2/16(土)午前

苫小牧勇払マリーナTwin Feetにて

7名乗船5:30出港し白老~登別沖で

サクラマス狙いをしました。

 

フィッシュランド旭川店の店長さんと店長さんの知人

佐藤船長の知人さん1名と

お父さん

皆○さん

以上バケ6名と

ジグ1名です。

 

↓苫小牧の夜景です

↓微風で穏やかな波でした

 

105~120mラインを数回流し

スケソの群れが厚く

無線では

今日はマス釣れね~

釣れても底ベタだ

スケソばかり

ソウハチどこ行った

と飛び交い

皆さんスケソは漏れなく釣れますが

各船マスが釣れない方多数でした。

 

↓底のスケソ群れ避けて

スケソこれだけ釣って

↓ヒットレンジ50mでマス1本

↓その後

40mで1本釣れ

貴重なソウハチ1枚追加で

終了時間の12時になり沖上がり。

 

2kgあるかなって

勇払マリーナ寄港後に計測してみると

1.48kgでした

↓ついでにと

皆○さんの1本を計測すると

1.2kgでした。

マスの釣果は

バケ6名1~2本

ジグ1名0本

船中マス9本でしたが

スケソは皆さん2ケタ

ソウハチは私に1枚でした。

 


にほんブログ村

 

2/10(日)苫小牧勇払マリーナTwin Feetで

白老沖にてサクラマス狙いをしました。

 

フィッシュランド旭川店員さん、宮崎県から初マス狙いの方、佐藤船長のお父さん、私の4名で5:30出港です。

各船からの無線釣果では底ベタでスケソウの群れか切れるとマスがヒットしているとの情報でした。

ポイントまで1時間30分105mラインで開始。北西風3~5m、気温-15℃、水温2~3℃で冷えました。

 

↓先ず私にマスが底ベタで釣れて今日は定数釣りかと期待が。

しかし潮の流れが速く仕掛けのお祭り数回で1時間以上ロスしている間に皆さんにマスが釣れていました。

 

佐藤船長から25mでベイトらしき反応が出てます、とういうアナウンスで底から25mに上げるとマスがヒットしました。

 

↓12時の沖上がり時間になり釣果は。

 

 

↓マスの胃袋からは、オキアミとスケソウ子が

スケソウの群れが切れるとマスがヒットする感じで、1人2~5本で船中15本でした。

 

 


にほんブログ村

 

1/20(日)夜

まっつさんが苫小牧西港中央南埠頭で

ニシン狙いをされました。

 

かなり冷え込み雪が降っている夜で

周囲には3名居たそうですが

釣れていなかったと。

 

まっつさんの

18:30~22時まで釣果は

ニシンが釣れなくなって来ていますが

周囲含めニシンが釣れたのは

まっつさんだけだったようです。

まっつさん大変お疲れさまでした。

 

1/20(日)苫小牧勇払マリーナ遊漁船Twin Feetにて

サクラマス狙いをしました。

 

乗船は、

佐藤船長のお父さん、ジギングの方1名、

ロシア系韓国の方2名、

アメリカ屋漁具1階の高畑さん、

の6名乗船で5:30出港し白老港沖105mラインへ。

 

船長佐藤さんには多くの無線連絡が入り

「今日は底ベタ105mで各船サクラマスがヒットし

スケソウの中にサクラマスが居ます」との

アナウンスで開始しました。

 

↓微風で波無く多くの船が集結しています

高畑さんは1投目からダブルでヒット。

↓ヒットしてお父さんとお祭りしてもバラさずタモ入れしています。流石ですね。

 

 

私は・・・

ひたすら800gバケを底ベタ~30m上げのタナを振り続け

フゥ~ハァ~言いながら

釣れるのは

スケソ、スケソ、スケソ~

なんだべこの差は・・・

アハハ

それは他者さんの釣果を見て

技量よりジグと仕掛けのアンバランスだったことが

後で分かりました。

 

ロシア系韓国の方2名さんは、

「魚釣り大好き」と言いながら、

サクラマスを釣るは釣るは。

良く見ていると、

技量良し、ロッド・仕掛け・三角バケのバランス良し、タナ探しと取り方良し、経験豊富、と良い勉強になり見本になりました。下船後にタマリスク高野船長と色々と談義をしましたが高野船長は「彼ら違うだろう、釣るだろう」と言っていました。

使用中の仕掛けを見せてもらいました。

「市販は高いから自作自作」「これ釣れる」と言い、毛の説明と竿の振り方をカタコトの日本語で教えてくれました。下船後に佐藤船長の友人が仕掛けの写真を撮らせてもらい私に転送してくれましたがその写真はブログ公開は不可。シロクマ毛を主体に使いチモト部と針部に毛が二段に付いていました。良く釣れていたのが黒系と白系の針に釣れていました。それを見本に自作をしてみます。

 

沖上がり12時までの釣果は、

ロシア系韓国の方2名は早い時間に定数の10本、

アメリカ屋漁具の高畑さんは11時頃に定数の10本、

お父さんは2本、

私は1本、

ジグの方は残念ですが0本、

各人釣れたスケトウダラは数知れず大漁で過半数が産後でした。

 

↓私の釣果です。

↓帰港中にお父さんはお魚処理をしていました。

各船の無線情報とサクラマスの胃袋内を見ての話しですが、

14日のタナは10~35mでベイトを追って浮いていました。

20日は底の沖アミを食していました。

その時により違いますね。

 

この日

定量者数名船~ボンズ者数名船と各船で大差があった日ですが、バケと仕掛けと竿のバランスと仕掛けの差で、何度も何度も使っている仕掛けは釣れなくなります。

 

アメリカ屋漁具1階の高畑さんのブログは

スタッフブログにて

http://www.amegyo.com/blog/

 

今日もお世話になりました。

苫小牧勇払マリーナ遊漁船Twin Feet佐藤船長は、懸命にお客様に釣らせたいと言う気持ちの持ち主で、探索し情報収集してくれます。とても優しく明るい方なので初心者からベテランまで遠慮なく楽しい釣りが出来ます。

大型船で揺れに強く広々快適ですが巡航速度はちょっと遅め。

相談や出航予定等の連絡先は

Twin Feet佐藤圭輔船長

090-2810-1491

 

次回は

バケと仕掛けをグレードアップして試してみます。

 


にほんブログ村

キュウリ1

1/16(水)夜

苫小牧西港中央南埠頭で

森○さんとニシン狙いをしました。

 

森○さんは18時に始め

私が着いたのは19時です

森○さん全く釣れないって。

14日はたくさん釣れたのにね~

埠頭には

よく来られる千歳の御夫婦含め

5組居ますがニシンが全く釣れず

私にキュウリが1匹釣れただけで

1時間30分でヤメました。

2日前には爆釣したのに

埠頭全体になにも釣れないという

珍しい日でした。

まいったわぁ~

 


にほんブログ村