大道芸ワールドカップIN静岡  その4  これを見ないと大道芸は終わりません(11月5日) | 大須をめぐる冒険 ~名古屋大須・昆布の志那河屋のブログ~

大須をめぐる冒険 ~名古屋大須・昆布の志那河屋のブログ~

名古屋にある 日本一の商店街、独自の道を歩む大須をガイド。

地元民がお金払ってお勧めするんだから 

間違いないと思いません?

大道芸100倍詳しい友人Rくんの観覧レポートのその4です


。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆ココカラ。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆


4-3   4-2   4-1

11月5日、最終日
この日は行列が2つできている。
いつものプレミアムステージとファイナルセレモニー入場整理券。
いろいろ悩んだ末、ファイナルの方に並ぶ(結局4日とも並んでいる)。
隣にいた自称大道芸通のオッサンに静岡の裏事情を教えてもらう。お礼に大須の裏事情を…話せるほど知らないので、この人のセリフをこの日記のタイトルに利用させていただくことで感謝の気持ちを表明したい。

この日はパワーボム匠、アラン・シュルツ、マッドブラザーズを見て、浅間通りで矢部亮、ダンディGO、加納真実らの誘惑を振り切ってユニコップ(しつこいが正体は揚野バンリ)を探す。
アランは見るつもりがなかったが、偶然いい場所を取ることが
できた。ラッキー!

その後は歩き疲れてファイナルの場所取りの行列に並ぶ。
並びながら池田洋介、バッセルタン、シャルコフブラザーズをちらちらと見物。

パワーボム匠、去年とメンバーが変わってパフォーマンスもちょっと変わったらしい。実際前の日と違っていたが、迫力はそのまま。

マッドブラザーズ、ええっボ、ボールドさん!?
同じ会場でパフォーマンスする王輝がアドバイスしていました。

ファイナルセレモニーは、
パントマンのスペシャルステージ。
出演者紹介(オフ部門は不参加)~各賞発表~昨年チャンピオンのパフォーマンス~受賞者のパフォーマンス(ダイジェスト版)実行委員長の言葉。

パントマンガ、見られないと思っていただけに見られて感激。
ふくろこうじが愛用(?)の段ボールに寄せ書きしてもらっていました。
タック!!、相棒(わかるよね)とともに登場。

Mr.アパッチと矢部亮が自分の横でアラン・シュルツを必死に撮影しているのを見て何か笑った。