今日発売 「メディアは死んでいた」 | 本を読んでも賢くなりません。

本を読んでも賢くなりません。

むか~し読んだ本、最近読んだ本
ジャンルいろいろ読書感想


テーマ:

今朝の産経新聞1面に載っていた広告

 

 

 

 

「メディアは死んでいた 検証北朝鮮拉致報道」

大反響の本紙連載 きょう発売

 

大反響を呼んだ本紙長期連載、「私の拉致取材 40年目の検証」を大幅に加筆した『メディアは死んでいた 検証北朝鮮拉致報道』(本体1400円+税)が23日発売されます。

著者は阿部雅美・元産経新聞社会部記者。

「日本海の方で変なことが起きている」という刑事のつぶやきを端緒に昭和55年、拉致事件を初めて世に問いました。
しかし、平成9年に著者が横田めぐみさん拉致を報じるまでの17年間、他のメディアからは黙殺され続けました。
この間、国会答弁などで事件の概要が明らかになった時ですら、日本のマスコミは一切無視し続けたのです。

本書は、当時の取材ノートや資料を基に、事件の全貌はもちろん、メディアが何を伝え、何を伝えなかったか、を丹念に検証。
いまなお続く「メディアの不作為」「報じない自由」の実態を読者に突きつけた話題作です。発行・産経新聞出版。

 

 

これ、買いに行かねば。

 

 

で、死んでいたのはメディアだけではなく、状況を把握しつつ事態を放置し続けていた政府も同じこと。

数名の拉致家族の帰国で一時、拉致被害者救出への機運が高まったものの、その後の世論も大人しめに感じます。

過去の自分もそうした意味で、ひとを批判できる立場になかったという反省の意味を込めて、ブログ師匠(果樹園の草むしりおじさん)の過去記事をご紹介します。

 

 
私は闘います

前の記事( →時を刻む時限爆弾シナリオ )で述べた通り、私は北朝鮮工作員による日本人拉致が進行中の時にその事実を知っていました。

乞食のようになりふり構わず情報活動をしていたから……。

当時私は情報の取得者であり、公安への報告者でもあったから、政府当局者がこれらの事実を把握していることを熟知してました。

にもかかわらず政府当局者がこの悲劇を未然に防ぐ挙に出なかったがゆえに、800人を越える我が同胞がまるで国家の生け贄のように祭壇に備えられたのです。

なんて悔しいことでしょう!

皆様、これが戦後レジュ-ムなのです。

侵略者という烙印に甘んじて、保身のために敵にほしいままにさせた結果の人柱が拉致被害者の皆様となりました。

安倍晋三以外の誰がこの民族的怠惰、民族的罪を自覚したのでしょうか?


他にもっと強くそれを自覚している人が政界にいるのかと探しても見当たりません。

自民党や官僚の中には中国や北朝鮮に媚びへつらう、ハニトラなどで弱味を握られた輩がどれ程いるでしょうか。

私が安倍晋三に期待し、願うのはただそれだけです。

一介の民間人に過ぎない私は実に無力です。

無力だからといって何もしないのを正当化できず、民族的罪を感じるから、演説もし、記事も書きます。

しかしそんなことをしても満たされはしません。

現実的に事態を変えられなければ、全てが空しいのです。

私が特殊部隊の指揮官だったらどんなにいいかと、自分を責めたりします。

皆様、私たちは血脈を辿れば見ず知らずの人も皆同じ血縁関係にあることを知るのです。

それはなんて尊いことでしょうか。

これは個人主義からは絶対に見えてこない歴史的事実なのですが、それを感じない時代になりましたね。

個人が良くて、先祖を地獄に閉じ込めて、グルメしているのが現代人です。

私は人間の生き方として、それでいいわけないだろうと強く思っているのです。

無力だと自覚しつつも私は書いたり、演説したりは止めません。

民族的贖罪感が私の中にあり、戦後の歴史に責任があるから生まれたのだという私のアイデンティティーに歯向かう者がいれば容赦なく闘います。

ダ-ウィニズム然り、共産主義然り、反米反韓的一国平和主義的右翼然り、私は闘います。

https://ameblo.jp/prayformother/entry-12258753955.html#iine

 

 

大韓航空機爆破事件で「李恩恵(リ・ウネ)」というた日本人女性の存在が知られたのが1987(昭和62)年、翌年には梶山静六国家公安委員長が、日本海側でのアベック失跡事件について「北朝鮮による拉致の疑いが十分濃厚」と国会で答弁し、北朝鮮による拉致を政府が初めて公式に認めました。

 

 

しかし後者は産経、日経が数十行の記事にしただけで、朝日、読売、毎日、さらにテレビも一切報じなかったそうです。

よって、世論も盛り上がりませんでした。(マスコミのせいだけにしては、いけないけれども)

 

 

果樹園さんもお書きのように、政治家で拉致問題に真剣に取り組んできたのは、安倍晋三氏くらいではなかったでしょうか。

蚊帳の外の日本外交とか、政府は北朝鮮への脅威を煽って、加計問題など国内の政治問題を矮小化していると現在さかんに言い立て、書き立てている人達がいますが、どこの国の工作に引っ掛かっているのか・・・

 

 

安倍さんさえ降ろせれば、あとはどうでもいいような論調のマスコミや識者や、それに追随するブロガーやら、大勢いますけど、小泉進次郎氏や石破茂氏が安倍さんにとって代わると、日本は良くなるんでしょうか。(しかも、どっちも財務省の言いなりのバリバリ増税派)

日本人が主権意識をなくしているから、外国の工作に易々とやられるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

当のブログ師匠は、

千葉大原方面でカニと戯れている模様

泣きぬれているかどうかは

存じません

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

つくもさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.