトルとか言葉を探して、意味付けして聞かないと
落ち着かない私をそのまま感じていました。
音を「楽しむ」というより、音や言葉を最初に頭で
認識する方が優位だったんだなぁ~と、
今までの経験を振り返ることもできました。

何回も聞く内に、ようやく、音そのものが
「聴こえる」ようになってきました。

それでも、最後まで違和感のあった あるひとつの言葉は、
表現しきれないあるひとつの音を「カ」という
日本語の50音のどれかに無理やり当てはめようと
していたことに氣付きました。

これも頭で、無意識にやってしまっていたことです。

氣付くと、深い。

自分の理解できる範囲でしか、物事を捉えようとしていない
私に気付きました。
そして、認識できないことを否定、排除まではいかなくても、
自分の都合の良いように事実を歪曲して認識しようとしている
自分にも氣付きました。

「カ」に似たような音はあっても、「カ」ではない。

事実はシンプルで、日本人の私が認識できない音が
存在しているということだけでした。

例えば、英語、フランス語なら、何となく聞いた事があるから
わかるけど、アカシックレコードとなると、流石に、
無意識の範疇なので、聞きなれなくて当然なのかもしれません。

最後(?)の大切な氣付きは、
「自分が認識できないものが存在する」
ということでした。

顕在意識と潜在意識の比率でいくと、無意識の方が
比率が大きいので、その事実を認めることで、
随分と今後の人生が生きやすくなりました。

全てを理解する必要がなくなり、「わからない」が、
あって良いのだと、自分に許可が出せた訳ですから。

CDは、聴きながら、心のおもむくままに
横たわってみたり、瞑想したり、
一緒に唄ってみたり、踊ってみたり♪

自由に活用させていただいています。

それから、結婚の記念にもらったベンジャミンの木に
実がつきました。
育てて13年目ですが、初めてのことで、驚きました。
きっと、一緒に音楽を聴きながら、共に喜んでくれて
いるんだろうなぁ~と思います。

この度は、本当にありがとうございました。

今後もアカシックヴォイスを通して多くの方が、
純粋なる宇宙の調べに出逢い、
自由に道を拓いて生きていけますように
お祈りいたします。

御縁に心から感謝します。


ーーーーーーー

ボディートークは、不思議なセッションです。

受けているうちにその人の人生を妨げているトラウマ、信念などが解放されていきます。

すると新たな人生の方向に目覚めることもあります。

そんな方からの喜びの声です。



この方は初めはメニエル病を改善したく、来られました。

ボディートークを受けているうちに症状が出なくなっていきました。

そんな時、やりたいことができたので、仕事を辞めて新しく学校に行くことにしました、と話されました。

それは声優になるための学校でした。



そして、二年経ち。卒業の時期が来て、東京の事務所のオーディションを受けることになりました。

そこで、ボディートーク パフォーマンスセッションの出番です。


二ヶ所のオーディションでいいパフォーマンスができるようにセッションしました。


結果はいかに、、、?


第2志望は合格。第1志望は補欠合格でした。

その後、第1志望が繰り上がり合格となり、晴れて声優の事務所に所属できるようになりました。

声優としての第一歩がスタートしました。

頑張ってくださいね〜


ボディートークのセッションの感想をいただきました。

半年くらいボディートークのセッションを受けられている方です。

セッションを受けるにつれて、変化を感じられています。

私もいい感じになってきたな〜と思っていました。


久しぶりに会った人たちからこんな感想をもらったそうです。


「なんか明るく、軽くなったね」「雰囲気がかわった」「〇〇さんの話すのを聞いたら嬉しくなった」



これまで、自分には自覚がないのに「疲れてる」「下半身に力がなく、気が上にあがってる」など言われてました。

外からみても変化が分かるんだ、と嬉しかったです。



とのことです。


感情、トラウマ、信念などが解放されるといい感じに変わっていくんですね。



イチロー引退しましたね。

感慨深いものがあります。



野球というスポーツを通して

道を極める、

探求する姿勢を

見せてくれました。



情熱を持ちながら、毎日練習を重ねていくというのはやっぱりすごいですね。

歌もそうですけど、年齢とともにある状態をキープするのがけっこう大変になっていくんですよね。


引退会見で、

去年、試合に出られない時にチームと一緒に練習
を続けたことが誇れることだと話していたことが
イチローらしいなと思いました。




何年も前にシアトルに行った時、せっかくシアトルに来たんだからイチローを見に行こうと試合に行ったことがあります。

ニューヨークに移籍する前ですね。

アメリカの球場に行くと家族や友人と一緒に野球を楽しんでいて、その雰囲気がとてもよかったです。

野球が文化として日常の中に溶け込んでいるんだなと。

そんな中でイチローは大活躍の時期でした。


イチローはその日、ヒットは打たなかったんですけど、ものすごいスピードで一塁に走る姿が印象に残っています。



あれから何年も経ちました。

存在感や発言でたくさんの刺激をもらいました。

同世代なので、スポーツだと引退する年齢なんですね。

イチローは、引退しても次の日もトレーニングするそうです^_^





以前にご紹介したボディートークのパフォーマンスセッション。(特別な出来事のパフォーマンスを上げたい時に役立ちます)

受験生の続きです。



朝起きられず、予備校にもなかなか行けない

ということでしたが、

継続してボディートークを受けていました。



センター試験の結果は、昨年よりもよい成績でした。

その後、いくつか大学を受験しました。



一つのセッションは、受験前、受験中に働く二つの内容でした。


脳の働きを良くしたり、

東京という環境とバランスをとったり

など。



そして、結果は、、、?



ご本人の努力とボディートークのサポートとで

志望校の二校に合格されました💮

おめでとうございます〜



新しい生活が始まりますね。


ちなみにそんなに数は多くないのですが、今のところ受験に関してはほぼうまくいっています。



他にパフォーマンスセッションの成功例としては、会議のプレゼン、声優のオーディションがあります。

またご紹介しますね。

※ セッションの効果は人により異なります。