次男も中学受験するのですが、

 

その備忘録を書いてなかったなと思い書くことにしました。

 

次男が中学受験のための塾に通い始めたのは3年の2月。

 

しかし、塾にもう行きたくないと言われ、

 

その年の秋に退塾しました。

 

そして、四谷大塚の予習シリーズを使っての親塾開始。

 

地獄のゴングが鳴り響きました。

 

 

 

それから約2年、退塾してからから受け続けてきた

 

外部模試は40台後半から60まで伸びました。

 

 

 

そして、今回の模試の結果で

 

無事、志望校の特待生候補になることができました。

 

あとは、今まで通りの勉強を続けて、

 

模試の最終回が終わったら、受験校の赤本を解き始めて

 

受験に合格すれば私は中学受験から解放されます。

 

 

 

 

 

 

まあ、これからは長男の

 

 

 

 

高校数学

 

 

 

 

を見る約束をしているんですがね。

 

 

中学受験が終わっても地獄は続きます。

 

旦那からはもう一回大学受験したらと言われています。