教員採用選考試験、合格しました。

多くの方々から御支援を頂き、心から感謝しております。

47歳から武蔵野大学通信教育学部で学び、西表島での教育実習を経て、教員免許を取得。昨年から富山県で教壇に立ち、二年目にして、待ちに待った合格通知が届きました。
新たなステップの始まりです。

まだまだ学ばなければならないことが山積みですが、これからも、夢に向かって勇往邁進して行きます。
今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


ぶぅ~、、、
やっと、試験が終わった。

特別支援教育基礎論、むずかしかったなぁ。
でも、また学ぶ目標ができたから、いいか。

忠さん、
ありがとう御座いました。


忠さんの背中から湧き出るエネルギー、そして魂、
今でも思い出すと、ビリビリきます。


そのエネルギーと魂を、子ども達に伝えていきたいです。
『完熟トリオ』で演奏できたことは、ぼくの誇りです。
本当に最高のBANDでした!



ぬお~~、気持ちいい!

4月から、富山県八尾の杉原小学校へ移動となりました。
新天地でも頑張ります。どんな子ども達と出逢えるのか楽しみ!

 

 

HARRY(THE STREET SLIDERS)、

一日も早い回復を祈っております。

ずいぶん前のツアーの動画があったのでアップします。(ドラムは自分。笑)

教壇に立っても、ROCKの魂は、消えません。

まだご予約が続き、ご連絡を頂いている状況ですが、一旦、ご報告させてもらいます。


アルバム『PAMOJA』の初回プレスした500枚の殆どを売ることが出来ました。


本当に、ご予約頂いた皆様に、心より感謝申し上げます。
ありがとう御座いました。


これで、何とかレーベルに金銭的迷惑をかけることもなく、
胸を張って、明日の教育委員会からの辞令を受けてきます!
永原元としてのCD販売を終了いたします。


CDが売れないと言われている今、皆様のお陰で何とか達成することが出来ました。
自分とiioto Records代表・久我くん共に、
皆様に心より、感謝致しております。

後は、アルバムが無事に皆さんのお手元に届き、楽しんで頂けることを願っております。


*ご予約フォームからご注文の方々に、返信メールを出しております。もしも、まだ届いてない方が居らっしゃいましたら、
お手数ですが、order@iiotorecords.comまでご連絡ください。


『PAMOJA』在庫分は、iioto Recordsで取り扱っていただきますので、そちらでご注文承ります!
『iioto Records』ホームページ↓↓↓

 

 


それで、
今後のアルバムの収益に関して、皆さんに大事な《お知らせ》があります。


アフリカ・ケニアのオモンディの故郷・シアヤ地区ウグンジャにある小さな田舎のアンビラ村に
『オモシ・ゲン カルチャーセンター』を設立することになりました。

 

 

ぼくの今後のアルバムの収益は僕自身が手を付けることなく、iioto Recordsに委託し、手数料を引いた全額をこのセンターに寄付します!ボランティアです。


このプロジェクトは、オモンディが自分の故郷の村の子ども達に勉強出来る手段や場所を作りたいという思いから始まり、地元の住人や他地域の人々にアフリカ、特に私のルオー族の文化や芸術を守り伝えることに貢献したいという夢にぼくも賛同したという経緯です。
もちろん、ケニア兄弟としてレナードや他の仲間たちにも協力願えれたらと思ってます。
ぼくの夢は、これから出会う日本の子ども達がもしも将来、アフリカに行きたい!と思った時に訪れることのできる場所になることです。
子どもたち同士や地域の人たちとコミュニティーを持ち、もしもインターネットが設置できるようになれば、そこで繋がれるようになれればと思います。
いずれは、ICT活用で現地の子どもとクラスの児童が交流できたらいいなぁと思います。

(これも学校長、教育委員会の判断によりますが・・・)
今では小学校から英語の学習が始まるのですが、生きた英語の学習はなかなか難しいと感じています。
また、ゲームやアニメ、子ども達が好きなものについて、ケニアの子ども達は日本の子ども達に興味があると思います。
その時に自分考えや気持ちを話す・説明できる(伝える)能力が今後、とても重要ではないかとぼくは考えます。


まあ、どうなるか分かりません(笑)建物もまだ立ってないようですし(笑)とにかく、やってみます!
そんな夢に繋げて、出会ってくれる子ども達がケニアに対する理解を深め、行ってみたい!あの友だちに会いたい!と思えることが本望です。
ぼくもまだこの村に行ったことないので(笑)コロナが収束した際には訪れて、せめても死ぬまでには、完成を見届けたいです。


iioto Recordsは今後も良い作品を出し続けてくれると思います。
その収益の一部を子どもとアフリカ地域に繋がる手段として、今後、活用してくれると思います。
それが、永原元の足跡です!笑


『オモシ・ゲン カルチャーセンター』の活動内容は、またこちらでも報告して行きたいと思います!
引き続きみなさんの応援を宜しくお願い致します!

【みなさんにお知らせ】
アルバム『PAMOJA』、
多くのご予約を頂き、誠にありがとう御座います!


《重要なお知らせがあります。》
3月30日8:45に教育委員会より辞令が下りることになり、
以後、常任講師との立場として、原則、副職は出来なくなります。
それで、この作ったばかりのアルバムを「廃盤」
もしくは、「売り切れ」にしなければなりません。


いろんなやり方があるのですが、
何か問題が発生し、後ろめたさを感じながら子ども達に接することはできません。
国家公務員法、地方公務員法、教育公務員特例法に則り、
「3月29日いっぱい」までのご予約受付とさせていただきます。
ただし、レーベルである『iioto Records』が残りの盤を買取ってくれることになりましたので、そちらでの販売は続けます。
いわゆる、新古品というやつです。


ただでさえ、CDが売れない今、まさかのソールドアウト狙い!というかなり無謀なやり方ですが、
胸を張って、教職に就けるよう、この様に判断しました。


残り一日!最後まであきらめずに、がんばります!
宜しければ、是非アルバムのご予約をお願い致します!
みなさまのご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます!
*ご予約頂いた分は、確実にお届けします!

 

『Pamoja』ご予約・ご購入専用フォーム↓↓↓↓↓

 

 

 

 

私のNEW ALBUM『PAMOJA』の先行予約を開始しました!

 

ご注文は、下記の【『Pamoja』ご予約・ご購入専用フォーム】より、
お名前、ご住所、メールアドレス、枚数をご記入頂くだけでOKです。
『Pamoja』ご予約・ご購入専用フォーム↓↓↓↓↓

 

 


お問い合わせは、iioto_records@icloud.com までご連絡ください。
アルバム『PAMOJA』全10曲入り、¥2000(+送料¥200)です。自信作です!
どうぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

 

新作アルバム・パモジャ、
多くのレスポンスを頂き、誠に感謝しております!
本当に、嬉しいです。


3月20日と27日(共に土曜日)20:30~に、
あのスーパーギタリスト・岡崎倫典さんの番組
『Radiocity 中央FM 岡崎倫典の Acoustic Wind』(84.0MHz)
に出演します!
なんと二回にわたっての放送です!


第一回目(20日)はアルバム『パモジャ』について、
第二回目(27日)は引き続きアルバムと教職について話しました。


新作パモジャから一日(一回)3曲ずつを選んでかけて頂き、
倫典さんとのトークと併せて楽しんで頂けたらと思います。
(倫典さんのアルバム NEW VISTAS素晴らしいです!)
アルバム到着より一足先に、音源を聴いて楽しんでも良し、
それを聴いてみてからご注文を検討してくれても良し、です!(売れなくなったらどうしよう。。。笑)


もちろん、ラジオがなくても「サイマル放送」(インターネットラジオ)によって、パソコンやスマートフォンを利用して、日本全国どこからでも、お聴きいただくことができます。

 

 

サイマルラジオの聴き方→ListenRadioのサイトへアクセスする。
CATEGORY《全国のラジオ局》-CHANNEL《関東》-《RadioCity 中央エフエム》の順でクリックして聴く。


ネット局として、
富山シティエフエムでも流れます!


ぼくはこの放送収録の後、引っ越し荷物を積んだワゴン車に乗って富山に入ったのです。笑
だれか聴いてくれないかなぁ。笑


因みに、富山シティFMは、3月21日と28日(共に日曜日)9:30~と22:30~の一日、二回の放送。
WCカラスさんの番組の前のようです。
一緒に聴いてください!


みなさま、どうぞ宜しくお願い致します!


*ご注文表明の方々への連絡が遅くなっております。
必ず連絡させて頂きますので、しばしお待ちください!
引き続き、ご注文承っております!
「アルバム送って!」と一言だけでOKです!

 

アルバムに関するお問い合わせ;iioto Records iioto_records@icloud.com まで

 

 

緊急事態宣言の延長の下、スタジオワークも営業時間内に仕上げなければならない。
でも、枠があろうと何だろうと、一瞬のひらめきと、集中力、

そして、うーん、絶対にカッコよくしたい願いと責任、

それは、変わらないな。


しばらく、スタジオワークができなくなると寂しい。。。
でも、出逢う子ども達が鏡だ。
ぼくも、それを楽しみたいな。
0.01秒を耳をダンボにして追い求める音、
好きなように奏でる音、
さあ、どちらが音楽になるのかな。