ここ最近は、ほとんどライブの告知をしませんでした。
コロナ禍の影響で、自分のスタンスとして、考えた結果です。
今の状況では、何事も判断しかねない状況であり、しばらくは安心して心行くまで、演奏ができないし、お届けできない状況だからです。
そんな中、ほぼ備忘録として、お知らせしたいライブがあります。
もう5年ほど前から企画してもらっているライブですが、ワークショップメンバーであり、愛弟子であるサチさんの企画ライブが11月23日月曜日に行われます。
こんな自分を、師と仰いでくれる彼女の企画ライブ、精一杯やりたいと思います。
チケットはほぼSold outですが、もしも来てくれる方が居ましたら、お店に直接お問い合わせください。
そして、11月20日金曜日にもシークレットゲストとともに、演奏します。
場所は練馬区の江古田倶楽部で、20時からです。
ぼくとしては、エコクラでの最後の演奏になると思います。
宜しければ、是非聴きに来てください。
宜しくお願いします!

11月2日、今日の「福島民報」に載りました!

今年は、なかなか思うように活動できませんが、
僅かなチャンスがこうして実ってくれると本当に嬉しいです。

これからも一つ一つ大切にしていきたいと思います。

最近は、小学校ばかりでしたが、高校での公演も多くの学びがありました。
これからも、学舎を盛り上げていきたいです!

 

新聞には「二回に分けて」とありますが、実際は1年生から3年生まで、三回公演でした。
燃え尽きました。笑

 

コロナ禍の影響で多くの学校行事が中止になっている中、
「子ども達に届けたい!」
そんな思いが繋がって、こうして僕たちの公演を実現させてくださっている先生方、
紛いなりも教育を学んでいる自分としましては、どれだけ先生方が頑張ってくれたかを察します。
心より感謝申し上げます!

 


みなさん、お元気ですか?
こんな日には、やっぱアフリカンですよね!


動画は,モザンビークのNadja LuisとOsvald Nkondyaとの演奏@旭川 CLOVERでの演奏の模様です。
(CLOVER江川さんの動画を拝借しました。)


また伸び伸びと演奏できる日が待ち遠しいですね。
それまでは、じっと我慢します!

 

2015年に復活させた、新潟県魚沼市福山新田の福山太鼓。
今年は残念ながら、お祭りは中止のようです。

限界集落はお年寄りが多いので、仕方ありませんね。

 

 

 


でも、
年に一度会って「おかえり」って言ってくれる、おじちゃんやおばちゃん、
福山太鼓のメンバー、いつもお世話になっているご家族。
まだケンカしているあいつ。(笑)
今年があれば、仲直りをして酒でも呑んでいたかもしれない。
いや、更に仲が悪くなっていたもしれない。
でも、会いたいんだなぁ。
この時期の田んぼって、いい香りなんだよなぁ。

こんなご時世だからこそ、やっぱ、祭りなんだよ!

動画は2年前の福山新田のお祭りの様子です。

先日、「最近、お葬式でもないとみんなが集まらない」という会話をした。
考えてみれば、祭りがあるじゃないか!
祭りがあれば、みんなで集まれるじゃないか!
あの世もこの世も一緒じゃないか。
でも、なかなか難しいですよね。。。

来年は、お祭りのできる世の中になっていて欲しい。
一升瓶を持って、また遊びに行きたいです。

さて、
もう一つですが、
昨日のニュースで文科省が、
「教育実習の受け入れがコロナ禍で難しくなっていることを受け、今年度に限り、大学の授業などを教育実習の代わりに単位として認める特例措置を発表し、全国の教育委員会などに通知した」と。

ぼくは、単位も欲しいし、卒業もしなければならないし、
何と言っても小学校教員免許が欲しい。

けれど、それ以上に、
この教育実習という目標があったからこそ、
これまで笑っちゃうほどの勉強もしてきたし、
夢にまで出てくる、子ども達に会いたい。
実習でしょ?って大袈裟だよっていわれるかもしれませんが、楽器をやって初めて、人前で演奏する感じに似てます、ぼくは。

でもでも、、
一番はお世話になる地域や人たち、
そして学校や子ども達に迷惑をかけてはならないこと。
それを死守して、自分ができる精一杯の感染防止に努めて、
PCR検査も自費で受けて、今はじっくりと引き籠ってます!
そして、全ての決定権は教育委員会にあり、その動向を待っています。

「実習がないと教師としての質が下がる」とかニュースでやってますが、いやいや、そんな。。。
今年の教育学部の人間はみんな苦労してますよ。
いい先生が出る、チャンスじゃないですか。
きっと、この波を乗り越えて、夢のある教師がどんどん出てくると思います。
ツイッターで見たのですが、先日の教員採用試験で、
「なぜ、教師になろうと思ったのですか?」の質問に
「子どもたちに会いたい」って一言しか言えなくて、
泣いてしまった人の話がありました。
ぼく、すっごく、その人の気持ちわかるんです。(知らない人ですが)

もちろん、現場にいらっしゃる先生方のご苦労ははかり知れませんし、尊敬しております。

気になっている方も居ると思いますので、
一応、今の気持ちで書きました。

ぼくは、ぼくでがんばります!
みんな、がんばるべな!

 

 

 

 

8月、お盆の時期に入りました。

せっかくのお休みも帰省や旅行、色んな計画が
今年の夏は厳しいものとなりそうです。

そんな状況の中、夏休みに入ったジャンベワークショップのメンバーの小学6年生を連れて独自の修学旅行を企画し、決行しました。

コロナ感染、食中毒防止を徹底し、
学校の修学旅行も運動会も中止になった彼らに、
小学校生活最後の思い出になって欲しいと願いを込めて、
越県しないよう埼玉県飯能市のコテージにて一泊二日で行いました。

食材の買い物、火起こしから炊事、片付けまで全て自分たちでやりました。

たった一晩なのに、こんなにもドラマがあり、成長してくれた姿に心から感動しました。

もしも、小学生のお子さんをお持ちの方は、
色々と難しいと思いますが、感染防止に努めて、
日本には、人のいない山奥や沢などありますので、
是非子ども達に自然や自炊などを体験させてあげてください。

「生きる力」は、人間だけが伝え教えられるものばかりではないと思います。
ICTやプログラミング教育の前に、
自然の中や人との出会いにはたくさんの生きる学びがあるのではないでしょうか。

野花や樹木、虫や動物たち、風や景色、
町では知らないそこに働く人や市場の人たち、
たくさんの会話をしてほしいです。

大人は、その姿を見守り、そばについててあげるのが、一番だと思います。
あ、経済的援助もですね。(笑)

どうか、子ども達にチャンスを!
宜しくお願いします!

ぼくもたくさん学ばせてもらいました。

コロナ感染拡大防止の為、演奏活動、ジャンベワークショップ及びレッスンを7月末より休止とさせて頂いております。

 

ご迷惑をお掛けしておりますが、ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

いきなりですが、新曲です!

 

エンジニアの久我元大くんと共に「Gens Project」という名前で作りました。

 

こんなご時世ですが、少しでも音楽で元気になってもらえたら嬉しいです。

一緒に乗り越えて行きましょう!

 

 

 

久しぶりの【音楽情報】です!

湯川トーベンさんアルバム「そら」が豪華編集版として再発になりました!

ぼくはオープニング曲「パナヌファ」と「そら」で演奏してます。

今回のアルバムは色んなテイクが入っており、中でも個人的で恐縮なのですが(汗;)「そら」のトーベンさんとぼくの二人バージョンなどがおまけで入ってます。

こちらで販売しておりますので、良かったら聴いてください!↓

https://shopyukawa.thebase.in/items/28395787

動画は、疫病退散の願いを込めて!
素敵なステージを見つけました。
聴いてくれた木さん、花さん、鳥さん、猿さん、虫さん、川の水さん、その他多くのみなさん、
どうもありがとう御座いました!

みなさん、あと少し、一緒に頑張って行きましょう!

 

 

【To Tell The Truth / 大きすぎる力を手に入れて】

ほんと、歌詞そのままですね。
映像でコラボ、してくれないでしょうか。

メンバー;中川五郎(唄、Gt)中野督夫(Gt,Cho)寺岡信芳(Ba)永原 元(Dr)
*映像には映ってませんが、篠原太郎(Pf)

この日のイベントを企画した若松さんの映像を使わせて頂きました。

久しぶりに聞いた督夫さんのギター、素晴らしいです!

To Tell The Truthのアルバム、絶賛発売中です!
こちらのフォームから購入できます↓
http://gene.kachoufuugetu.net/tttt/bbst.html

To Tell The Truth / 1st Album『 Live at BBstreet 』
全7曲+12Pブックレット付 W紙ジャケット
¥2500 (税込み) +送料¥180

是非、大音量で聴いてください!
大声で歌っていただけるように豪華歌詞ブックレット付きです。

 

みなさん、お元気ですか?
ぼくも色々と大変ですが、精一杯生きてます。
また逢える日に、心から願い込めて
叫びます!

オーストラリア アボリジニの歌「INANAY」です。

#コロナ
#corona
#COVID
#オーストラリア
#Australia