Tunisiaガイド -19ページ目
<< 前のページへ最新 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19
2004年12月29日

リンク先についての解説

テーマ:リンク先についての解説
・batoutavoyage
日本語が通じるチュニジア国内にある旅行会社さんのWebサイトです。
日本語が通じる旅行会社はバトゥータボヤージュさんとトラベルサン、アトランティスボヤージュの三社があるのですが後者二社はHPがあるかどうかわかりませんのでわかり次第載せますね。
・TUNISIAへ行こう!
お勧め!チュニジアに留学してらした方のHPです。
チュニジア方言について詳しく載っています。
来る前にはぜひここをチェック!
残念ながら2004年夏には帰国されたようでそれ以来更新は停止しています。
・外務省HPチュニジア情報
説明の必要はないでしょう。チュニジアについての基本情報はこちらをチェック。
・在日チュニジア共和国大使館
日本にあるチュニジア大使館の連絡先です。
・restaurant&bar Hannibal
日本にあるチュニジア料理店。
残念ながら私はまだ行った事がないのですが、日本に住んでるチュニジア人に聞いた所美味しいらしい。HPを見た感じだと美味しそう&お店の雰囲気が良さそうなので日本に帰ったら行ってみたいな。
・世界遺産
チュニジアには全部で6つの世界遺産があります。
是非見てください。
・チュニスエアー
チュニジア国営の航空会社。
現在の所日本―チュニジア直通便は無し。
そもそも日本―チュニジア直通を出している航空会社が一社もありません(笑)

2004年12月29日

チュニジアについて

テーマ:チュニジアについて
まずはチュニジアという国を知らない人のために、国の紹介をしたいと思います。
首都はチュニス。アフリカ大陸北部の地中海沿岸の国です。
公用語はアラビア語ですがチュニス内であればフランス語で通じます。
フスハ(正統アラビア語)、日本語で言う標準語にあたる物は殆ど使われているのをみません。多くはチュニジア方言のアラビア語です。
現在の気候は  度程度ですが夏場は暑く、リゾート地としてヨーロッパからの観光客も多く来ています。
歴史も古く世界遺産に認定されている遺跡が多くあります。
隣接している国はアルジェリアとリビア。
チュニジアの南部はサハラ砂漠へと繋がっています。
私は二度行って来ましたが、砂が大変細かくさらさらしています。
夏場に行くのはかなり大変だとのことです。
オアシス内にあるホテルでのんびりする分にはいいかもしれません。
砂漠とそのホテルについては後日また。
2004年12月29日

クリスマス

テーマ:チュニジアについて
一応忘れないうちにクリスマスについて。
日本で12月の最も大きなイベントといえばクリスマスでしょうか。
それとも年末のカウントダウンの方が大きいかな。
チュニジアはイスラム教国の中では最も開けていると言われていますが、それでもやはりクリスマスは祝われませんね。
一部のケーキ屋さんとレストラン、それに玩具店、外国人旅行客の多く来るホテルでのみクリスマスツリーを見かけます。
ですのでクリスマスツリーの飾りなども売っているところは中々ありません。
carrefour(カルフール)ではいくらか扱っていたようです。
あとはチュニスのメディナの中にある玩具を取り扱うお店で見かけましたね。
外国人向けなのか、おざなりに飾り付けられた棚にクリスマスギフト風になった玩具が置かれているのはいくつかの店舗で見る事ができました。
そうそう、ここでは意外なことに地理的に近いヨーロッパの玩具よりも中国製のものが多く見られます。しかし、質は日本の玩具を見慣れていると良い物とは言い難いですね。
最初の内は、飾り付けも無く、クリスマスソングも流れないので今一つ12月に入ったという実感が中々わきませんでした(笑)
それでもクリスマスには人気のあるレストランは、やはり予約でいっぱいだとか。
私の周りだと、外国人と結婚しているチュニジア人の家庭では一応祝う所が多いようです。信仰は別だとか(笑)
楽しいクリスマスを過ごせたと良いですね。
<< 前のページへ最新 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス