ついに!!!

テーマ:

追いつきました!!(笑)
当月、2月の活動です!!
リアルタイムな活動風景をご覧下さいキラキラ

寒さも緩んだこの日は、
この事業所にとっての野外活動の原点である
山登りを行いました。
あまり登山経験の少ないメンバーも居て
登れば少し寒さが増していく中
みんなしっかり、登りきりましたクラッカー
登りきったとこで、みんなで昼食です


次は恒例、蜂ヶ峯総合公園です
定番のローラー滑り台はもちろんのこと
今回はミニSLにも乗りました(希望者が多かったので)
みんな公園内でのルールやマナーを守って、借りたものは返し
順番は守り、迷惑はかけない
よくできました。みんな成長したねぇキラキラ




ガラスの里です
実は、こどもデイとしては初訪問です
正直、子供が好みそうな派手な設備は少なめですが
(個人的大人目線)
それでも何かしら好奇心から遊びを見つけるんです
子供は遊びの天才です
与えてもらうばかりの今の子ども達に
自分の手で見つけ出し、開拓していく力を身につけて欲しいですアップ



さて、雰囲気は代わりデジタル世界へ
期間限定開催中のteam星Lab 学ぶ!未来の遊園地へ突入しました!
今の子供はデジタルばかりで外に出ない、昔はすぐに外に遊びにいったもんだ
という言葉をイメージできる方多いと思います
確かにそれも一理あるんです
しかし時代はそんなことに容赦なくデジタル科学の未来へと歩んでいます
今の子供たちは、そんな世界の中で生きていかなければならないのです
ま、そんな堅い話は置いといて、見てください

魚に思い思いの色つけをしています


自分たちが書いた魚たちが
この水槽の中を泳ぐんです!!
しかもちゃんと自由に動いて泳ぐんですえっ
子供たちは自分が書いた魚が出てくると、追い掛け回してました(笑)



これは投影された様々な光(かわいい小人や牛やケーキ、
雲が雨を降らせてたり等などの形をした光)が動いてて
なんと!手で触れたり、障害物を置いたりすると、それに反応して
突然はじけたり、進めなくなったり、飛び越えたり、閉じ込められたり、と
いろいろな動きを見せてくれます
この子は紙を置いて、小人の行進を邪魔してましたね
かわいそうな小人たち(笑)
一生懸命、飛び越えて進んでました




このデジタル世界に遊びに行ったのが、2月末のことです
やっと更新が追いつきました
追いついたと思ったら、もう年度末ですね
3月は”ニャン”の月です
意味はわかりませんが、寂しくもあり
楽しくもあり、喜びもある
そんなことが1ヶ月のあいだにギュッ!と
押し込められた季節です

子ども達もまた1年という時間が流れました
この1年で1年分の成長が出来てないかも知れません
でも本人には全く悪気は無いんです
本人なりに一生懸命やってるけど
みんなに追いつけない、みんなと同じように出来ない
それが発達の障害を持つ子のハンデです
言い始めれば切りはないですが
見た目にハンデを持ってる子だとわかりにくい子供は
とても苦しいんです
なぜ、みんなのように出来ないの?
なぜ、みんなと同じようにしないの?

それは本人が一番わからないんです
本人が一番そうしたいんです
でも、出来ない

その苦しみを理解することは難しいです
でも、理解しようとする気持ちは、
持ち続けなければ、寄り添うことはできないでしょう

与えてばかりの人、要求ばかりの人
それはあなたのエゴ(利己主義)かも知れません

哲学猫 ニャン        にゃー


AD

2015年 始動!

テーマ:
2015年始まりました!

2月の半ばです(笑)

どうも”サボリニャン”ですにゃー

1月の活動を”百烈肉球投稿”です



1年の始まりと言えば、やはり”初詣(はつもうで)”です鏡餅
いやぁ多かった。さすがは護国神社です
広島の主要神社ですねぇ
しかし子供たちは偉かった!
長い行列にきちんと並び、待って、参拝もしっかり出来ました!
お賽銭は指導員の自腹ですガーン(笑)


次の日は、みんなで餅つき大会です!
うまく杵(きね)を使える子もいれば、重くてフラフラの子もいましたが
補助しながらみんなしっかりお餅つきが出来ました
中には、重くても一人で頑張る!なんて子も、すごいですグッド!
よく頑張りました合格



時にはドミノもしてみたり
これ、全部一人で並べたんです!
君はすごいぞ!!



こども文化科学館でプラネタリウム鑑賞です星空
大丈夫だろうかと心配しますよね
思いのほか静かに見てるんですよ、これが
写真は始まる前の様子ですね
始まると真っ暗ですから(笑)
だけど騒ぐことなく、ちゃんとしてるんですねぇ
君たちは偉い!グッド!




広島市森林公園でのひとときです
この日は雪も降ってプルプルでしたが、しっかり山道を登り、
山頂から眺める景色はきれいです
雪降ってますけど雪




頑張ってスキー場行ってきました!
WBスキー場様ありがとうございました!
みんなソリで滑走です
雪だらけになりながら、だけどちゃんとソリをもって上がってくる
できた子たちですグッド!
正直、スキーとか難しい体の使い方は苦手な子がほとんどです
無理をさせないようにしましょうね汗




もみじ饅頭の工場見学ですお団子
工場の様子は企業秘密です(笑)
工場見学の合間に、モニターでVTRを見ながら説明をしてくれました
少しざわつく子もいましたが、割と静かにちゃんと座って聞いてました
説明が耳に入ってるかどうかはわかりませんが
TVを観る感覚でモニターに注目していたのかも知れません
何より、ほとんどの子が集中していられた事が良かったのではないでしょうか?


年度変りも近づき、進級する子、小→中になる子、中→高になる子、様々ですが、それぞれ思い思いの進路を模索しています。
来年度、新しく就学児童となる、つまり新小学1年生の保護者の方々から問い合わせのお電話をいただく事が多くなってきました。

ブログに挙げてきましたように
生活の一部とした活動を行い、子ども達同士が形成する
コミュニティを重んじ、その中で様々な個性を保ちつつ
成長した姿を見据えて、良き方向への指導を行っています。

外出活動では、身体を動かすことでの運動機能の向上や体力の向上、未体験な行事、風習、世界観を体験したり、一般的な社会常識を学んだりなど、社会コミュニティ形成に臆したりしないような総合的な指導支援を行っています。

学校に通う子どもたちが来ています。
ハンデのある通学児童たちに私たちが出来ることは
教育では無く、療育だと思っています。
だって、学校で教育を受けるのが、
本来の子どもたちの姿ですから(笑)
幼稚園、保育園感覚は卒業なのですクラッカー

なので”サボリニャン”な私は教育者だと思ってません。
なろうとも思ってません。
だけど大人として、その子にとって良いことかどうか考え、
子供たちのお手本となれるような
立ち振る舞いをしていきたいと思います。






AD

思えばもう1ヶ月

テーマ:

お正月っていつでしたっけ?
先週?
いやいや、もう1ヶ月経ちました。
そんなこんなで2月を迎え、ブログの方は12月の活動。

なんで?いいじゃん最近のでむっ

なんて声もあるかと思いますが・・・

ですよね~。その通りですえっ
それより、更新ペースを上げなさいビックリマークの方が怖いです叫び


さて、12月の始めは健康科学館です
世界遺産となった和食を学ぼうと創意工夫がありました
さすがに料理教室は無かったです(笑)
お皿のお豆を箸で移し替え、これ難しいですよねむっ
おせち料理の模型を重箱に詰め込み作業
間違えると入らないんです


次の週は”まちづくり交流フェスタ”なるイベントを街の中心地で開催されているとかで、興味本位に行ってみました。
何があるのかわからないまま、行ってみたのですが、
これが思いのほか楽しくて、子供たちも何だかよくわからないけど
楽しいな的雰囲気が漂っていました
個人的お土産に”ネパールのカレーパウダー”を買いました。
いや~美味しかったですよ!!合格


さて天皇誕生日祝日は植物公園です
なぜかって?
子どもたちの楽しみは、翌日のクリスマスに向いてますから~(笑)
なのでクリスマス気分を楽しもうと、クリスマス植物を探しに来たのですが、
子供たちには微妙でしたガーン
夜ならイルミネーションのライトアップで綺麗なのでしょうが、
昼間だと、こんな感じでしたねべーっだ!テヘペロ

さてクリスマスイブです
みんなでケーキ作りをしました。
土台のスポンジケーキは準備しておいて、
あとのトッピング、デコレーション、は自由にどうぞ!
的な感じで、みんな、思い思いの個性的なケーキが出来ました。
食べても、美味しい!の声が。
いやぁ、よかったよかった。



さぁ2014年、最後の締めくくりは交通科学館です
行ってるようで、あまり行ってないので、締めさせていただきました
久々に来館すると、あれ?こんなのあったっけ?
と思わせる展示ギャラリーがズラリ!
これだけ並ぶと、圧巻でした。もしかして見てなかっただけ?ショック!
子供たちは興味をもってカメラで撮影している子も居れば、
ショーケースを覗き込むようにして見ている子も居ました
最後はみんなで、面白自転車大会でした




なんとか1年やってこれました
始めは子供たちも集まらず、
どうしたものかと悩んだ時期もありました。
やがて集まるようになり、子ども達と接するようになり、
いわゆる健常と言われる子供たちとは違う、
可能性だったり、思考力であったり、
驚かされることばかりでした。
そんな中で、ハンデのある子ども達とどう接すれば良いのか
悩みを持つ方も多いと思います。

特に発達障害と呼ばれる子ども達に
(見た目の年齢より、ちょっと幼いだけよ)
なんて思っている人には、考えを改めていただきたい。
根底から考え方がズレています。

その子の事を見てあげてください。
本質を見てあげてください。
そうすれば、きっと、糸口が見えてくるはずです。
AD