餌の付け方(オキアミ、青イソメ、冷凍イワシ、生きイワシ) | 僕のヤバイ釣り(石ちゃんの釣堀日記)

僕のヤバイ釣り(石ちゃんの釣堀日記)

釣りなどしたことのない初心者(ハリス?ラインって何?)がひょんなことから釣堀にいったことで、釣りの楽しさを覚え、一人前の釣堀師になるために、必要な情報や日記を雑記的に書き綴ったもの。

どうもどうも、石ちゃんでございます!

 

★エサのつけ方

 

●オキアミ
受付で購入したら、まず直近で使うものだけ水で少し溶かしてください。
残りは再度、アイスボックスなどに入れて保管して下さい。
あまり解凍しすぎると、オキアミがヘタって針につけにくいです。

 

針にオキアミを付けます。基本、オキアミは1尾でOKです。また付ける前にオキアミの尻尾をハサミで切ってください。尻尾がついているとハリスが回って喰いが悪いそうです。
オキアミの付け方は必ず、切り口から針をそっ~と刺します。あまり深く刺さずに仕掛けに対してオキアミが真っ直ぐになるように刺しましょう。

誘いをした方が喰いつきがいいです。


●青イソメ(生餌になるので、仕掛けて基本待つだけでも可)
受付で購入したら、直近で使うものだけ分けましょう。残りは、日陰もしくは冷暗で保管しましょう。
マダイ釣りには、チョン掛けと房掛けがいいそうです。

チョン掛けは、頭の下にちょこっと針を通す方法です。

房掛けは、複数匹をチョン掛けする方法になります。

あとは、エサが勝手に動くので魚がかかるのを待つだけになります。

 

●冷凍イワシ

受付で購入後、使う分だけまず直近で使うものだけ水で少し溶かしてください。
残りは再度、アイスボックスなどに入れて保管して下さい。
あまり解凍しすぎると、冷凍イワシがヘタって針につけにくいです。

 

イワシを半解凍したら、ハサミなどで2~3cmでブツ切りにしてください。頭と尻尾は喰いつきが悪いので破棄しても構いません。内臓がついてる方が喰いがよいです。あとは、取れにくいように針につけるだけです。そして、オキアミと同様に誘いをした方が喰いつきがいいです。

 

●生きイワシ

受付前にバケツを持って、生きイワシを買いに行きましょう。弱らない様に多くても2匹くらいがBESTだと思います。

 

針のつけ方は、一本針使用なので基本的に2通りです。

・鼻掛け

鼻掛けは図のような感じで文字通り鼻を通します。針にビーズが付いているものが販売されていますので、それを使うと針が回ったりしにくいのでオススメです。

 

・上あご(口)掛け

イワシの上あご掛けは鼻掛けと並んでよく使用される掛け方です。平均してよく使われるのですが、深場ではイワシが仕掛けと沈んでいくときに口が開いてしまい、イワシが弱りやすくなるので、注意です。

 

他にも背掛けとかもあります。

 

日によって喰いがいい餌などあるので、釣れてる方に餌は何ですか?など聞くと快く教えてくれるので、是非聞いてみましょう。

 

ランキング参加中

↓↓↓

人気ブログランキングへ