講談社

正式なタイトルはULTIMATE・MYSTERY究極のミステリー、ここにあり
…長いよ
ミステリー傑作選で、ベテラン陣でなく若手系作家さんがメインのアンソロジー
東野圭吾は、若手ではない売れどころのトップスター作家さんですがアンソロジーとかではあまり見かけることなかったような(ベストセラー系はほとんど長編だから仕方ないか)
好きな作家さんと、未読の作家さんの秀逸な短編色々で読み応えありました
一冊の本だと、重いイメージの本はあくまで重く、軽めの内容の本はあくまで軽くと統一されておりますがアンソロジーだと色んなタイプがあるので、気軽に読めて嬉しいです

お気に入りは動物もので有名なシートンを探偵役にした熊王ジャックと、エクステを連日追加に来る女性の謎を書いたエクステ効果
特に作者さんを意識せず読みましたが、読み終わって「これが好きだな」と思った作品の作者を見ると、元から好きな作家さんなので、短編一作でもやっぱり好きな傾向ってはっきりするんだなあと不思議です(笑)


もし参考になった情報がありましたらクリック下さると嬉しいです
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

【送料無料】ULTIMATE...

【送料無料】ULTIMATE...
価格:730円(税込、送料別)